袁術祭り
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!

この記事の所要時間: 243



徳川家を苦しめた智謀の士である真田昌幸。

彼は信濃の豪族として武田家に仕え、武田滅亡後は真田家を保全するために生涯で君主を

幾度も変えております。

そのため「表裏比興の者(ひょうりひきょうのもの)」と囁かれる原因になります。

この「表裏比興の者」の意味はコロコロと幾度も君主を変えている卑怯者という意味として

使われていたそうです。

ですが昌幸は最初からそのような人物ではなく、

若い頃は武田家に仕えてその洞察力を褒められていたこともあり、

武田家の為に一生懸命働いておりました。

今回は智謀に優れすぎて「表裏比興の者」と言われた真田昌幸の前半生について

ご紹介していきたいと思います。

 

真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事

関連記事:ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ方法!




真田家を出て武田家へ出仕

真田丸 武田信玄

 

真田昌幸は父・真田幸隆の三男坊として誕生します。

兄に信綱(のぶつな)・昌輝(まさてる)がおり、

彼は早々に真田家を出て武田信玄へ出仕することになるのです。

その後昌幸は武田信玄の側近衆の一人として仕えることになり、

信玄の戦術や戦略を学んでいくになります。

こうして真田家を出て信玄に仕えていた昌幸は武藤家(むとうけ)の養子として入り、

武藤姓を名乗ることになります。




信玄の両目として

真田丸02(武田信玄)

 

武田信玄は昌幸の優れた武将としての能力に気づき、彼を使番(つかいばん)として使用します。

すると昌幸は客観的な視野で物事見て、私情を挟まないで偵察してくるので

信玄は大いに彼を重宝して行くことになります。

信玄は駿河攻略戦の時に北条家と対立することになり、

北条家の韮山城(にらやまじょう)を攻撃しています。

韮山城攻防戦の最中、北条氏政(ほうじょううじまさ)が大軍を率いて

韮山城救援にやってくるとの情報が信玄の元に知らされます。

彼は会議を開いて氏政の軍勢と決戦を行うべしと決意を語りますが、

馬場信春(ばばのぶはる)などの重臣達は信玄に「決戦は控えるべきだ」と反対意見を述べます。

信玄は「わかった。では我が両目が帰ってきてからことを決めようではないか」と重臣達に伝えます。

この会議が行われているさなか、敵情を偵察してきた真田昌幸と

曽根昌世(そねまさただ)の二人が敵陣の報告を行います。

その後武田軍は氏政と戦い勝利を得ることに成功しております。

信玄の両目としてその名を轟かせることになった昌幸は

武田二十四将に入るほどの洞察力を持った人物でした。

 

兄が討ち死に。そして・・・・

炎 s

 

真田昌幸は信玄の西上作戦にも従軍しておりましたが、

信玄が亡くなったことでこの作戦は失敗に終わります。

その後昌幸は武田勝頼に仕えることになり、信玄時代と同じようにその鋭い洞察力で

情報収集を行っていきます。

勝頼は武田家の領土拡張政策を推し進めていき、三河で織田・徳川連合軍との戦いを行います。

この戦いは長篠の戦と呼ばれることになるのですが、この戦で昌幸の兄である信綱・昌輝が

討ち死。また信玄以来の重臣達の多くが亡くなってしまいます。

昌幸は兄二人が討ち死にしてしまったため武藤姓を捨てて、真田家を継ぐことになります。

重臣達の多くが討ち死にしてしまったことから勝頼は次世代の武将達を多く活用することになり、

昌幸も勝頼に頼られることになります。

昌幸は武田勝頼から頼られることになりますが、

果たして武田家への忠誠はこの当時に持っていたのでしょうか。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

真田昌幸は武田家時代に自らの長所である洞察力を磨いて行くことになります。

しかし勝頼の時代に織田・徳川連合軍に兵力の点で劣勢でありながら戦を挑んで敗北。

この戦いに敗北したことによって信玄以来の重臣達はほとんど討ち死にすることになり、

昌幸もこの戦いに参加しておりましたが、命からがら逃げ延びております。

その後勝頼に頼られることになるのですが、

私が思うに昌幸は武田家に忠誠をもって仕えていたのかどうか疑問です。

それは次回の記事にてお伝えすることにしましょう。

 

参考文献 真田昌幸 柴辻俊六著など

 

 

 

関連記事:いまさら聞けない真田丸って一体何なの?

関連記事:さよなら戦国BASARA!イケメン真田幸村の不細工伝説

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって…
  2. 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬ま…
  3. 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?
  4. 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る!
  5. 劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった?
  6. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天…
  7. 鍋島直茂(なべしま なおしげ)がスゴイ!主家乗っ取りに成功!時勢…
  8. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 呉が好きな皆さんへ!五分でわかる孫呉の逸話を紹介【三国志逸話列伝】
  2. 【キングダム】残念!ファルファルおじさん騰 死亡のお知らせ
  3. 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操?
  4. これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?
  5. 三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?
  6. 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰? 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】 114話:蜀キラー陸遜、劉備を打ち破るための不気味な沈黙 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31】 リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの? 同じくらいの力量の武将や軍師を三国間でトレードしたらどうなる? 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺計画

おすすめ記事

  1. 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざを作り出した班超って一体何者?
  2. 岩倉使節団とは何?大久保利通がイギリスに行った理由
  3. 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】
  4. 孫権が張昭を呉の丞相に任命しなかったのはどうして?
  5. 彭越(ほうえつ)とはどんな人?漁師から王の位にまで上り詰めた梟雄
  6. え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の真実!
  7. これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?
  8. 歴史の影に女あり!絶世の美女たち

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP