曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!

この記事の所要時間: 243



徳川家を苦しめた智謀の士である真田昌幸。

彼は信濃の豪族として武田家に仕え、武田滅亡後は真田家を保全するために生涯で君主を

幾度も変えております。

そのため「表裏比興の者(ひょうりひきょうのもの)」と囁かれる原因になります。

この「表裏比興の者」の意味はコロコロと幾度も君主を変えている卑怯者という意味として

使われていたそうです。

ですが昌幸は最初からそのような人物ではなく、

若い頃は武田家に仕えてその洞察力を褒められていたこともあり、

武田家の為に一生懸命働いておりました。

今回は智謀に優れすぎて「表裏比興の者」と言われた真田昌幸の前半生について

ご紹介していきたいと思います。

 

真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事

関連記事:ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ方法!




真田家を出て武田家へ出仕

真田丸 武田信玄

 

真田昌幸は父・真田幸隆の三男坊として誕生します。

兄に信綱(のぶつな)・昌輝(まさてる)がおり、

彼は早々に真田家を出て武田信玄へ出仕することになるのです。

その後昌幸は武田信玄の側近衆の一人として仕えることになり、

信玄の戦術や戦略を学んでいくになります。

こうして真田家を出て信玄に仕えていた昌幸は武藤家(むとうけ)の養子として入り、

武藤姓を名乗ることになります。




信玄の両目として

真田丸02(武田信玄)

 

武田信玄は昌幸の優れた武将としての能力に気づき、彼を使番(つかいばん)として使用します。

すると昌幸は客観的な視野で物事見て、私情を挟まないで偵察してくるので

信玄は大いに彼を重宝して行くことになります。

信玄は駿河攻略戦の時に北条家と対立することになり、

北条家の韮山城(にらやまじょう)を攻撃しています。

韮山城攻防戦の最中、北条氏政(ほうじょううじまさ)が大軍を率いて

韮山城救援にやってくるとの情報が信玄の元に知らされます。

彼は会議を開いて氏政の軍勢と決戦を行うべしと決意を語りますが、

馬場信春(ばばのぶはる)などの重臣達は信玄に「決戦は控えるべきだ」と反対意見を述べます。

信玄は「わかった。では我が両目が帰ってきてからことを決めようではないか」と重臣達に伝えます。

この会議が行われているさなか、敵情を偵察してきた真田昌幸と

曽根昌世(そねまさただ)の二人が敵陣の報告を行います。

その後武田軍は氏政と戦い勝利を得ることに成功しております。

信玄の両目としてその名を轟かせることになった昌幸は

武田二十四将に入るほどの洞察力を持った人物でした。

 

兄が討ち死に。そして・・・・

炎 s

 

真田昌幸は信玄の西上作戦にも従軍しておりましたが、

信玄が亡くなったことでこの作戦は失敗に終わります。

その後昌幸は武田勝頼に仕えることになり、信玄時代と同じようにその鋭い洞察力で

情報収集を行っていきます。

勝頼は武田家の領土拡張政策を推し進めていき、三河で織田・徳川連合軍との戦いを行います。

この戦いは長篠の戦と呼ばれることになるのですが、この戦で昌幸の兄である信綱・昌輝が

討ち死。また信玄以来の重臣達の多くが亡くなってしまいます。

昌幸は兄二人が討ち死にしてしまったため武藤姓を捨てて、真田家を継ぐことになります。

重臣達の多くが討ち死にしてしまったことから勝頼は次世代の武将達を多く活用することになり、

昌幸も勝頼に頼られることになります。

昌幸は武田勝頼から頼られることになりますが、

果たして武田家への忠誠はこの当時に持っていたのでしょうか。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

真田昌幸は武田家時代に自らの長所である洞察力を磨いて行くことになります。

しかし勝頼の時代に織田・徳川連合軍に兵力の点で劣勢でありながら戦を挑んで敗北。

この戦いに敗北したことによって信玄以来の重臣達はほとんど討ち死にすることになり、

昌幸もこの戦いに参加しておりましたが、命からがら逃げ延びております。

その後勝頼に頼られることになるのですが、

私が思うに昌幸は武田家に忠誠をもって仕えていたのかどうか疑問です。

それは次回の記事にてお伝えすることにしましょう。

 

参考文献 真田昌幸 柴辻俊六著など

 

 

 

関連記事:いまさら聞けない真田丸って一体何なの?

関連記事:さよなら戦国BASARA!イケメン真田幸村の不細工伝説

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見ど…
  2. 馬陵の戦い(ばりょうのたたかい)ってどんな戦い?孫臏を有名にさせ…
  3. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天…
  4. 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見…
  5. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…
  6. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及…
  7. 蜀漢(季漢)後期の歴史をザックリと解説!蜀漢を支えた蒋琬、費禕、…
  8. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【キングダム】李牧が言った「桓騎の弱点」って何なの?
  2. 韓宣(かんせん)とはどんな人?曹植が口喧嘩して勝つことのできなかった人物
  3. 金禕(きんい)とはどんな人?漢中防衛戦の陰に隠れたとある事件
  4. 超爽快シミュレーションRPG「三国志CROSS」の後半イベント『帝ちんの宝貝ザクザク祭』がスタート
  5. もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの?
  6. 三国志の結末(最後)ってどうなるの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった! 【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(りゅうよう) 竹林の七賢とは何をしている人たちなの?成り立ちなどをわかりやすく解説 孫権のツンデレ外交に蜀の天才外交官・鄧芝の能力炸裂!蜀呉同盟を復活させたお話 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能! 【はじめての君主論】第3話:君主に必要とされる力量とは?光武帝と劉禅の違い 103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな! 【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの?

おすすめ記事

  1. 聶政(じょうせい)の律儀な性格と自分の顔を削って自刃した刺客の最期
  2. 徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世した男
  3. 衛覬(えいき)とはどんな人?関中復興に画期的な提案を行った魏の文官
  4. kawauso編集長のぼやきVol.4「三国志はオモチャだ!」
  5. 舜水樹(しゅんすいじゅ)は実在したの?李牧の右腕は史実通りなのか?
  6. どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?
  7. 邪馬台国最期の戦い(前編)神武東征と生駒の死闘
  8. 意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP