キングダム




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介

この記事の所要時間: 223




 

おんな城主井伊直虎(いいなおとら)。

第6話は波乱と言えるような事件は起きることなく、

一応平和にエンディングロールを迎えることができました。

さて今回は色々と波乱が起きてもおかしくないような気がするのですがどうでしょうか。

今回もおんな城主・井伊直虎の第7話の見所をご紹介していきたいと思います。

 

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介




第7話見所その1:今川の検地がやってくるかもしれない・・・・

 

さて今回も出だしからじじ様こと井伊直平(いいなおひら)が激怒して、

会議の席から出ていくことになります。

じじ様は何に激怒していたのでしょうか。

それは今川家から検地行いにやってくるということで激怒していたのです。

さて検地とは一体何なのでしょうか。

次郎法師の先輩僧侶いわく「寺には検地が行われないが、

田畑の広さや村人の人数などを書いた物を出すことになっているのです。

現在で言うところの課税台帳のようなものと理解して頂ければよろしゅうござる」と

述べておりました。

さてこの検地が行われることになぜじじ様は激怒していたのか。

それはじじ様が治めている土地には隠し里が有るそうです。

もしこの隠し里が今川家の検地によってバレてしまうと

税をいっぱい課税される可能性があるからです。

またじじ様はこの隠し村には熱い思いを秘めていたのです。

この大事な隠し村を暴かれる可能性があるため今日も激怒していたのです。

さてさてこの隠し里はどうなるのでしょうか。




第7話の見所その2:東奔西走する直親

 

亀之丞(かめのじょう)こと井伊直親(いいなおちか)はじじ様の隠し里の存在を知ると

井伊谷に帰参した自らのせいで今川の検地を迎えることになったことに責任を感じ、

隠し村を今川の検地役人から隠し通す決意を井伊直盛へ伝えます。

そして彼は次郎法師の友達である瀬名姫(せなひめ)に

井伊谷へ来る今川の役人の弱点などを聞いておいて欲しいとお願いします。

次郎法師は元許嫁のお願いを断ることができずに了承し瀬名へ手紙を書きます。

そして直親は次郎法師へお願いし終わると翌日からじじ様の領地へ行き、

今川の役人から隠し里の存在を隠し通すための工作活動に精を出すことになるのです。

直親はこうして東奔西走することによって今川の役人から、

隠し里を隠し通すことができるるのでしょうか。

 

第7話の見所その3:鶴の判断に全てを賭ける

 

直親はやることを全てやると次郎法師へ「俺は最後は鶴の判断にかけてみようと思うが、

どうであろうか。やっぱり甘いかのう」と尋ねます。

すると次郎法師は「いや。鶴も協力してくれると思う」と述べて直親を勇気づけます。

直親はその晩小野正次(おのまさつぐ)ことお鶴の屋敷へ参上。

そして彼は正次へじじ様の領地である川名の検地台帳を差し出します。

正次はパラパラと拝見するとすぐに隠し里の部分を指摘。

直親は別紙に用意していた隠し村の台帳を出すと正次へ

「もしお前が一肌脱いでくれるのであれば、この台帳は燃やしてくれないか。

しかし今川の目付という小野の立場もあるゆえ苦しいと思う。

そこで今川家へ川名の隠し里のことを正直に伝えるのであればこれも一緒に出してくれ。

俺はお前の判断に従うゆえ」と述べて分かれます。

隠し里が守れるか否かは全て正次のさじ加減にかかってくることになります。

この続きが気になる方はぜひ本編をご覧下さい

 

大河ウォッチャー黒田レンの独り言

 

さて6話はあまり事件らしい事件が起きることなく平穏無事に終わりましたが、

二週連続で終わることはさすがにありませんでしたね。

今回は今川の役人が来て井伊家の検地を行うことになるのですが、

じじ様の隠し里はどうなるのか。

そして検地は一体どのような結末を迎えることになるのでしょうか。

気になる方はぜひご覧くださいませ。

 

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国志の時代にダムがあった!蜀が豊かであったのはダムのおかげ
  2. 張遼の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行
  3. 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴
  4. 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの?
  5. アゴと信長にあだ名を付けられた柴田勝家の秀吉包囲網がスッゲー
  6. 鄒忌(すうき)とはどんな人?ある楽器の腕前で宰相まで成り上がった…
  7. 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦
  8. 軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できた…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 賊徒から三国志の英雄に出世した武将がこんなにいる!
  2. 【キングダム】呂不韋の一字千金とはどんな名言なの?
  3. 『論語』に見える親孝行のすすめとは?
  4. 黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?
  5. あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選
  6. 三国志学会公認:横浜関帝廟ツアー

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

袁紹が得意とした坑道戦とは? 【はじめての君主論】電子書籍出版のお知らせ 新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武霊王 どうして張飛は士大夫に卑屈なの? 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ 范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と復讐を忘れなかった苦労人

おすすめ記事

  1. 【はじめての君主論】第1話:君主論ってなに?曹操とkawausoが解説するよ
  2. 幾島vs本寿院勝敗を決めたのは徳川斉昭のスケベだった
  3. 曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】
  4. 魏はどのように興り、どのように滅んでいったのか
  5. 【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人?
  6. 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇った魏の夢占い師
  7. 劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞
  8. 集まれ曹操の25人の息子たち・その1

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP