架空戦記
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

信陵君(しんりょうくん)はどんな人?生まれ故郷を救うために舞い戻ってきた戦国四君

この記事の所要時間: 516




 

信陵君(しんりょうくん)は魏の公子として生まれます。

彼の国は東の強国である秦へ対抗するために、特技を持った優秀な人材を求めます。

彼は優秀な特技を持った人材がいるとわかれば辞を低くして、人材と対面して招聘。

こうして多くの優秀な人材を手に入れることに成功した信陵君ですが、

隣国である趙の国が秦の猛攻を受けて危機に貧してしまいます。

趙にいる義兄・平原君から「助けてくれ」との要請を受け、

彼は四方八方手を尽くして魏王から超救援軍を出させようとしますが失敗。

そして彼は義兄を助けるために魏の国境を守っていた将軍を殺害して、

その軍隊を奪い趙救援へ向かい見事に秦軍を撃退して趙の危機を救います。

しかし将軍を殺害して兵を奪ってしまった事が魏王にバレてしまい、魏王は激怒。

この事を知った信陵君は国へ戻らず趙で暮らすことになります。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 




ギャンブラーと飲み物売りと付き合う

竹林の七賢

 

信陵君は秦国の猛攻から趙を救った後もこの地に留まることにします。

優秀な人材として噂となっていたギャンブラー毛公(もうこう)と

飲み物売りの薜公(せつこう)という人物が居ることを思い出し、彼らに会おうとします。

しかし彼等は信陵君に会うことを嫌い身を隠します。

だがそこは人材大好き人間である信陵君は、かれらの隠れ家を発見した後、

信陵君であることを隠して訪ると彼らと親しく付き合うようになります。




平原君は下賤の者と付き合っている信陵君を軽蔑

 

信陵君の義兄である平原君は、

彼がギャンブラーと飲み物売の下賤な者と付き合っていることを知ると、

信陵君の姉で平原君の奥さんに「君の弟は天下に知られた義の男・信陵君なのに、

なぜあのような下賤な身分のものと親しく付き合っているのだろうか。」と聞きます。

平原君の奥さんはこの事を信陵君に伝えます。

すると彼は後日姉に会い「今日はお別れを言いに参りました。

平原君は賢者を愛している人物だと知っていたので、

彼を助けるために魏王に背いて救援軍を編成して助け、彼と趙の国を助けたのです。

しかし平原君ともあろうものが賢者として知られている二人を下賤と見下していることに、

大いにショックを受けました。

また平原君の人材集めは名分ばかり気にしているだけで、

本当の人材を求めていないことがわかりました。

このような人と今後付き合いたくないと思ったから趙を出て他国へ参ります。

姉上お元気で。」と言ってから荷物をまとめて屋敷をあとにします。

その後平原君の奥さんは平原君にこの事を伝えると慌てて、

信陵君を追いかけていきます。

そして彼に追いつくと平原君は冠をとり、地面に額をこすりつけて謝罪。

この姿を見た信陵君は気を取り直して、再び趙の国に居続けることにします。

 

魏の領土が削り取られる

 

秦王は趙の攻略に失敗した原因が魏王が趙を助けたためだと知ると大いに激怒。

しかし魏には天下に知られる戦国四君である信陵君がいることから、

簡単には出兵できませんでした。

だが秦王に耳よりな情報が入ってきます。

その情報とは「魏に信陵君はいません。彼は今趙の平原君の元でゆっくりとしているそうです。」と

報告を受けます。

この報告を知った秦王は大いに喜び、魏へ攻撃を仕掛けていきます。

この攻撃は苛烈を極め、魏の領土はどんどん秦に削り取られて行くことになります。

 

魏王の使者が助けを求めてくるが・・・

 

魏王は配下の将軍達が秦軍に敗北し続けているました。

このままでは魏の国は滅亡してしまうと感じた魏王は、

趙の国に滞在している信陵君を呼び戻す為に使者を送ります。

信陵君は魏王の使者がやってくると一応話を聞きますが、

そっけない返答をして追い返してしまいます。

その原因は10年前、趙が秦軍に猛攻を受け滅亡寸前に追い込まれていた時、

趙を助けるために魏の将軍を殺害して、

将軍が有していた兵を奪って秦軍を蹴散らして趙を救います。

この事を知った魏王は大いに激怒していたことから信陵君は、

魏へ帰国せずに趙に留まる事にします。

信陵君は魏王が10年前の確執を忘れていないと判断していたので、

魏王の使者が来てもそっけない返答を行っていたのです。

その後もしつこく魏王の使者が何回も来るので、

彼は食客達に「魏王の使者が来ても無視して。これを守れんかった人は死罪にしますから。」と

命令します。

 

趙の名士が説得する

 

魏の信陵君(しんりょうくん)は食客達に魏王の使者がやってきても取り次ぐなと言明したことで、

誰も魏王の使者を信陵君へ取り次ぐことをしませんでした。

この話を聞いた趙の名士である薜公(せつこう)と毛公のふたりは信陵君の元へ出向きます。

そして彼等は信陵君に「あなた様はどうして魏王を助けにいかないのですか。

あなた様が天下に名声を得ているのは魏の国があるからです。

今魏国は秦の猛攻を受けて危機的状況に陥っております。

もし魏の首都・大梁(たいりょう)が秦によって陥落し、

魏が滅亡してしまったら魏王の助けを無視したと一生言われることになるでしょう。」と説得。

この話を全て聞く前に信陵君は食客達を集めて、すぐに趙の国を出立します。

 

涙を流して再会を祝う

 

信陵君は魏に帰国すると早速魏王に面会を申入れます。

魏王はすぐに信陵君を宮殿に通すと王と家臣の関係ですが、元々彼らは兄弟であることから、

泣きながら再開を祝したそうです。

そして魏王は再会を祝った後「信陵君よ。魏の国を秦の攻撃から守ってくれ」と哀願。

信陵君は「わかりました。私が魏に戻ってきたのは、

魏の国から秦軍を打ち払うためです。」と力強く言ってのけます。

この発言を聞いた魏王は大いに喜び彼を魏の上将軍に任命。

信陵君はこうして魏軍全軍を率いる総大将として、君臨することになります。

 

諸国の援軍がやってくる

兵士 朝まで三国志

 

信陵君は諸国に「私は魏へ戻ってきた。

そして虎狼の国と呼ばれている秦軍を魏の国から追い払うために、

魏の上将軍に任命されました。

そこで皆様に魏を救出するために援軍を出していただけないでしょうか。

私は皆様の軍勢を率いて必ず秦に勝利を収めることを誓いましょう。」と手紙に記載して、

各国へ配布します。

この手紙を見た各国の王はこぞって信陵君の元へ援軍を送ってきます。

信陵君は各国の兵を見て「秦にこれで勝つ事ができる」と近くにいた食客にボソッと漏らします。

 

連合軍の反撃

炎 s

 

魏の信陵君は各国の援軍を迎え入れると彼らの軍勢を率いて、

魏へ侵攻してきた秦軍を攻撃して打ち払うことに成功。

そしてそのまま秦軍を追撃して、

秦の国門とされている函谷関(かんこくかん)に秦軍を閉じ込めます。

 

秦の謀略

 

秦王は信陵君率いる連合軍が函谷関以東へ秦軍を出させないようにしている現状を打破するため、

魏王の近辺に間者を仕込んで信陵君の悪口を毎日言わせます。

彼ら間者が魏王へ言った言葉は「信陵君が連合軍の総大将として君臨し、

王になろうと画策しているそうですぞ。」などと悪口を言っていたそうです。

魏王ははじめこの悪口に耳を傾けていなかったのですが、毎日聞いているとこの悪口を信用してしまいます。

そして信陵君を更迭して新たな将軍を連合軍の総大将へ送り込みます。

だが信陵君がいなくなった連合軍は統率を欠いてしまい、

連合軍全体の秩序が取れなくなってしまった事から解散になってしまいます。

 

そっぽを向いた信陵君

三国志 ろうそく 写真

 

信陵君は連合軍の総大将の役目を讒言によって引き摺り下ろされたことに怒りを覚えます。

その後彼は家に引きこもって毎日宴会を催したり、

美女と戯れたりしながら日々を過ごしていくことになり、

魏王から会議に出席するように命じられても行くことなく家に閉じこもっておりました。

こんな不摂生な生活を数年も繰り返していたことが原因で彼は亡くなってしまいます。

また同じ年に魏王も亡くなってしまうのでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

魏の信陵君が亡くなったことを知った秦王は、

蒙驁(もうごう)に命じて魏へ攻撃を仕掛けて何十という城がとられてしまいます。

そして蒙驁が魏の城を奪ってから数十年後に魏は大梁を攻撃されて陥落。

こうして魏は滅亡することになります。

信陵君は魏王と決別しながらも生まれ故郷を守るために魏の国へ戻っていきますが、

そう簡単にできることではないでしょう。

魏が危機的な状況になったからもどることができたので、

もし魏が危機的状況を迎えなければ、

信陵君は趙にとどまってその地でなくなっていたかもしれません。

「今回の春秋戦国時代はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【センゴク】戦国時代を揺るがす本能寺の変。秀吉はこの事件のせいで…
  2. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている…
  3. 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲
  4. 【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた…
  5. 鍋島直茂(なべしま なおしげ)がスゴイ!主家乗っ取りに成功!時勢…
  6. 大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの?
  7. 信濃守護職就任と武田晴信の出家
  8. 荀爽(じゅんそう)とはどんな人?たった95日で三公にスピード出世…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【祝】はじめての三国志!月間50万PVを達成!
  2. ひとりしかいない筈なのにたくさんいた? 『皇帝』のお話
  3. 宗預(そうよ)とはどんな人?孫権が涙を流して別れを告げた蜀の外交官
  4. 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心
  5. 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人
  6. 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称えた政治家 【官渡の戦いの裏話】趙儼と李通がいなければかなりやばい状況だった 11話:パンドラの箱を開けた漢王朝 17話:結構頭脳派?少数の手勢を何倍にも見せた菫卓 聶栄(じょうえい)の弟の名を歴史に残すための執念がスゴイ!千里の道をいとわずやってきた聶栄 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超 初心者にも分かる!陸遜と諸葛亮孔明の関係性 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第25話「材木を抱いて飛べ」の見どころ紹介

おすすめ記事

  1. 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の生涯
  2. 蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる!
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【10/2〜10/8】
  4. 張松(ちょうしょう)の裏切りがなければ劉備の蜀制圧は不可能だった?
  5. 官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの?
  6. どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの?
  7. 【はじさん編集部】編集長kawauso日記 第1話 KDPを出版せよ!
  8. 徐晃の戦い方が素晴らしすぎる!前漢の周亜夫の武勇に匹敵するほどの名将

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP