三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

三国志の雑学

黄巾賊より多い黒山賊100万を率いた張燕(ちょうえん)

この記事の所要時間: 320




李典と于禁、黄巾賊

 

西暦184年の甲子の年に反乱を起こした武装集団は?と言えば、

少し三国志に詳しい方であれば黄巾賊(こうきんぞく)と即答すると思います。

しかし、実際はブーなのです、確かに黄巾賊も蜂起しましたが、

その裏で黄巾賊を遥かに上回る山賊集団が蜂起していました。

黒山賊(こくざんぞく)というのがそれで最盛期には百万を数えて猛威を振います。

その頭領こそが、今回の主人公、張燕(ちょうえん)です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




趙雲と同郷、張燕乱世に暴れ回る

張燕

 

張燕は元の名を褚燕(ちょえん)と言い、常山真定の出身です。

そう、あの趙雲(ちょううん)と同郷なのですが、どうやら出自は貧民であるようです。

西暦184年、黄巾の乱が起きると、張燕はそれに乗じて不良青年を

千名程集めて、山や沢の中にあって掠奪行為を繰り返します。

 

張燕は動きが素早く勇敢である事からたちまち人望を集めていき

仲間からは、飛燕(ひえん)のあだ名で呼ばれました。

日本語で言えば「ツバメの張」くらいの意味でしょうか。

 

黄巾賊の猛威もあり官軍の討伐の手も回らない事で、張燕の仲間は

次第に増えていき、真定に戻る頃には1万の山賊の頭でした。




張牛角と連合して廮陶を攻める

23-3_次第に巨大化していく黒山賊と張燕3

 

その頃、博陵(はくりょう)でも、張牛角(ちょう・ぎゅうかく)という男が

不良青年をまとめ将兵従事となのり山賊化していました。

牛角という名前からしてあだ名っぽいので、恐らく本名ではないでしょう。

 

張燕は、この張牛角と連合して牛角を将師として副官になりました。

こうして数万の大軍になった山賊連合は廮陶(えいとう)を攻めます。

こそこそ、山や谷で略奪をするのではなく歴とした城市を攻めたのです。

数万という大勢が彼等に度胸を与えたのでしょうし、

ここまで味方が増えれば小さな掠奪では間にあわないでしょう。

 

しかし、この攻城戦で張牛角は流れ矢にあたり呆気なく戦死します。

死ぬ間際に牛角は部下を集め、これからは張燕に従うように命令したので

以後、張燕が山賊を率いる事になります。

 

張燕は勢力を伸ばし黒山賊100万の頭領になる

23-2_黒山賊

 

張燕は、数万の仲間を食わせる為に頻繁に掠奪を繰り返しつつも

同時並行で各地で蜂起した大小の山賊勢力の一本化を進めるようになります。

すでに黄巾賊が討伐されていて、いつ官軍の矛先がこっちに向くか

分かったものではないので、大同団結して窮地に備えようとしたのです。

 

張燕の呼びかけに常山、趙郡、中山、上党、河内の山賊は連帯します。

元々、大半は食いつめて蜂起したのですから、頼りになるボスを欲しがったのです。

山賊団の頭領であった孫軽(そんけい)王当(おうとう)は各々賊を率いて

張燕に続々と従い、総数は百万に至って黒山軍(こくざんぐん)と名乗りました。

 

張角が起こした黄巾賊が36万人ですから、その3倍弱が

張燕をボスとして結集した事になるのです。

 

霊帝は黒山賊を討伐して失敗、そこで張燕は・・

霊帝

 

さすがに100万になった黒山賊を放置する事は出来ません。

霊帝(れいてい)は討伐軍を送り込みますが、全く歯が立ちませんでした。

通常なら、ここで独立して王朝を建国する所ですが張燕はそうはしません。

逆に使者を洛陽に送り帰順を表明したのです。

 

黒山賊を討伐できず面目を失っている今がチャンスという思惑ですが、

これが的中、霊帝は張燕を平難中郎将(へいなん・ちゅうろうじょう)へと任命しました。

この地位は有能な人材を孝廉(こうれん)で中央へ推挙できる立場であり事実上

後漢王朝は張燕の実効支配を黙認した事になります。

 

もちろん、張燕の立場に変更はなく従来通りで、今後は後漢王朝の権威を背景に

合法的に支配下の河北諸郡から年貢を獲れるようになります。

武力だけではなく時勢を読む力に優れた張燕の一面が分りますね。

 

関連記事:霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実

関連記事:実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる

 

董卓や公孫瓚と連携して生き残りを模索するが呂布に破れる

23-4_呂布に敗れる張燕

 

張燕が平難中郎将に任じられて間もなく、洛陽は董卓(とうたく)の侵入によって、

無法地帯と化し、後漢は事実上滅亡状態になります。

その中で張燕は生き残りを模索し、献帝(けんてい)を擁立した董卓と結ぶ一方、

袁紹(えんしょう)とは敵対し、北方の公孫瓚(こうそんさん)と結ぶ事で生き残ろうとします。

 

しかし、張燕の予想に反し、公孫瓚は敗北を重ね、勢力を減退させます。

袁紹は黒山賊の討伐に取りかかりますが、精鋭1万に騎兵数千を擁する黒山賊に

歯が立たず、たまたま袁紹を頼ってきた呂布(りょふ)に黒山賊の討伐を命じました。

 

これを受けた呂布は、赤兎馬に跨り勇将、成廉(せいれん)魏越(ぎえつ)率いる

数十騎で一日に何度も黒山賊に突撃を繰り返します。

そして、楽々と賊を蹴散らすと、生首をゴロゴロ抱えて戻ってきました。

 

こんな事が十数日続くと、黒山賊は呂布を恐れ、とうとう分裂状態になり

百万人もいた軍勢は雲散霧消してしまったのです。

勢い猖獗(しょうけつ)を極めた黒山賊は、呂布と数十騎により崩壊した事になります。

 

袁紹の敗北後、冀州を支配した曹操に帰順する

曹操

 

力を失った張燕は、袁紹の報復を恐れて逃げ回っていましたが、

官渡の戦いで曹操(そうそう)が袁紹を撃破し袁紹が病死すると、

張燕は曹操に対し使者を送り「天下統一の王業を助けたい」と申し出ます。

 

曹操は張燕の帰順を受け入れ平北将軍、安国亭侯に封じ食邑500戸を与えます。

袁紹が死んだとはいえ、北方には袁尚(えんしょう)、袁熈(えんき)、

袁譚(えんたん)が存在していて、何らかの事で結びつく事を恐れたのでしょう。

また、張燕が反袁紹であり、後漢王朝により官位を与えられていた事も

幸いしたのかも知れません。

 

こうして、張燕は乱世を読み切り、最期は曹操の部下として天寿を全うしました。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

時勢を掴んで大勢力になった山賊の末路は、大抵思い上がって王や皇帝を自称し

自滅するというのが圧倒的ですが、黒山賊の総帥である張燕は時勢を見る目があり

その時代の権威を上手く利用して生き残る事に成功しました。

黄巾賊と同時期の蜂起ですが、その最期は対照的であると言えるでしょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【意外】古代中国では犬やタヌキが鼠を捕っていた?
  2. スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた…
  3. 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり
  4. 三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?
  5. 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ
  6. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~楽進・于禁篇~
  7. 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)…
  8. 93話:名将 張任、遂に堕ちる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. インスタグラムはじめました。
  2. 【桓騎 vs 慶舎】黒羊の戦いは史実にあるの?本当にあった戦いなの?
  3. 鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじん)
  4. 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲
  5. 司馬昭(しばしょう)とはどんな人?三国時代終焉の立役者でもあり司馬懿の次男
  6. 【はじめての孫子】第7回:凡そ戦いは、正を以て合い、奇を以て勝つ。

三國志雑学

“劉備漫画"

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密 【キングダム】始皇帝に皇后がいない?その理由について考えてみた 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは クリスマスの日には三国志の人々は何をしていたの? 【取り扱い注意!!】はじさんの中の人、kawausoがリアルに登場 31話:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操 封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説

おすすめ記事

  1. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.2
  2. 字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説
  3. 刎頚の交わりを結んだのに・・・張耳と陳余の数奇な運命
  4. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝
  5. 遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは?
  6. 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグにした何晏
  7. よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く
  8. 趙雲ってどんな人?|投票ランキング1位の理由

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP