はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!

この記事の所要時間: 243



徳川家を苦しめた智謀の士である真田昌幸。

彼は信濃の豪族として武田家に仕え、武田滅亡後は真田家を保全するために生涯で君主を

幾度も変えております。

そのため「表裏比興の者(ひょうりひきょうのもの)」と囁かれる原因になります。

この「表裏比興の者」の意味はコロコロと幾度も君主を変えている卑怯者という意味として

使われていたそうです。

ですが昌幸は最初からそのような人物ではなく、

若い頃は武田家に仕えてその洞察力を褒められていたこともあり、

武田家の為に一生懸命働いておりました。

今回は智謀に優れすぎて「表裏比興の者」と言われた真田昌幸の前半生について

ご紹介していきたいと思います。

 

真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事

関連記事:ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ方法!




真田家を出て武田家へ出仕

真田丸 武田信玄

 

真田昌幸は父・真田幸隆の三男坊として誕生します。

兄に信綱(のぶつな)・昌輝(まさてる)がおり、

彼は早々に真田家を出て武田信玄へ出仕することになるのです。

その後昌幸は武田信玄の側近衆の一人として仕えることになり、

信玄の戦術や戦略を学んでいくになります。

こうして真田家を出て信玄に仕えていた昌幸は武藤家(むとうけ)の養子として入り、

武藤姓を名乗ることになります。




信玄の両目として

真田丸02(武田信玄)

 

武田信玄は昌幸の優れた武将としての能力に気づき、彼を使番(つかいばん)として使用します。

すると昌幸は客観的な視野で物事見て、私情を挟まないで偵察してくるので

信玄は大いに彼を重宝して行くことになります。

信玄は駿河攻略戦の時に北条家と対立することになり、

北条家の韮山城(にらやまじょう)を攻撃しています。

韮山城攻防戦の最中、北条氏政(ほうじょううじまさ)が大軍を率いて

韮山城救援にやってくるとの情報が信玄の元に知らされます。

彼は会議を開いて氏政の軍勢と決戦を行うべしと決意を語りますが、

馬場信春(ばばのぶはる)などの重臣達は信玄に「決戦は控えるべきだ」と反対意見を述べます。

信玄は「わかった。では我が両目が帰ってきてからことを決めようではないか」と重臣達に伝えます。

この会議が行われているさなか、敵情を偵察してきた真田昌幸と

曽根昌世(そねまさただ)の二人が敵陣の報告を行います。

その後武田軍は氏政と戦い勝利を得ることに成功しております。

信玄の両目としてその名を轟かせることになった昌幸は

武田二十四将に入るほどの洞察力を持った人物でした。

 

兄が討ち死に。そして・・・・

炎 s

 

真田昌幸は信玄の西上作戦にも従軍しておりましたが、

信玄が亡くなったことでこの作戦は失敗に終わります。

その後昌幸は武田勝頼に仕えることになり、信玄時代と同じようにその鋭い洞察力で

情報収集を行っていきます。

勝頼は武田家の領土拡張政策を推し進めていき、三河で織田・徳川連合軍との戦いを行います。

この戦いは長篠の戦と呼ばれることになるのですが、この戦で昌幸の兄である信綱・昌輝が

討ち死。また信玄以来の重臣達の多くが亡くなってしまいます。

昌幸は兄二人が討ち死にしてしまったため武藤姓を捨てて、真田家を継ぐことになります。

重臣達の多くが討ち死にしてしまったことから勝頼は次世代の武将達を多く活用することになり、

昌幸も勝頼に頼られることになります。

昌幸は武田勝頼から頼られることになりますが、

果たして武田家への忠誠はこの当時に持っていたのでしょうか。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

真田昌幸は武田家時代に自らの長所である洞察力を磨いて行くことになります。

しかし勝頼の時代に織田・徳川連合軍に兵力の点で劣勢でありながら戦を挑んで敗北。

この戦いに敗北したことによって信玄以来の重臣達はほとんど討ち死にすることになり、

昌幸もこの戦いに参加しておりましたが、命からがら逃げ延びております。

その後勝頼に頼られることになるのですが、

私が思うに昌幸は武田家に忠誠をもって仕えていたのかどうか疑問です。

それは次回の記事にてお伝えすることにしましょう。

 

参考文献 真田昌幸 柴辻俊六著など

 

 

 

関連記事:いまさら聞けない真田丸って一体何なの?

関連記事:さよなら戦国BASARA!イケメン真田幸村の不細工伝説

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」
  2. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤…
  3. 【はじめてのセンゴク】織田家に反旗を翻した荒木村重・別所長治の最…
  4. 武田軍の西上作戦はなぜ失敗してしまったのか?武田信玄の病が関係し…
  5. 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具と…
  6. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加してい…
  7. 毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行
  8. 蜀漢が滅びたのは張飛達を祀らなかったから?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 袁渙(えんかん)とはどんな人?正史「三国志」に登場し曹操が涙を見せて死を悲しんだ政治家
  2. 徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人?
  3. キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!
  4. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?
  5. 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生
  6. 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの? 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす 【キングダムに描かれない】秦の時代の貧困のリアルを追ってみる 【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理由とは 【リアルチート】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?優れた政策と逸話 Part.3 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【10/17〜10/23】

おすすめ記事

  1. 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説
  2. ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?
  3. 蒼天航路が1〜3巻まで無料【お知らせ】
  4. 【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの?
  5. 【シミルボン】バカっぽい?酒を煮て英雄を論ずは、もう少し知的だった
  6. 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散
  7. 【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード
  8. 【実録】今川義元にいじめられ続けた井伊家と松平家

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP