編集長日記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介

この記事の所要時間: 223




 

おんな城主井伊直虎(いいなおとら)。

第6話は波乱と言えるような事件は起きることなく、

一応平和にエンディングロールを迎えることができました。

さて今回は色々と波乱が起きてもおかしくないような気がするのですがどうでしょうか。

今回もおんな城主・井伊直虎の第7話の見所をご紹介していきたいと思います。

 

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介




第7話見所その1:今川の検地がやってくるかもしれない・・・・

 

さて今回も出だしからじじ様こと井伊直平(いいなおひら)が激怒して、

会議の席から出ていくことになります。

じじ様は何に激怒していたのでしょうか。

それは今川家から検地行いにやってくるということで激怒していたのです。

さて検地とは一体何なのでしょうか。

次郎法師の先輩僧侶いわく「寺には検地が行われないが、

田畑の広さや村人の人数などを書いた物を出すことになっているのです。

現在で言うところの課税台帳のようなものと理解して頂ければよろしゅうござる」と

述べておりました。

さてこの検地が行われることになぜじじ様は激怒していたのか。

それはじじ様が治めている土地には隠し里が有るそうです。

もしこの隠し里が今川家の検地によってバレてしまうと

税をいっぱい課税される可能性があるからです。

またじじ様はこの隠し村には熱い思いを秘めていたのです。

この大事な隠し村を暴かれる可能性があるため今日も激怒していたのです。

さてさてこの隠し里はどうなるのでしょうか。




第7話の見所その2:東奔西走する直親

 

亀之丞(かめのじょう)こと井伊直親(いいなおちか)はじじ様の隠し里の存在を知ると

井伊谷に帰参した自らのせいで今川の検地を迎えることになったことに責任を感じ、

隠し村を今川の検地役人から隠し通す決意を井伊直盛へ伝えます。

そして彼は次郎法師の友達である瀬名姫(せなひめ)に

井伊谷へ来る今川の役人の弱点などを聞いておいて欲しいとお願いします。

次郎法師は元許嫁のお願いを断ることができずに了承し瀬名へ手紙を書きます。

そして直親は次郎法師へお願いし終わると翌日からじじ様の領地へ行き、

今川の役人から隠し里の存在を隠し通すための工作活動に精を出すことになるのです。

直親はこうして東奔西走することによって今川の役人から、

隠し里を隠し通すことができるるのでしょうか。

 

第7話の見所その3:鶴の判断に全てを賭ける

 

直親はやることを全てやると次郎法師へ「俺は最後は鶴の判断にかけてみようと思うが、

どうであろうか。やっぱり甘いかのう」と尋ねます。

すると次郎法師は「いや。鶴も協力してくれると思う」と述べて直親を勇気づけます。

直親はその晩小野正次(おのまさつぐ)ことお鶴の屋敷へ参上。

そして彼は正次へじじ様の領地である川名の検地台帳を差し出します。

正次はパラパラと拝見するとすぐに隠し里の部分を指摘。

直親は別紙に用意していた隠し村の台帳を出すと正次へ

「もしお前が一肌脱いでくれるのであれば、この台帳は燃やしてくれないか。

しかし今川の目付という小野の立場もあるゆえ苦しいと思う。

そこで今川家へ川名の隠し里のことを正直に伝えるのであればこれも一緒に出してくれ。

俺はお前の判断に従うゆえ」と述べて分かれます。

隠し里が守れるか否かは全て正次のさじ加減にかかってくることになります。

この続きが気になる方はぜひ本編をご覧下さい

 

大河ウォッチャー黒田レンの独り言

 

さて6話はあまり事件らしい事件が起きることなく平穏無事に終わりましたが、

二週連続で終わることはさすがにありませんでしたね。

今回は今川の役人が来て井伊家の検地を行うことになるのですが、

じじ様の隠し里はどうなるのか。

そして検地は一体どのような結末を迎えることになるのでしょうか。

気になる方はぜひご覧くださいませ。

 

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価…
  2. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  3. 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達
  4. 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだ…
  5. ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だ…
  6. 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう)
  7. 背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行…
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇の先祖
  2. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  3. 中国史における農民反乱についての考察
  4. 【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想!
  5. どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】
  6. 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!? 【三国志群雄列伝】3分でわかる:三国志の群雄達の名言 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】 ええっ?曹操は歴史の先生として宮廷で採用されていた!? 決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選 102話:成長した張飛、計略で張郃を撃ち破る 張松(ちょうしょう)の裏切りがなければ劉備の蜀制圧は不可能だった?

おすすめ記事

  1. 悲しみの巨人、兀突骨(ごつとつこつ)は実在してた?
  2. 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴
  3. 【角栄ブームを斬る】田中角栄の裏の顔!原発利権で国土を汚したダーティーな男
  4. 蜀の名将として名高い黄権も曹丕によるパワハラを受けていた!
  5. 93話:名将 張任、遂に堕ちる
  6. 意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介
  7. 【軍師連盟】司馬懿は何で身分の低い鄧艾を重用したの?
  8. 【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP