キングダム
黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての変

もし姜維が魏に残り続けていたら蜀はどうなった?魏では出世できた?

この記事の所要時間: 23




 

もし、この武将がこの君主に仕えていたらどうなったのか。想像は膨らみます。

今回は三国志の後半時期に活躍した蜀の姜維(きょうい)にスポットを当てていきたいと思います。

姜維はもともと魏に仕えていました。それが敵対する蜀に降伏し、

蜀の大将として活躍していくことになります。

敵国から降ったものをここまで出世させるというのは稀なことです。

もと仕えていた国が滅んでいるのであれば話は別なのですが、

姜維が仕えていた魏は大国としてずっと蜀に立ちはだかっています。

実に不思議な話でもあります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

前回記事:姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【前半】




日本の戦国武将で例えると

 

豊臣秀吉と徳川家康が争っていた時期があります。

実際に「小牧・長久手の戦い」では両者が激突しています。

結果は一応、痛み引き分けの形で収まっています。

両陣営で相手方に寝返ったものでいくと、徳川家康の重臣・石川数正がいます。

豊臣秀吉のもとでは信濃10万石の大名となりましたが、

石川数正は徳川家康にとって幼き頃からともに育った兄弟のような存在で、

岡崎城代や外交担当など幾多の重責を任されてきています。

10万石など安いものです。

寝返られて徳川家康は軍制を大きく変更せざるをえなくなります。

トップハンティングされたという事実や評判も含めかなりのダメージです。

しかし豊臣秀吉はさほど石川数正を重用していません。

ちなみに石川数正の息子たちは関ヶ原の戦いでまたも寝返り、

徳川方について所領を安堵されていますが、やがて江戸幕府に疑いをかけられ潰されました。

どんなに才能と名声も持つものでも寝返ったものはそこまで出世できないという例です。

それを考えると蜀の大将軍にまで成り上がった姜維は凄いですね。異例の出世です。




姜維の素性

 

姜維の家柄は、「天水の四姓」と呼ばれるほどの豪族です。

呉でいえば、陸遜(りくそん)の陸氏や顧雍の顧氏のような存在です。

充分に出世が見込める家柄なのです。

しかも姜維の父親が名誉の戦死を遂げており、姜維は若くして中郎として天水郡の軍務に参加します。

ローカル地方ではあるものの、ある意味エリート街道といっていいのではないでしょうか。

魏の西方の領土である雍州・涼州は異民族の脅威にさらされていましたが、

張既が長い期間上手く治めていました。やがて郭淮や陳泰に引き継がれていきます。

二人は蜀の北伐に対してよく対応しています。

姜維の立場はこの郭淮の配下のそのまた配下のようなものです。

 

西方での出世のチャンス

 

さらに出世するためには姜維は武功をあげる必要があります。

それは蜀の北伐を防ぐことであり、異民族を慰撫することです。

蜀の北伐は諸葛亮孔明が指揮をとっており、対抗策として魏は司馬懿を送り出しています。

司馬懿は基本的に持久戦を望んでいますから、

姜維が蜀との交戦で成果をあげるのは難しかったのではないでしょうか。

諸葛亮孔明が亡くなった後は蒋琬費禕が遺志を継ぎますが、

彼らの力で北伐を成功させるのは無理な話です。

もしかしたら蜀の地形を利用し守りにはいったかもしれません。

そうなると姜維の出世のチャンスはさらに遠のきます。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

そこまで先を読んでいて姜維は蜀に降ったのかもしれません。

蜀は慢性的な人材不足でしたから、出世する隙はいくらでもあったのです。

しかも北伐し、武功をあげる機会もあります。

そこが諸葛亮孔明の姜維寝返りの落としどころだったかもしれません。出世を餌に引き抜いたのです。

並々ならぬ出世欲が姜維にはあったのではないでしょうか。

結論、姜維が魏に残っていたらさほど出世はできなかった。

さらに蜀は守りに徹して国力を高め崩しにくくなっていたため、

蜀の滅亡はさらに先の話になったかもしれない。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?

関連記事:蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【8/8〜8/14…
  3. え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の…
  4. 【ネオ三国志】第5話:兗州騒乱の終結と天子の擁立【蒼天航路】
  5. 公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧…
  6. 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説
  7. 三國無双では女性が戦闘しているが本当に史実でも戦っていたの?
  8. 陸遜の妻は誰?妻はなんと大喬との間の子供だった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 蜀滅亡後、安楽公として余生を楽しんだ劉禅の最期と心情
  2. 三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選
  3. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4
  4. ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/4〜7/10】
  6. 董卓が漢王朝を支配しなかったら三国志はどうなっていたの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【前半】 羊祜(ようこ)ってどんな人?皆に慕われた名将 月刊はじめての三国志2017年9月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 荀況(じゅんきょう)とはどんな人?始皇帝の法治国家の形成や李斯・韓非の先生 諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思わずホッコリ笑顔になれる!【誡子書】 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀彧の遠孫

おすすめ記事

  1. 56話:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事?
  2. 【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選
  3. 周舒(しゅうじょ)とはどんな人?預言書に記されていた「漢に代わる者は当塗高」の見解を示した蜀の学者達
  4. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】
  5. 井伊直虎の許婚はどういう人?おんな城主 直虎をさらに楽しむ!
  6. 【徹底追及】劉備はどうしてあんないい加減な性格なのか?
  7. 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将
  8. 【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP