キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

村上義清(むらかみよしきよ)とはどんな人?武田家キラーとしてその名を馳せた戦国武将




 

三国志の時代にもキラーと呼ばれる将軍たちがおりました。

キラーとして有名な武将は呉の孫家と戦えば勝ち続けた名将・満寵(まんちょう)が有名でしょう。

日本の戦国時代にも特定の大名家とたたえば必ず勝っていた大名がおりました。

その大名の名を村上義清と言います。

彼は信玄が順調に行っていた信濃攻略を頓挫させ、彼の出鼻を挫いた武将として有名です。

今回はこの武田家キラーとしてその名を馳せた村上義清についてご紹介します。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎




武田家と手を組んで領土を拡大していく

 

義清は北信濃を領有する大名でその勢力は越後にも及ぶほどの勢力を持っておりました。

彼は武田家の当主であった武田信虎と手を組んで信濃で威勢を張っている海野氏(うんのし)を

討伐してその勢力を拡大することに成功します。

その後は勢力を積極的に伸ばすことをせずに北信濃でその勢力を維持しておりました。

こうした状況の中甲斐の武田信虎を追放して新たに武田当主の座についた武田信玄が信濃を

攻略するべく幾度も出兵していることを知ります。




武田信玄を打ち破る

 

義清は信玄が北信濃まで勢力を拡大したことに警戒心を抱き、武田軍を迎撃するために出陣。

彼は信玄と上田原と言われる場所で決戦を行います。

この戦いで村上義清率いる軍勢は大いに奮戦して武田軍の重臣である甘利虎泰(あまりとらやす)

と板垣信方(いたがきのぶかた)を討ち取る大勝利を収めます。

こうして武田軍を追い払うことに成功した義清の武名は信濃全域に轟くことになります。

 

信玄のリベンジマッチも大勝利で飾る

 

信玄は義清に敗北した二年後に再び大軍をひきいて出陣して、

村上義清にリベンジマッチを行っております。

義清は信玄が再び北信濃へ侵攻してきたことを知って再び軍勢を自ら率いて、

砥石城(といしじょう)へ篭城して信玄率いる武田軍を待ち構えます。

この時の戦いでも信玄は村上義清に敗北。

この時の戦いで信玄は重臣である横田高松(よこたたかとし)という武将が討ち取られてしまいます。

こうして信玄は二度も村上義清に敗北し、義清は信玄に二度も大勝利を収めたことで、

信濃の豪族からの信頼を勝ち取り、他国にまで彼の名前は轟くことになります。

しかし信玄は負けて諦めるような人ではありませんでした。

 

謀略戦で負けて領地を追い出される

 

義清はこうして信玄に二度も大勝利を重ねたことで大いに満足しておりました。

しかし信玄は負けっぱなしではいられないと誓い、

武田家に新しく加わった真田幸隆(さなだゆきたか)に

砥石城や北信濃の諸豪族を村上氏から離反させるようにとの命令を伝えます。

この命令を受け取った幸隆は砥石城に居る武将を調略して武田家へ味方につけることに成功。

また村上氏に従っていた有力な北信濃の豪族達も調略で武田家へ仲間に引き入れます。

こうして信玄は謀略によって村上氏の内部をガタガタにした後、軍勢を率いて北信濃へ攻撃を

仕掛けます。

この結果義清は武田軍に抵抗することができずに北信濃を出て行く羽目になってしまいます。

そして彼が頼ったのは越後の上杉家へ逃れていくことになるのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

川中島の戦いが勃発した原因は村上氏から「北信濃へ出陣して我が領土を取り返してくだされ」と

お願いされたことがきっかけで謙信は川中島方面に幾度も出陣することになります。

しかし謙信の助けをもってしても北信濃の元領土を得ることはできずに

義清は一生を終えることになります。

 

参考文献 新紀元社 武田信玄 吉田龍司著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざを作り出した班超って一体…
  2. 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた
  3. 解煩督 呉 【呉最強説】孫権率いるレッドな政権孫呉軍団の弱点ってあるの?
  4. 西洋が好きな霊帝 刑顒(けいぎょう)とはどんな人?三国志時代の曹植家に仕えていた執…
  5. 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな
  6. 【if三国志】劉備がもし孫権と同盟しなかったら三国志はどうなった…
  7. 織田信長の桶狭間の勝利は勘違いで起きた!
  8. 【危険】謀略の天才だった陳平の批判がエグすぎる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 金栗四三 いだてん
  2. ボロボロになった馬超

おすすめ記事

  1. 楽天koboにて『#君主論』の販売を開始しました。
  2. 鳥羽伏見の戦い影の功労者ウィリアム・ウィリス【はじ三ヒストリア】
  3. 袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた理由ってなに?
  4. 郭図(かくと)とはどんな人?出ると負け軍師・袁家滅亡の戦犯
  5. 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴娃にある伝・真田墓に訪れてみた
  6. あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選

三國志雑学

  1. 悪い顔をしている諸葛亮孔明
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 徳川慶喜 幕末
  2. 新選組の土方歳三

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【10/30〜11/5】 三国志をより深く知る 特集noteバナー(有料) 【お知らせ】はじめての三国志が有料記事の単品販売を開始 聶栄(じょうえい)の弟の名を歴史に残すための執念がスゴイ!千里の道をいとわずやってきた聶栄 【呉の艦コレ】賀斉と呂範の軍艦デコレーションが凄い 袁家をイジメる董卓 【三国志とお金】まともな銭は何処に?消えた良貨の行きつく先 【冷気骨に徹る】秋風五丈原、そんなに寒かったの? 橋本左内の壮絶な人生を年表で解説! 魏の皇帝になった曹丕 109話:曹丕が献帝を廃し魏を建国

おすすめ記事

  1. 佐久間象山は狂人吉田松陰をどう評価した
  2. 游殷(ゆういん)が的中させた人物評価が凄かった!ズバリ言うわよ!YOUは長官になる器だ!
  3. 華夷秩序に砕けた山越はむしろ漢族の被害者?
  4. 戦国大名が抱えていた忍者集団を紹介
  5. これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだった!
  6. 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの?
  7. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第39話「虎松の野望」を振り返ろう
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【11/20〜11/26】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP