法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての魏

任峻(じんしゅん)とはどんな人?屯田制を実行し魏軍の食料庫をパンパンにした男




 

曹操軍が兵糧を気にすることなく稼動することができたのは、

屯田制(とんでんせい)と言われる政策を実行したことがきっかけです。

この屯田制を曹操に勧めたのは棗祗(そうし)ですが、

実行に移して屯田制の効果を挙げることに成功したの人物を皆さんは知っていますか。

今回は屯田制が実用的であることを証明した人物をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?




曹操に付き従う

 

董卓(とうたく)が洛陽に駐屯して皇帝を操り権力を欲しいままにすると各地の群雄が怒り、

集結して董卓を討伐しようと考えます。

曹操も董卓を討伐するために挙兵し、

なんとか兵を揃えて董卓討伐軍に参加することになります。

曹操軍は始め5000人ほどの軍勢で董卓討伐軍に加わるのですが、

討伐軍の中ではかなり小さい勢力でした。

そんな小さい勢力であった曹操に付き従った人物がおります。

その名を任峻(じんしゅん)と言います。

 

 

彼は同郡にいた役人と相談して曹操に付き従うことにして、

一族郎党を率いて数百人の部隊を作って曹操軍に参加。

曹操は自らの勢力が小さいにも関わらず、

任峻が一族郎党を率いて参加してくれたことに大いに喜び、

彼に自らの従妹を嫁がせることにします。




補給部隊長として活躍

 

任峻は董卓討伐軍が解散した後も曹操に付き従って各地を転戦することになるのですが、

彼は戦場で活躍していた人物ではありません。

曹操が軍勢を率いて出陣した際は常に後方で守備に就き、

曹操軍の補給を担い物資を軍勢へ届ける役目をしておりました。

彼は官渡の戦いでも補給部隊として活躍しておりましたが、

袁紹軍が任峻の補給部隊へ攻撃を行い壊滅したことが何度もありました。

そのため彼は補給部隊に陣形を組ませて、補給物資を運ぶ車1000を一部隊として編成。

この一部隊を十列にして進軍させるとともに、

この補給部隊の周りを数千の軍勢で守備をさせながら

官渡城や各地の戦場に補給物資を届けていきます。

袁紹軍は曹操軍の補給部隊のしっかりした部隊配置のせいで、

襲うことができなくなってしまったそうです。

この結果、ギリギリの戦いを袁紹軍と繰り広げていた曹操軍ですが、

兵糧だけはしっかりと補給されることになるのです。

 

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

屯田制を発案

 

官渡の戦いのよりもかなり前、曹操の領土に飢饉が襲って来ることがありました。

さらに雨があまり降らなかったことが原因で干魃にも襲われてしまいます。

天災がダブルで襲いかかってきた曹操の領土は兵糧不足で、

危険な状態になってしまいます。

この状況を憂いた一人の文官がおりました。

その人物の名は棗祗(そうし)といいます。

ここでは屯田制の詳しい内容は今回の紹介記事と違ってしまうため割愛します。

棗祗は曹操に「屯田制を施行するのが一番いいやり方でしょう」と

屯田制を設置するように幾度も曹操へ進言します。

曹操は棗祗の発言を受け入れて屯田制を開始します。

 

屯田制を実行した結果・・・・

 

曹操は棗祗の発案を受け入れて任峻に屯田制を実行する役職である

典農中郎将(てんのうちゅうろうしょう)という役職に就任させます。

任峻はこの役職に異動するとすぐに民衆を募集して、

許の近くにある田畑を与えて開墾させます。

その結果、兵糧庫の中は数年でいっぱいになっていくことになります。

この成果がで始めてから曹操の領内の各地で屯田制が施行されていくことになります。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

屯田制は最初いくら棗祗が曹操へ進言しても今までのやり方を変えようとしないので、

彼は曹操へ幾度も進言します。

曹操は余りにもしつこいので荀彧(じゅんいく)を呼んで

棗祗と屯田制について議論させます。

その結果、棗祗が荀彧を納得させたことにより曹操は屯田制を施行することになります。

そして棗祗が計画して自ら行った屯田制ですが、

彼が早くになくなったため任峻が跡を継いで屯田制を行っていくことになります。

その結果、曹操軍は大軍であろうと兵糧を気にすることなく各地へ出陣することができ、

迅速な戦い方ができるようになるのです。

棗祗と任峻が協力して行ったことにより屯田制は大成功することになるのです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:あなたが実際に兵士として戦場に行軍してみたらどれだけ大変なの?

関連記事:三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 司馬師 劉淵(りゅうえん)とはどんな人?劉備の子孫と称して晋を崩壊に導い…
  2. 信陵君 信陵君(しんりょうくん)はどんな人?生まれ故郷を救うために舞い戻…
  3. 赤鎧を身に着けた曹操 曹操を主人公にしたオススメ小説3選
  4. 曹宇 集まれ曹操の25人の息子たち・その2
  5. 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】…
  6. 呂布に暗殺される董卓 董卓が殺害された原因と三国志に与えた影響とは?
  7. 三国志ライター黒田レン 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察
  8. 徐晃と許チョ 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 朱然によって捕まる関羽
  2. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志
  3. 大村益次郎 幕末
  4. 蜀の劉琦
  5. 曹操に憧れる荀彧

おすすめ記事

  1. 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪
  2. 『列子』はどんな本?永嘉の乱を生き残った奇書 幕末 魏呉蜀 書物
  3. 呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!?
  4. 沢山の人材を発掘した呉の孫権 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  5. 【潼関の戦い】曹操軍の補給を担った杜畿(とき)を解説
  6. キングダム 520話 ネタバレ予想:朱海平野で李牧と王翦が激突!

三國志雑学

  1. 陳羣と曹丕
  2. 司馬懿と曹操
  3. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 趙雲
  2. 張嶷
  3. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  4. 劉備と4人の妻
  5. キングダム53巻
  6. 楊儀と魏延
  7. 光武帝 三国志

おすすめ記事

始皇帝 始皇帝死後、秦は滅亡せず三代目まで続いてたってホント? 悪い顔をしている諸葛亮孔明 『三国志演義』の諸葛亮像は明代の英雄を模してつくられた!? 顔良を討ち取る関羽 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!後篇 もし曹植が魏の初代皇帝になったらどうなったの?【if三国志】 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情 中二病韓信 ヤクザ劉邦を大説得、神分析に漢軍大フィーバー 漢字はいつ生まれてどのように変化を遂げていったのか? 新選組の土方歳三 土方歳三の勇気が湧く名言「灰になっても自分を貫け」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP