三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

村上義清(むらかみよしきよ)とはどんな人?武田家キラーとしてその名を馳せた戦国武将

合肥の戦いの満寵




 

三国志の時代にもキラーと呼ばれる将軍たちがおりました。

キラーとして有名な武将は呉の孫家と戦えば勝ち続けた名将・満寵(まんちょう)が有名でしょう。

日本の戦国時代にも特定の大名家とたたえば必ず勝っていた大名がおりました。

その大名の名を村上義清と言います。

彼は信玄が順調に行っていた信濃攻略を頓挫させ、彼の出鼻を挫いた武将として有名です。

今回はこの武田家キラーとしてその名を馳せた村上義清についてご紹介します。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎




武田家と手を組んで領土を拡大していく

 

義清は北信濃を領有する大名でその勢力は越後にも及ぶほどの勢力を持っておりました。

彼は武田家の当主であった武田信虎と手を組んで信濃で威勢を張っている海野氏(うんのし)を

討伐してその勢力を拡大することに成功します。

その後は勢力を積極的に伸ばすことをせずに北信濃でその勢力を維持しておりました。

こうした状況の中甲斐の武田信虎を追放して新たに武田当主の座についた武田信玄が信濃を

攻略するべく幾度も出兵していることを知ります。




武田信玄を打ち破る

 

義清は信玄が北信濃まで勢力を拡大したことに警戒心を抱き、武田軍を迎撃するために出陣。

彼は信玄と上田原と言われる場所で決戦を行います。

この戦いで村上義清率いる軍勢は大いに奮戦して武田軍の重臣である甘利虎泰(あまりとらやす)

と板垣信方(いたがきのぶかた)を討ち取る大勝利を収めます。

こうして武田軍を追い払うことに成功した義清の武名は信濃全域に轟くことになります。

 

信玄のリベンジマッチも大勝利で飾る

 

信玄は義清に敗北した二年後に再び大軍をひきいて出陣して、

村上義清にリベンジマッチを行っております。

義清は信玄が再び北信濃へ侵攻してきたことを知って再び軍勢を自ら率いて、

砥石城(といしじょう)へ篭城して信玄率いる武田軍を待ち構えます。

この時の戦いでも信玄は村上義清に敗北。

この時の戦いで信玄は重臣である横田高松(よこたたかとし)という武将が討ち取られてしまいます。

こうして信玄は二度も村上義清に敗北し、義清は信玄に二度も大勝利を収めたことで、

信濃の豪族からの信頼を勝ち取り、他国にまで彼の名前は轟くことになります。

しかし信玄は負けて諦めるような人ではありませんでした。

 

謀略戦で負けて領地を追い出される

 

義清はこうして信玄に二度も大勝利を重ねたことで大いに満足しておりました。

しかし信玄は負けっぱなしではいられないと誓い、

武田家に新しく加わった真田幸隆(さなだゆきたか)に

砥石城や北信濃の諸豪族を村上氏から離反させるようにとの命令を伝えます。

この命令を受け取った幸隆は砥石城に居る武将を調略して武田家へ味方につけることに成功。

また村上氏に従っていた有力な北信濃の豪族達も調略で武田家へ仲間に引き入れます。

こうして信玄は謀略によって村上氏の内部をガタガタにした後、軍勢を率いて北信濃へ攻撃を

仕掛けます。

この結果義清は武田軍に抵抗することができずに北信濃を出て行く羽目になってしまいます。

そして彼が頼ったのは越後の上杉家へ逃れていくことになるのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

川中島の戦いが勃発した原因は村上氏から「北信濃へ出陣して我が領土を取り返してくだされ」と

お願いされたことがきっかけで謙信は川中島方面に幾度も出陣することになります。

しかし謙信の助けをもってしても北信濃の元領土を得ることはできずに

義清は一生を終えることになります。

 

参考文献 新紀元社 武田信玄 吉田龍司著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬…
  2. セミナリオ(教会) 明智光秀はキリスト教嫌いだった?南蛮文化が流行していた織田家の関…
  3. 涼州兵も思わずニッコリ?曹操はユーモアに溢れていた
  4. 「自治三訣」って一体どんな言葉?東京都知事の所信表明に出てきた言…
  5. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀の出世の糸口「本圀寺の変」って何?
  6. 武田信玄はどんな人柄だったのか?
  7. 杜襲(としゅう)とはどんな人?住民と団結して劉表軍と戦った県長
  8. 騎馬兵にあこがれる歩兵 三国志の時代に活躍した兵士の逸話

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 本多忠勝
  2. 張飛のヨメ
  3. 法正と劉備
  4. 曹操と機密保持
  5. 玉乗りをしている阿部正弘
  6. 周瑜と孫策

おすすめ記事

  1. 蒼天航路のスタンスは三国志演義と同じ!? 三国志ライター よかミカンさん
  2. 服部半蔵の死因とは?実際は忍者ではない服部正成の死因に迫る 服部半蔵
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース43記事【3/13〜3/19】
  4. 西郷隆盛の征韓論とはどんなもの? 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  5. 剣と刀ってどう違うの?【いまさら聞けない三国志の大疑問】 陸遜 剣と刀
  6. 【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

三國志雑学

  1. 劉備と孫権
  2. 曹植は軟弱ではなかった曹植
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 親バカな諸葛孔明
  2. 李広利
  3. 過労死する諸葛孔明

おすすめ記事

はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志に興味を持ったきっかけ 【002】 【武帝の欲望】あの馬が欲しい!汗血馬を手に入れる為に・・・・ 【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュールサービス開始 野望が膨らむ鍾会 鍾会の蜀討伐案と羊祜の呉討伐案の違いってなに? 岩瀬忠震 【岩瀬忠震の外交交渉】ハリスと日米修好通商条約の交渉人 【キングダム554話】「壁軍の攻防」ネタバレ&レビュー 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明 孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも使える春秋戦国時代の名言 キングダム 518話 ネタバレ予想:王翦の秘策がついに明らかに・・

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP