架空戦記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

はじめての変

【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう)

この記事の所要時間: 254




 

曹操・曹丕・曹叡の三代の英雄に仕えて曹魏の根幹を作り出した王朗(おうろう)

三国志演義では北伐に出陣した諸葛孔明と論戦を行いますが、

孔明に敗北してそのまま亡くなってしまいます。

そんな彼ですが若い頃孫策と戦い敗北しそのまま捕虜となってしまいます。

その後孫策に説得されても決して孫策に仕えないと覚悟を固めていたため、

孫策によって監禁されてしましますが、

このことによって彼の運命が大きく変わっていくことに・・・・。

今回は普通の三国志の話に飽きてしまった人たちのために、

三国志のマニアックな武将の出来事を初心者にもわかるようにお教えしましょう。




陶謙(とうけん)に仕える

 

王朗は経書(けいしょ)に通じていることから後漢王朝から県長の役職を拝命。

彼は役人となって民衆達がより良い暮らしができるように、

いろいろな政策に取り組んでいくのですが、

師匠である楊賜(ようし)が亡くなった事を知ると官職を捨てて、

師匠のために喪に服することになります。

喪が明けると陶謙(とうけん)から誘われて彼の部下となって働くことになります。




会稽の太守に任命される

 

王朗は陶謙の部下となると同僚の趙昱(ちょういく)と一緒に陶謙へ進言。

彼らは陶謙に「天下に多くの諸侯が立ち並んでいる状態ですが、

その諸侯達に自らの意思を押し通すとなれば、

勤王の志を持っていることを示せば、諸侯達へ意思を通す際非常に便利です。

そこで陶謙様には西の都に居る皇帝陛下に、

使者を発して命令を受けるのがいいと考えます。

そうすれば諸侯は陶謙様が勤王の志をもって皇帝陛下を支えるつもりであることが

示されることになるのではないのでしょうか。」と提案。

この提案を採用した陶謙はすぐに趙昱を皇帝の元へ遣わします。

その結果皇帝は陶謙の気持ちに感謝し彼に将軍の位を与え、

趙昱には広陵(こうりょう)の太守を。

王朗には会稽(かいけい)の太守が与えられることになります。

王朗は会稽太守に任命されると早速任地へ赴くことにします。

 

孫策軍に敗北し・・・・

 

王朗は会稽(かいけい)に赴いてこの地で民衆達に対して政治を行っていきます。

そんな中孫策が袁術の元を離れて江東へ進出し、

次々と各地の太守を蹴散らして領土を拡張していきます。

そして王朗が統治している会稽近辺に孫策軍が進出してくることになります。

王朗の部下であった虞翻(ぐほん)は彼へ

「勢いのある孫策軍とぶつかるのは良くないです。

ここは彼の勢いをやり過ごした方がいいでしょう」と進言。

しかし王朗は虞翻の進言を採用しないで自らが統治している会稽を守るために孫策軍と

戦うことにします。

こうして王朗は孫策軍がやってくると迎撃態勢を整えて戦いを挑みますが、

孫策軍にフルボッコにされてしまい捕虜になってしまいます。

 

監禁される王朗

 

王朗は孫策軍の捕虜になると孫策から厳しい詰問を受けることになります。

彼は孫策に降伏することが遅れたことをしっかりと謝罪しますが、

彼の家臣にはならない事を言明。

孫策は彼が謝罪してきたので許しますが、

江東から外へ出ることを禁じて曲阿(きょくあ)という土地に監禁してしまいます。

 

運命の君主に出会う

 

曹操は会稽太守で有能であった王朗が曲阿で監禁状態の生活を続けていることを知ると

皇帝に召し出すように要請。

孫策は皇帝から命令を受けると王朗を解き放つことにします。

こうして一年ほど王朗は曲阿で監禁状態で生活しておりましたが、

曹操によって助けられた事がきっかけで彼へ仕えることになります。

こうして王朗は曹操に監禁状態から救い出され、

彼の運命を大きく変えることになる君主・曹操に仕えることになります。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

王朗は曹操に仕えるとある日曹操から「孫策はどのような人物なんだ」と質問されます。

すると王朗は「孫策は武勇・才能に優れている人物です。

また部下には政治を得意とする張昭(ちょうしょう)が彼を助け、

長江・淮水一体を制覇した英傑・周瑜が武将として彼を補佐。

このように優れた武将を持つ有能な君主・孫策が野望をもって動き始めれば、

殿にとって大いなる災いになるのではないのでしょうか」と高評価を与え注意を促します。

孫策の捕虜となっても見るべき所はしっかりと観察していた王朗でした。

さて彼も華歆(かきん)同様運命の君主である曹操に仕えることになるのですが、

しっかりと活躍することができたのでしょうか。

王朗のその後は後日ご紹介していきたいと思います。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

関連記事:え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!

関連記事:曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧し…
  2. 曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女と…
  3. それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選
  4. 武田信玄のおびき寄せに乗った哀れな徳川家康
  5. 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?
  6. 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?
  7. 策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってど…
  8. 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?
  2. 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【前半】
  3. 程普(ていふ)ってどんな人?孫家三代に仕え、数々の戦を戦った孫呉の重鎮
  4. 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。
  5. 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説!
  6. 三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

眼球が飛び出て死亡!強烈すぎる司馬師(しばし)のエピソード【はじさん臨終図巻】 趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志を追加配信しました。 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達 【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた? 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった? 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した? 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!!

おすすめ記事

  1. 甲斐の虎と越後の龍が行った激戦!川中島の戦いって一体どちらが勝ったの?
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十七話「消された種子島」の見どころ紹介
  3. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.2
  4. 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん)
  5. 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?
  6. 曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について
  7. おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家
  8. 曹操に仕える前の龐徳って何してたの?地方の役人として後漢王朝に仕えていた男の人生

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP