編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての魏

任峻(じんしゅん)とはどんな人?屯田制を実行し魏軍の食料庫をパンパンにした男

この記事の所要時間: 240




 

曹操軍が兵糧を気にすることなく稼動することができたのは、

屯田制(とんでんせい)と言われる政策を実行したことがきっかけです。

この屯田制を曹操に勧めたのは棗祗(そうし)ですが、

実行に移して屯田制の効果を挙げることに成功したの人物を皆さんは知っていますか。

今回は屯田制が実用的であることを証明した人物をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?




曹操に付き従う

 

董卓(とうたく)が洛陽に駐屯して皇帝を操り権力を欲しいままにすると各地の群雄が怒り、

集結して董卓を討伐しようと考えます。

曹操も董卓を討伐するために挙兵し、

なんとか兵を揃えて董卓討伐軍に参加することになります。

曹操軍は始め5000人ほどの軍勢で董卓討伐軍に加わるのですが、

討伐軍の中ではかなり小さい勢力でした。

そんな小さい勢力であった曹操に付き従った人物がおります。

その名を任峻(じんしゅん)と言います。

 

 

彼は同郡にいた役人と相談して曹操に付き従うことにして、

一族郎党を率いて数百人の部隊を作って曹操軍に参加。

曹操は自らの勢力が小さいにも関わらず、

任峻が一族郎党を率いて参加してくれたことに大いに喜び、

彼に自らの従妹を嫁がせることにします。




補給部隊長として活躍

 

任峻は董卓討伐軍が解散した後も曹操に付き従って各地を転戦することになるのですが、

彼は戦場で活躍していた人物ではありません。

曹操が軍勢を率いて出陣した際は常に後方で守備に就き、

曹操軍の補給を担い物資を軍勢へ届ける役目をしておりました。

彼は官渡の戦いでも補給部隊として活躍しておりましたが、

袁紹軍が任峻の補給部隊へ攻撃を行い壊滅したことが何度もありました。

そのため彼は補給部隊に陣形を組ませて、補給物資を運ぶ車1000を一部隊として編成。

この一部隊を十列にして進軍させるとともに、

この補給部隊の周りを数千の軍勢で守備をさせながら

官渡城や各地の戦場に補給物資を届けていきます。

袁紹軍は曹操軍の補給部隊のしっかりした部隊配置のせいで、

襲うことができなくなってしまったそうです。

この結果、ギリギリの戦いを袁紹軍と繰り広げていた曹操軍ですが、

兵糧だけはしっかりと補給されることになるのです。

 

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

屯田制を発案

 

官渡の戦いのよりもかなり前、曹操の領土に飢饉が襲って来ることがありました。

さらに雨があまり降らなかったことが原因で干魃にも襲われてしまいます。

天災がダブルで襲いかかってきた曹操の領土は兵糧不足で、

危険な状態になってしまいます。

この状況を憂いた一人の文官がおりました。

その人物の名は棗祗(そうし)といいます。

ここでは屯田制の詳しい内容は今回の紹介記事と違ってしまうため割愛します。

棗祗は曹操に「屯田制を施行するのが一番いいやり方でしょう」と

屯田制を設置するように幾度も曹操へ進言します。

曹操は棗祗の発言を受け入れて屯田制を開始します。

 

屯田制を実行した結果・・・・

 

曹操は棗祗の発案を受け入れて任峻に屯田制を実行する役職である

典農中郎将(てんのうちゅうろうしょう)という役職に就任させます。

任峻はこの役職に異動するとすぐに民衆を募集して、

許の近くにある田畑を与えて開墾させます。

その結果、兵糧庫の中は数年でいっぱいになっていくことになります。

この成果がで始めてから曹操の領内の各地で屯田制が施行されていくことになります。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

屯田制は最初いくら棗祗が曹操へ進言しても今までのやり方を変えようとしないので、

彼は曹操へ幾度も進言します。

曹操は余りにもしつこいので荀彧(じゅんいく)を呼んで

棗祗と屯田制について議論させます。

その結果、棗祗が荀彧を納得させたことにより曹操は屯田制を施行することになります。

そして棗祗が計画して自ら行った屯田制ですが、

彼が早くになくなったため任峻が跡を継いで屯田制を行っていくことになります。

その結果、曹操軍は大軍であろうと兵糧を気にすることなく各地へ出陣することができ、

迅速な戦い方ができるようになるのです。

棗祗と任峻が協力して行ったことにより屯田制は大成功することになるのです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:あなたが実際に兵士として戦場に行軍してみたらどれだけ大変なの?

関連記事:三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」…
  2. 尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ち…
  3. 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名…
  4. 曹操に仕える前の龐徳って何してたの?地方の役人として後漢王朝に仕…
  5. 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持…
  6. 孫権が張昭を呉の丞相に任命しなかったのはどうして?
  7. 呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」
  8. 黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 韓非が作った故事成語「矛盾と守株」の真の意味とは?
  2. 黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの?
  3. 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定
  4. 美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ』はどこから来てどこへ行くのか。
  5. 諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?
  6. 三国時代の経済ってどうなってたの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」 【シミルボン】驚愕!三国志の時代の酒のマナー 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧 【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉眼でスーパーマーズが見えていた 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・結婚観 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超 杜幾(とき)とはどんな人?魏の国内で素晴らしい統治をおこなった名行政官

おすすめ記事

  1. 96話:孔明の計略炸裂!馬超は劉備の軍門に下る
  2. 孔明によって殺害されてしまった劉封、実は○○から逃亡するようにアドバイスを受けていた!
  3. 顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯
  4. 【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた?
  5. 【はじさん記念】無事1周年を迎えることができました。。
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【5/22〜5/28】
  7. 張邈(ちょうばく)とはどんな人?親友の曹操を裏切って反旗を翻した政治家
  8. 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP