よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

はじめての呉

華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官

この記事の所要時間: 218




 

袁術(えんじゅつ)に強制的に仕えることになるもマッハで見切りをつけた

後漢王朝の文官・華歆(かきん)

 

 

彼は袁術の元を去ってから、孫呉の英雄である孫策孫権の兄弟に仕えることになります。

彼は孫呉の英雄であるふたりの元でどのような活躍をするのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




豫章太守として活躍する

 

華歆は豫章(よしょう)の太守に任命されると任地へ赴きこの地を統治することになります。

当時の豫章は法令が煩雑で民衆達には分かりにくい事この上ない状態で、

その上戦乱で土地が荒廃している状況でした。

彼は豫章へ赴任するとすぐに法令を簡単にして民衆達へわかりやすい様に布告し、

農業などを奨励していきます。

この結果、民衆達は大いに喜び華歆の統治に感謝したそうです。




孫策に仕える

 

孫策(そんさく)袁術(えんじゅつ)の元から独立して寡兵でもって江東を制圧。

彼は豫章の太守であった華歆の才能が優秀であることを聞きつけて、

配下に加えようと考えます。

華歆も孫策の用兵の巧さを聞いており、

孫策から招聘を受けるとすぐに彼の元へ参上します。

孫策は華歆が来ると丁寧におもてなしをして優遇。

こうして華歆は孫策に仕えることになるのですが、

彼が孫策に仕えてから数年後に暗殺されてしまうのでした。

優れた君主に仕えることがようやくできたにも関わらず君主運のない華歆でしたが、

孫策死後も江東を離れることなく孫策の弟である孫権にそのまま仕える事にします。

 

関連記事:孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した!

関連記事:もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策!

 

曹操から呼ばれる

 

孫権が孫策の跡を継いで江東の主として君臨。

彼が江東の主として君臨した時、曹操は官渡で袁紹軍と激しい戦いを行っておりました。

そんな中、曹操は江東の孫権の元に優れた文官である華歆がいることを知ります。

曹操は後漢王朝の皇帝へ「華歆は優秀な人材です。

後漢王朝の朝廷に仕えさせるように使者を孫権の元へ送ってください」と上奏。

皇帝は曹操の意見を聞いてすぐに孫権の元へ使者を派遣します。

孫権は後漢王朝の使者から話を聞くと大いに反対しますが華歆は孫権に

「殿。曹操殿とは今友誼を持ったばかりで全然互いのことを知らない状態です。

そこで私が後漢王朝に仕えることによって殿と曹操との友誼を温めることができれば、

殿にとって非常にいいことではないのでしょうか。」と進言。

孫権は華歆の進言を聞くと大いに納得して彼を曹操の元へ派遣することに決めます。

華歆が曹操の元へ出発する日、孫権をはじめとして孫呉の重臣や彼の友人などが、

見送りに来てその数はなんと1000人にも登ったそうです。

また孫権や孫呉の重臣達は華歆へ餞別として金銭や贈り物を贈ります。

華歆はこれらを受け取るのですが、出発してから数日して部下に命じて全て

贈り物を送ってくれた人々へ返還してしまいます。

部下は華歆へ「どうして頂いた物を返還するのですか」と訪ねます。

すると彼は「こんなにいっぱい贈り物をもって曹操殿の元へ向かうことになれば、

道中危ないではないか。

平和な時ならばいいのかもしれないが、まだまだ平和な時とは言えないからな。

贈り物を返す時にはこの事をしっかりと説明してくるように」と

贈り物を返還しに行く部下へしっかりと説明します。

 

関連記事:袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた理由ってなに?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

華歆はこうして孫呉の英雄である孫策・孫権に仕えるも孫権の事を考えて、

孫呉去っていくことになります。

袁術・孫策・孫権の元では自らの才能をフルに発揮する場所を得なかった華歆。

曹操に仕えることになった華歆は今度こそ自らの才能をフルに活躍する機会に

恵まれるのでしょうか。

乞うご期待!!

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?

関連記事:こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たし…
  2. 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!
  3. 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな
  4. おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗…
  5. 游殷(ゆういん)が的中させた人物評価が凄かった!ズバリ言うわよ!…
  6. 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜)
  7. 【経営者必見】三国志と戦国に学ぶ人を活かす経営術
  8. 山崎の戦いってどんな戦いだったの?明智光秀VS羽柴秀吉が激突した…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.20「風雲児たち」
  2. 三国時代のブラックジャック?華佗とはどんな人物?
  3. 天才軍師・黒田官兵衛の最後の戦いまで神ってる
  4. スーパーエリート袁術!理由はファミリーにあり?スーパー名家を探るよ
  5. キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密
  6. 軍師・荀攸と曹操の懐刀・荀彧が曹操の公就任に反対していればどうなったの!?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

張郃と顔良強いのは一体どっちだ? 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず 【呉最強説】孫権率いるレッドな政権孫呉軍団の弱点ってあるの? コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教えちゃいます!【ビジネス三国志】 蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち 曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんなの? 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説! 小松帯刀は篤姫に好意を持っていた?真相に迫れ!

おすすめ記事

  1. 小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは?
  2. 三国志に学ぶ国家絶滅危機:もし日本(国家)がなくなったら、日本人はどうなるの?
  3. 【曹魏クロニクル】220年~239年までの魏の歴史を紹介
  4. 董卓が漢王朝を支配しなかったら三国志はどうなっていたの?
  5. 老子っていつ生まれて何をしていた人なの?
  6. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  7. なぜ孫権は暴君と化してしまったのか?
  8. 【転職三国志】狙うなら一国一城の主編

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP