広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての呉

三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家

この記事の所要時間: 250




 

魏、呉、蜀が互いに帝位を称して争ったのが三国志です。

そこには魏には魏の、呉には呉の、蜀には蜀の大義名分あったことでしょう。

それぞれの国の臣が個性を活かし、己の信念をぶつけて国の発展に寄与しました。

しかし誰もがこの三国並立の時代を望んでいたわけではありません。

多くの人々が無駄な流血に嫌気がさし、争いのない平和な生活を願望していました。

つまり三国並立よりも天下統一を求めていたのです。

 

 

今回はそんな人々の象徴である呉の張昭(ちょうしょう)に迫りたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見?




孫権に師傅の礼で遇される

 

呉の創業者たる孫策は、かつて張昭を迎え入れるときに、

わざわざ張昭の母親のもとに挨拶に訪れたといいます。

そして軍事・政治の一切を張昭にゆだねたのです。

そして自らの死に臨んで、弟である孫権の後見になるよういい残しました。

孫権が適任でなかったら張昭がそれにとって代わるようにも指示しています。

孫策の絶大な信頼を得ていた張昭は、孫権に帝王学を学ばせるため叱咤激励を繰り返しました。

張昭は孫権を立派なリーダーに育てるべく妥協せずに改善点を指摘し続けたのです。

もちろん孫権も腹を立てることもありましたが、

張昭の言い分はいつも正論であり、孫権はなかなか言い返せません。

まさに師と弟子のような関係性とも見て取れます。




超頑固者の張昭

 

とはいっても孫権は主君です。

普通はそこまで意地になって諫言したりしないだろうということも、張昭は妥協をしません。

特に北方の公孫淵が呉に臣従したいと交渉にきたときには孫権と張昭は感情的にぶつかり合います。

主君の考えを聞いても一歩も退かない張昭に孫権は怒りが爆発。

対して張昭は涙ながらにあくまでも孫権のために忠告しているのだと答えました。

結局、孫権は自分の考えを押し通すのですが、すると今度は張昭が怒って参内しなくなりました。

孫権は立腹し、張昭の屋敷の門を土でふさぎました。

それに対し、張昭も内側から土を盛ってふさいだのです。

怒り心頭の孫権は屋敷に火を放ちます。それでも張昭は頑として家から出ませんでした。

最終的には張昭の息子たちが張昭を救い、孫権も自らの不明を詫びて一件落着します。

張昭の強情さはまさに三国志登場人物一でしょう。

 

丞相職の椅子

 

孫権が丞相職を設けたとき、臣下はみな張昭を推しました。

しかし丞相になったのは孫卲(そんしょう)でした。

その孫卲が亡くなった後、またも臣下は丞相に張昭を推しましたが、

孫権は別の人物・顧雍を丞相に任じました。

孫権が言うには、張昭は強情すぎるため、

意見が通らなかったら大きなトラブルが起こることが予想されるから丞相にはしないとのことでした。

しかし、その理由は別にあったというのが通説です。

それは西暦208年ごろの出来事に由来しています。

 

降伏派筆頭の張昭

 

西暦208年は孫権にとって未曽有の危機を迎えた年になります。

曹操の大軍が荊州を占領し、孫権の領土目指して進軍してきたのです。

あまりの大軍相手でしたから臣下の意見も大きく分かれました。

周瑜や魯粛をはじめとする徹底抗戦派と張昭を筆頭とする降伏派です。

みなさんがご存知の通り周瑜の意見が孫権に受け入れられ、

赤壁の戦いとなるわけですが、このとき周瑜や魯粛に反論したのが張昭でした。

孫権はそれをずっと引きずっていたというわけです。

孫権が帝位についたとき、

「もし張昭の意見を聞いていたら今頃はわしは飯を恵んでもらっている立場だっただろう」

と公衆の面前で張昭を皮肉ったそうです。

張昭は官位と所領を返上しました。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

赤壁の戦いの際のやり取りを見て、張昭を腰抜けと判断される方も多いと思います。

張昭の意見が通っていたとしたら孫権は滅びていましたし、劉備が再興することもなかったでしょう。

曹操は天下を統一していたはずです。

そもそも三国志が成り立たない話になります。

しかし民衆のことを考え、三国間のその後の不毛な戦の連続を見ていると、

それが一番平和的な解決であり、多くの命を救う政治的な決断だったと思います。

張昭はそんな平和を願う人々の象徴だったのです。

張昭の志は一段も二段も高いところにあったのかもしれません。

 

みなさんはどうお考えですか。

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?

関連記事:ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた…
  2. 領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見?
  3. 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人?
  4. 三国志テストにチャレンジ!!TOSIC990点を目指せ!!
  5. 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの?
  6. 【第10回 幻想少女】天敵・趙雲攻略が見えた。エース貂蝉の活躍(…
  7. 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?
  8. 官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は戦い続けられた
  2. 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将
  3. 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後に蒙恬(もうてん)一族が滅びる理由とは?
  4. 47話:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破!
  5. 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったWanted
  6. 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介 【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは? 白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち インテリ朶思大王が蜀軍を苦しめる?ワシが南蛮一の軍師ダシ! 54話:劉備、再び曹操に敗れる

おすすめ記事

  1. 韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメーカー韓遂
  2. はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達
  3. 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話
  4. 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは!
  5. 【はじめての君主論】第3話:君主に必要とされる力量とは?光武帝と劉禅の違い
  6. 井伊直虎の許婚はどういう人?おんな城主 直虎をさらに楽しむ!
  7. 金禕(きんい)とはどんな人?漢中防衛戦の陰に隠れたとある事件
  8. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP