春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

武田信玄の死と勝頼の武田家継承の謎

この記事の所要時間: 22




真田丸02(武田信玄)

 

武田信玄は大軍を率いて本拠地である甲斐(かい)を出陣して西上作戦を決行。

この時信玄の四男である武田勝頼(たけだかつより)も父に従って進軍を開始します。

彼は武田本隊の筆頭として位置づけられて戦うことを命じられます。

さて信玄最後の作戦となった西上作戦で勝頼はどのような活躍を見せるのでしょうか。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!




勝頼内外に後継者として発表される

真田丸 武田信玄

 

信玄は甲斐を出発する前に北陸地方へ手紙を出します。

この手紙の宛名先は勝興寺です。

この手紙の中で勝頼と信玄が連盟でサインしており、

これは勝頼を武田の当主として内外に知らしめてるために行われたのではないかと思います。

でなければ二人でサインする必要性がある内容を

一向一揆衆のお寺に知らせなければならなかったのでしょうか。

廉はそんな重要な内容の手紙であれば信玄のサインだけあれば十分だと思いますが、

皆さんはどのように思いますか。




信玄本体に組み込まれる

竹 f

 

勝頼は信玄と共に出陣することになります。

この時の布陣としては先手衆には赤備えで有名な山県昌景(やまがたまさかげ)などが出陣し、

勝頼は二番目に位置するように命令を受けます。

ここで勝頼は親族衆の筆頭的な扱いを信玄から受けて、

いかに信玄が勝頼に期待をかけているのかがわかります。

またこの西上作戦で勝頼は再び信玄から「攻めての大将として攻略戦に参加するように」と

命令を受けております。

勝頼が先手の大将として戦うことになった戦は二俣城攻略戦(ふたまたじょう)で、

この戦いの時に勝頼が率いていた武将は親族衆である武田信豊(たけだのぶとよ)・

穴山信君(あなやまのぶきみ)などの諸将と共に先手の大将として軍勢を率いて戦い、

大いに活躍しております。

 

三方ヶ原の戦いでも活躍

炎 s

 

その後信玄と共に一言坂で徳川軍を追い払いさらに徳川家康が篭城している浜松城を

無視して西進していきます。

この西進は信玄の策略で徳川家康をおびき寄せるためにわざと浜松城を素通りしたのです。

この信玄の行動を知った家康は激怒して武田軍を追撃。

信玄は家康が追撃してくるであろうと考えて三方ヶ原で家康軍を待ち受けることにします。

家康は武田軍を追撃するつもりであった後、武田軍が待ち受けていることに驚きますが、

陣形を敷いて決戦を挑みます。

この戦いは徳川軍の大敗北で決着がつくのですが、勝頼はこの戦いで大いに活躍し、

徳川本隊を横から攻撃を仕掛けたことがきっかけで徳川軍が崩れていくことになります。

 

信玄死すそして

月 f

 

信玄は三方ヶ原の戦いに勝利を収めることになるのですが、その後長年の病が再発し、

幾度も喀血してしまいます。

このため信玄は刑部の地で全軍に停止を命じます。

その後重臣達が協議した結果信玄に黙って甲斐へ帰還することを決定。

彼らは軍勢を甲斐へ転進することにしますが、

信玄は信濃・駒場(こまば)の地で亡くなってしまいます。

この時信玄は勝頼や重臣たちに遺言を残しており、代表的なものをいくつか挙げておきます。

 

1死後三年間は信玄の死を秘匿するようにせよ

 

2勝頼は信勝が16歳になるまで陣代として武田家を引っ張っていくように。

 

3私の死骸は諏訪湖へ沈めよ

 

などが主な遺言となっております。

 

これらの中で2番のみは実行されることになりますが、

1番は信玄が死んでから数日後にバレてしまいます。

また諏訪湖へ遺体を埋葬するのも重臣達の協議の上で取りやめることになります。

このように意外と履行されなかった信玄の遺言ですが2番はすぐに実行に移されて、

勝頼は武田家の代理後継者として君臨することになります。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉さん02a

 

信玄死後勝頼が武田家の棟梁として代理的に継ぐことになります。

しかし勝頼の心中はどうだったのでしょうか。

勝頼の嫡男である信勝が成人したら当主の座を明け渡せと言われてやる気になるのでしょうか。

息子のために武田家をもっと立派な家にするために意欲を燃やすのでしょうか。

この点が非常に気になりますが、未だ解明されない部分でもあります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 武田信繁(たけだのぶしげ)とはどんな人?武田信玄の片腕と呼ばれた…
  2. 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行もので…
  3. 【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介
  4. 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた…
  5. 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド
  6. 黒田長政はすごい人?それとも親の七光りで出世した人?
  7. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス
  8. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?|頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす
  2. 40話:義将関羽が曹操に出した降伏の3つの条件
  3. 伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓
  4. 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】
  5. 三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!
  6. 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る」

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!? はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1 【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた 秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに? 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い!

おすすめ記事

  1. 【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題
  2. え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!
  3. 【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる!
  4. 諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?
  5. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書
  6. 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは!
  7. 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす
  8. 三国志時代の楽しい農村!当時の農業とはどんなのがあったの?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP