キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての魏

棗祇(そうし)とはどんな人?新しい兵糧収入法を考え曹操の覇業を支えた功臣

この記事の所要時間: 328




棗祇(そうし)

 

三国志の群雄たちは、兵糧が少なくなったら豊かな土地を奪い、

そこで兵糧を調達すればよいと考えておりました。

この考えを覆したのが棗祇(そうし)です。

彼は曹操の軍団を支えるため屯田制を考え出します。

この屯田制は目新しいものではなく前漢時代に生み出されたものですが、

彼は前漢時代の屯田制にアレンジを加えて、新たな屯田制を完成させます。

果たして棗祇が考え出した新屯田制とは一体どのようなものだったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:任峻(じんしゅん)とはどんな人?屯田制を実行し魏軍の食料庫をパンパンにした男

関連記事:曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?

 

 

屯田制とは何?

鮮卑

 

元々屯田制とは前漢時代に生み出された政策です。

前漢時代は辺境に居る異民族が度々、漢の領土に侵入するため

国境に兵士を駐屯させておりました。

漢の武帝は国境を守備している兵士に目をつけ、異民族が攻めてこない時期、

兵士に畑を耕させれば兵糧を輸送する事無く現地で賄う事が出来ると考え、

実施させた事がきっかけで生まれた政策です。

この屯田制は中国のラスト王朝である清の時代まで続くことになります。

 

 

棗祇が考えた新屯田制

現実主義曹操

 

棗祇は曹操の創業期から仕えた人物です。

彼は曹操に従って各地を転戦します。

彼は各地を転戦している時、飢饉やイナゴによって

兵糧が手に入らない状態を幾度か目にします。

棗祇は兵糧が手に入らなければ戦が続けられない状況を改善しようと考え、

兵糧を大量に効率よく生産する方法を模索します。

彼は毎日兵糧の生産方法を数年間考え続け、ついに新たな方法を見つけます。

その方法は屯田制です。

前漢時代に存在していた辺境地域で兵士によって行う屯田ではなく、

内地で流民や降ってきた民に畑を耕させる屯田を考え付きます。

 

関連記事:曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」

関連記事:曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け!

関連記事:三国志の時代に象兵はいたの?

 

曹操に新たな屯田制を献策

曹操018

 

棗祇は新たな屯田制を考えた韓浩(かんこう)と共に曹操へ献策します。

曹操は彼らの意見を聞き、「収穫物を取り立てる方法はどうすんだ」と

疑問点を質問します。

当時穀物を徴税する方法は『農民が保有する牛の数に合わせて徴税』する方法

を採用しておりました。

曹操に質問された棗祇は「分田の術を用いるべきです」と進言します。

曹操は首を傾け「分田の術ってなんだ」と棗祇に聞き返します。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

分田の策とは何?

曹操アップルパイを焼く

 

棗祇が曹操に提案した「分田の術」とは一体どのようなものなのでしょうか。

分田の術とは田を自前で牛を所有する者と官から借りた牛を所有する者に分け、

私牛所有者は官に5割の穀物を納税。

官牛所有者は6割の穀物を納税する政策です。

以前の納税方法だと牛の数に限定され、豊作の年でも国に入る穀物は増加せず、

水害や干害(かんがい)があった時は救済措置などを民衆に施さなければならないため

国に入る穀物の数量は減少してしまいます。

しかし棗祇が編み出した分田の術を用いれば、

納税する穀物をあらかじめ決めてあるため、

豊作時や不作時に関係なく穀物が一定の割合で国に入ってくることになります。

曹操は棗祇らの提案を受け入れる事にします。

 

曹操は「分田の術」を採用するも…

荀彧

 

曹操は棗祇の献策を採用するも彼の提案した分田の術を用いませんでした。

棗祇はせっかく考えた策を実施しない曹操に何度も詰め寄り、

「殿。早く私が考えた政策を実施してくだされ」と言います。

曹操は何度も詰め寄ってくる棗祇に困りはて、荀彧(じゅんいく)と議論させます

荀彧は農業の専門外であった為、棗祇に議論でコテンパンに負けます。

 

 

執拗に詰め寄る棗祇に負けて「分田の術」を用いる

曹操 魏王

 

曹操は荀彧を打ち負かした棗祇の願いを聞き入れ「分田の術」を

正式に採用し、彼を屯田校尉に任命します。

彼が屯田校尉に就いて一年後、収穫の時がやってきます。

曹操は棗祇が考えた「分田の術」を試しに許近辺の田に取り入れます。

すると許近辺の屯田は大成功し、百万石を超える収穫を挙げます。

曹操は彼を大いに称賛し、自らの領地全体で行う事を決定。

こうして曹操の領地となっているすべての農地で屯田制を用います。

数年後曹操の領地では兵糧蔵が山積みになり、蔵からあふれる程の穀物を得ます。

曹操は屯田制の成功によって各地の群雄を滅ぼし、

覇業を推し進めていく事になります。

 

関連記事:曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ?

関連記事:荀攸(じゅんゆう)ってどんな人?同族の荀彧の影に隠れた才能

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

関連記事:荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

棗祇が新屯田制を考え出した事により、曹操の軍団は依然と比べ物にならない程強化されます。

またこの政策は兵糧の収穫量が増えただけではなく、

兵糧の運搬をする必要が無くなります。

こうした恩恵にあずかる事で曹操は兵糧を気にする事無く、覇業へ邁進する事が

出来ました。

もし彼が曹操に仕えていなければ、魏を建国する事は厳しかったかもしれません。

「三国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~。」

 

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 高柔(こうじゅう)とはどんな人?魏で起こった不可解な事件を解決へ…
  2. 劉曄(りゅうよう)ってどんな人?王族出身の名門参謀でもあり魏の重…
  3. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の…
  4. 曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?
  5. 呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」
  6. 傅嘏(ふか)とはどんな人?時代を謳歌していた三人とは付き合いたく…
  7. 鍾繇(しょうよう)とはどんな人?関中の守備を任され、西方の憂いを…
  8. 毛玠(もうかい)とはどんな人?魏の人事担当者として辣腕を振るった…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将
  2. 橋本左内の墓は二か所ある!?西郷隆盛も認めた幕末の名士をしのぶ
  3. 2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻
  4. 決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選
  5. 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉へ寝返った男
  6. 「褒めて伸ばす」の実践者にして成功者・孫権

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操の偏頭痛は歯ぎしりが原因だった?歯ぎしりが引き起こす英雄の悲劇 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変えて愛されていた! これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない 匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識> 吉田松陰の弟子と松下村塾の教育方針を紹介 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表者達

おすすめ記事

  1. 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは? 空を飛ぶスーパーマン袁術
  2. 范蠡(はんれい)とはどんな人?越王勾践を助けた謎の天才軍略家
  3. 106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに
  4. 江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の身長は何センチあったの? 徳川慶喜 幕末
  5. 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える
  6. 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由ってなに?
  7. 孔明の南蛮征伐の目的は交易路(南シルクロード)狙いだった!?
  8. 【はじめてのセンゴク】織田家に反旗を翻した荒木村重・別所長治の最後

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP