呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由

李儒と三国志




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです

 

蜀の産まれ 陳寿

 

陳寿(ちんじゅ)が著した正史、三国志は信憑性が高い文献だけを

厳選して載せていて、かつ、すっきり簡潔である事から名著だと言われています。

いかにも、簡潔な記述だと無駄を省いたようで凄くジャーナリスティックですし

文章を練りに練って推敲を重ねたように見えます。

ところが、一説では、陳寿が記述を簡潔にした理由は別にあったようです。

それは、あまり内容には関係が無い、むしろ本の編纂の上の都合だったようです。




清の陳澧が喝破した陳寿の本音

 

その陳寿の隠された真意を喝破したのが清の陳澧(ちんれい)でした。

彼は、陳寿は蜀びいきであり、蜀漢の人材を詳しく書こうと思った、しかし

蜀の文献は極めて少なく、魏はおろか、呉にさえも見劣りしてしまう。

そこで、魏や呉の文献を減らす事で蜀とつりあいを取った。

などと言うように主張しています。

 

つまり、陳寿は正確性を重んじて信憑性が低い文献を削り簡潔な文章を

目指したのではなく、蜀の記録が乏しいので魏も呉も簡潔な文章にして

バランスを取っただけだと言うのです。

にわかには信じがたい話ですが本当にそうなのでしょうか?




実際に、魏・呉・蜀の文字数を比較してみると・・

李儒と三国志

 

では、三国志を構成する魏志、呉志、蜀志の文字数を調べてみましょう。

魏志207、000文字 呉志 103、000文字に対し、

蜀志は、57、000文字となっていて、蜀志は魏志の4分の1、

呉志の2分の1しかありません。

 

三国志の一角を占めながら、分量は全体の2割未満というのでは、

確かに蜀書は分量が圧倒的に少ないと言えます。

 

比率で言えば、魏志は56%、呉志28%、蜀志は16%になります。

これでも資料が多い魏と呉はかなり削っているようです。

そこまで削っても蜀の資料は見劣りがしますから、遠慮なく資料を

収録するようなら、蜀志は附録のようなみすぼらしいものになるでしょう。

 

陳寿は蜀びいきばかりではなく、本の体裁を整える為にやむを得ない

そういう部分もあったと言えるでしょう。

 

あの魏志倭人伝は陳寿が書いた正史三国志に収録

陳寿029

 

ちなみに魏志の分量が圧倒的に多いのは資料が多いばかりではなく

魏志は、正当な王朝とされた位置づけで、魏の人物ばかりではなく後漢の人々や

同時代の魏のライバルの群雄の伝や周辺地域の国の記述があるからでもあります。

 

ちなみに定期的に論争を引き起こす日本史の教科書で有名な、

邪馬台国を記述した魏志倭人伝は、この魏志に掲載されているというのは、

意外に知らない人も多いのではないでしょうか?

陳寿は、表には出ませんが日本人の歴史にも大きな影響を与えているのです。

 

 

陳寿に欠けていた視点とは?

曹操 機密保持

 

三国志の時代の群像劇を活写していると言われている陳寿の三国志ですが、

一方で欠点も存在しているようです。

それは、陳寿が三国志の登場人物のやりとりや長々とした上奏文は載せながら

曹操が天下の覇権を握るようになった屯田(とんでん)制度や官吏登用の基本になった

九品(きゅうひん)官人法などの三国志の時代に起きた大きな制度上の事を詳細に

記録するという事が無かった事です。

 

屯田制を建議したのは、棗祇(そうし)という人で、九品官人法を建議したのは

陳羣(ちんぐん)ですが、陳羣は伝があるにも関わらず制度については一行程度の記録

棗祇に至っては、大功労者であるにも関わらず、個人の伝がなく、

武帝紀(ぶていき)や任峻(じんしゅん)伝に僅かに記録があるだけに過ぎません。

 

せめて陳寿が、陳羣棗祇の出した建議の書を記録するだけでも、

三国志の時代の制度の研究は進んだであろうに、惜しい事です。

もっとも、陳寿の三国志は、私撰で国の要請で編纂されたものではないので

自分にとって関心がない部分は省いたのも無理からぬ事ではあります。

 

参考文献:三国志きらめく群像

著者: 高島 俊男 出版社: 筑摩書房

 

シミルボン

 

ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド
  2. シリア 関羽 三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説
  3. 徐庶 徐庶ってもしかしたらヤンデレだった!三国志演義でのヤンデレぶりを…
  4. 諸葛誕 【龍と犬とロバ】魏呉蜀で活躍した諸葛一族
  5. 玉磁と孫堅 23話:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽
  6. 孔融 屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?
  7. 朝まで三国志 劉虞 漢の血筋を引く者は劉備のみにあらず!皇族・劉虞の悲しき最期
  8. 孔明 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 皇帝に就任した曹丕
  2. 眠る于禁
  3. 張嶷
  4. 董卓
  5. 本多忠勝

おすすめ記事

  1. 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情
  2. 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後 豊臣秀吉 戦国時代
  3. 平野国臣の銅像を見に行こう、その人生の最後はどんなだった? 平野国臣
  4. 5話:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活 光武帝 三国志
  5. 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの? 李儒と董卓
  6. オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ? キングダム45

三國志雑学

  1. 卞夫人 曹操
  2. 玉璽
  3. 陸遜 剣と刀
  4. 馬騰
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 夏侯覇の妻は誰?
  2. 孔明による出師の表
  3. 袁術と呂布
  4. 始皇帝
  5. 馬に乗って戦う若き織田信長
  6. 公孫康

おすすめ記事

孔子と儒教 【子供は親のコピー】劉備の阿斗投げを容認する儒教の驚きの論理 『日経三国志』のテレビCMが、ACC賞フィルム部門でブロンズ賞を受賞! 董卓 董卓軍の軍事組織はどうなっていたの?暴君の軍隊をミエルカしたよ 黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの? 孔明 【三国志星座占い】諸葛亮は双子座? 劉禅と孔明 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生 徐庶と出会う劉備 もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた? 愛加那(あいかな)とはどんな人?西郷どんの島妻と西郷隆盛の人生を変えた女房

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP