はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛

この記事の所要時間: 22




 

黒田家の筆頭家老として活躍していた後藤又兵衛(ごとうまたべえ)

だが彼は主人である黒田長政(くろだながまさ)と犬猿の間柄であった細川家との交流を行った

事が原因で黒田家を追い出されてしまいます。

そして彼は故郷である播磨(はりま)の地で潜伏しておりました。

こうして数年の間京と播磨の地を行ったり来たりしながら運命の地へ向かうことになるのです。

 

関連記事:後藤又兵衛(後藤基次)はどんな最期を遂げるの?

関連記事:大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの?




播磨へ到着

竹 f

 

又兵衛は黒田家を出て行った後細川家へ逃れることになるのですが、

この地で数年匿ってもらった後故郷である播磨へ到着します。

播磨の領主となっていた池田輝政(いけだてるまさ)に匿ってもらい、

少しですが給料ももらっておりました。

この播磨の地は又兵衛の故郷であるため知り合いも多く、

給料がない状態では妻子を養っていくことが非常に難しいため、

知り合いである芥田家に寄寓することになります。

しかしなぜ又兵衛ほどの武将が他の大名家に仕えることができなかったのでしょう。




又兵衛を登用するな!!

三国志 ろうそく 写真

 

黒田家当主である黒田長政は又兵衛が出奔した後、他の大名家に対してこのように要請します。

それは「当家の元家老である後藤又兵衛が最近出奔しました。

理由は我家のルールを守らなかったたためです。

そこで皆様方に又兵衛を召抱えないようにしてもらいたいと思います。

よろしくお願いします。」と伝えます。

この長政の話を聞いた中国地方や九州地方、四国の大名などは後藤又兵衛を

喉から手が出るほど登用したかったのですができませんでした。

長政は相当又兵衛がルールを破ったことに対して怒っていた事がわかります。

 

関連記事:黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの?

 

池田輝政に匿われる

 

又兵衛は他家に仕えることができなかったため、芥田家に寄寓することなるのですが、

寄寓する前に播磨の大名である池田輝政(いけだてるまさ)に匿われていたことがありました。

輝政は又兵衛が播磨にやってきたことを知ると彼に給料を与えて匿います。

しかし長政が池田家に又兵衛がいることを知ると輝政に対して

「君の家に内の元家老であった又兵衛がいるらしいじゃないか。

彼を即刻播磨から追い出してもらいたい」と要請します。

輝政は「わかった」と返事を出しますが、又兵衛を領内から追い出すことなくそのまま匿います。

輝政死後もこの状態が変わらなかったのですが、長政は又兵衛がまだ播磨にいることを知ると

輝政の嫡男である利隆(としたか)へ

「早く又兵衛を追い出してくれないか。」とキレ気味に要請。

長政の怒りを感じた利隆は又兵衛を追い出す決意をしますが、

このことを知った又兵衛は知り合いである芥田家へ寄寓することになるのです。

 

ついに大阪城へ

大阪城 p

 

こうして芥田家で数年を過ごしていた又兵衛に芥田家の者からある出来事が知らされます。

その者は又兵衛に「江戸と大阪の間で戦がいつ起きてもおかしくない状態になっております。」

と知らされます。

又兵衛はこの知らせを受けてから数ヵ月後に豊臣家の重臣である大野治長(おおのはるなが)から

大阪城へ来てくれないかと誘われたことがきっかけで大阪城へ向かうことになります。

そしてついに大阪城へ向かう日が到来すると今まで匿ってもらっていた芥田家で別離の宴会を

開いてもらいます。

こうして又兵衛は大阪城へ向かうことになるのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

こうして又兵衛は芥田家を出て大阪城へ入城することになります。

当時彼は無給料出会ったにも関わらず、3千人の人数を率いて大阪城へ入城していますが、

一体どこからこの人数を得たのでしょうか。

それは又兵衛が中国地方にいる諸大名から人数を借りたのだそうです。

天下の諸侯は徳川家に忠誠を誓っているようなふりをして、

実は二股をかけていたのです。

もし徳川が敗北してしまった場合のことを考えて、又兵衛などの浪人衆に兵士を貸し与えて

おけば後で豊臣家に対して言い訳ができるからです。

このような事が豊臣家が生存していた当時はまだあったのです。

こうしてことから又兵衛や真田信繁らの浪人衆は兵を率いて

大阪城へ入城することができたのです。

 

参考文献 中公新書:後藤又兵衛 福田千鶴著

 

軍師官兵衛に関する記事一覧:軍師官兵衛全記事

関連記事:黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還

関連記事:黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見…
  2. 毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは?
  3. 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代…
  4. 曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント?
  5. 賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡…
  6. 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構…
  7. 韓信が井陘口の戦いで使ったのは背水の陣だけではなかった!
  8. 【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」
  2. 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?
  3. 【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる!
  4. 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した!
  5. 袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの?
  6. 洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐や蜀の情勢が見えてくる! 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント! 黄月英(黄夫人)ってどんな女性だったの?孔明の妻を紹介 【告白】私はこうして三国志にハマりました! 沢山の人材を発掘した呉の孫権 河了貂や媧燐もハマった?キングダムの時代の占いはテキトーで過激だった! 【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙

おすすめ記事

  1. はじめてのプロ野球(三国志風)日本のプロ野球は人材の宝庫?
  2. 張邈(ちょうばく)とはどんな人?親友の曹操を裏切って反旗を翻した政治家
  3. 【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯
  4. 【真田丸最終回記念】真田信繁はどのようにして家康本陣へ攻撃を仕掛けたのか?
  5. 蜀は龍を。呉は虎を。魏は狗をで知られる諸葛誕の一族が一番優秀だった!?
  6. 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将
  7. 「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  8. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP