キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

姜維は忠臣なのか、それとも愚将か?

この記事の所要時間: 359

姜維

 

第一回好きな武将ランキングで、

見事曹操と並んで2位を獲得した武将、姜維(きょうい)

 

諸葛亮亡き後、その後継者として最後まで戦った悲劇の武将として評価され、

また近年ではゲーム『三國無双』でイケメンキャラとしてのイメージもあり、根強い人気を誇ります。

 

しかし『三国志演義』で活躍するイメージとは違い、史書『三国志』では辛口の評価をされている姜維。

彼の持つこの二面性は一体何が原因なのでしょうか?

 

魏から蜀に投降

孔明と姜維

 

姜維は元々は魏の武将でした。

西暦228年、孔明による第一次北伐の際には、姜維は魏の太守である馬遵の配下として偵察に赴きました。

 

しかし、姜維が裏切るのではないかと疑心暗鬼に陥った馬遵は姜維を捨てて逃亡。

追ってきた彼を城に入れることを拒んでしまいます。

 

行き場を失った姜維はやむなく蜀軍に投降。

しかし、孔明にその才能を見出され、蜀に帰順して北伐に従軍するようになります。

 

孔明の死後、軍の中枢として諸軍を統率するようになった姜維。

西方異民族の反乱を制するなど、功績をあげます。

 

魏の武将であった夏侯覇司馬懿が起こしたクーデターを受けて蜀に亡命してくると、

姜維はこれを好機と考え、孔明の死後中断している北伐の再開を志しました。

 

孔明の遺志をついで北伐を志す

孔明過労死

 

しかし、姜維の志を諌めるものがいました。それは蜀の政権を把握する人物、費禕(ひい)でした。

 

「丞相(孔明)ですら成し得なかった北伐をどうして我々ができるものか。今は国力の増強に努め、機会を待とうではないか」

費禕は姜維に一万以上の兵を与えることなく、姜維は北伐を一時諦めざるをえませんでした。

 

しかし、姜維を諌めた費禕はその後殺害されてしまいます。

費禕亡き後、蜀の軍権を掌握した姜維は周囲の反対を押し切り、北伐を再開させてしまいます。

 

初めこそ戦功を上げ、大将軍にまで昇進する姜維でしたが、魏の鄧艾との戦いで大敗して以降。劣勢を強いられます。

国内では姜維の北伐への批判が高まり、姜維はやむなく北伐を中断して漢中の守備を固めることになります。

 

関連記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

関連記事:諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!

関連記事:魏や呉にもいた諸葛一族の話

 

蜀の滅亡後も反乱を起こそうとする

孔明 司馬懿 役職

 

蜀の宮中では劉禅が宦官の黄皓を重用、黄皓が政治の実権を握ってしまいます。

魏の侵攻を察知した姜維は増援を要請しますが、黄皓によって要請は握りつぶされてしまいます。

 

劣勢を強いられる中、姜維は善戦して魏の鐘会を一時は撤退を考えさせるところまで追い詰めます。

 

しかし、魏の鄧艾は姜維の守備を回避し、後方である蜀の都成都を急襲。

劉禅があっけなく魏に降伏したために、姜維もまた魏に降伏せざるを得ませんでした。

 

その後、姜維は野心家であった鐘会を利用して魏に対し反乱を起こそうと企みますが、鐘会の配下の将軍によって殺されてしまいました。

 

 

なぜ、姜維の北伐は支持されなかったか?

秦 王騎

 

孔明の後を継いで北伐を志した姜維でしたが、彼を批判する声は後を絶ちませんでした。

孔明の北伐で国力が疲弊していたのもその大きな原因でしたが、姜維が支持を得られなかった最大の理由は、彼が西方である涼州の出身であったからです。

 

もともと涼州の豪族であり、更には魏に仕えていた姜維は、蜀の宮中に合っては少数派閥に過ぎません。

蔣琬や費禕といった有力な文官が彼の手綱を握ってコントロールしているうちは良かったのですが、その後ろ盾を無くしてしまうと孤立化を免れなかったわけです。

 

また、姜維は軍事を志向し、内政を顧みなかったことも、彼の立場を弱くする大きな原因だったと言えるでしょう。

彼が後方にあって内政に力を入れていれば、あるいは黄皓の専横を招くことも避けられたのかもしれません。

 

 

孔明の後継者として描かれた『演義』の姜維

孔明と姜維

 

三国志演義』は劉備玄徳を漢の正統な後継者とし、彼とその軍師である諸葛孔明を主人公として描かれた物語です。

その主人公のひとりである孔明に重用されたことから、姜維もまた『演義』において厚遇されることになります。

 

『演義』では、姜維は武将としての才覚を派手に描かれる一方、内政を顧みず無謀な一面は描写されていません。

姜維が蜀の功臣として描かれることが多いのも、『演義』の影響にほかなりません。

 

 

忠犬姜維?

コタさん曹操噛み

姜維はもともと魏の将軍でした。

 

しかし、彼は自分の上司に裏切られ、魏に帰投することも叶わず、やむなく蜀へと降っています。

自らの野心のために望んで蜀に降ったわけではありません。

 

これは勝手な妄想に過ぎないかもしれませんが、姜維は、ある意味で『忠犬』のような人物だったのかもしれません。

 

犬は自分の意志で飼い主を選ぶことはできません。

しかし彼らは例え主人がどのような人間であろうと、その人に捨てられない限りはその忠誠を貫きます。

 

姜維もまた、そんな人だったのかもしれません。

本来の主人であった魏に捨てられ、その後孔明に見出された姜維。

 

彼の北伐は、自分を捨てた元の主人である魏への恨みと、自分を拾ってくれた孔明への、終生変わらない忠誠心の表れだったのかもしれません。

 

関連記事:馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ

関連記事:蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

 

 

 

耳で聞いて覚える三國志

 

よく読まれている記事

魏延

 

よく読まれている記事:魏延(ぎえん)ってどんな人?|裏切り者?それとも忠義の士?

 

劉禅0

 

よく読まれてる記事:実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

 

 

劉禅 韓非子

 

よく読まれてる記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

 

この記事を書いた人:石川克世

石川克世 三国志

ライター:

石川克世

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

好きな映画:

未来世紀ブラジル

パンズラビリンス

タルコフスキーのストーカー

座右の銘:

・事象に惑わされるな。ここがお前の現実だ(押井守)

・私に3分、時間をください(鈴木健二)

・これでいいのだ(バカボンのパパ)

 

関連記事

  1. 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯
  2. 太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?…
  3. 合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!?
  4. 9話:張角が太平道信者を増やした方法
  5. 勝負下着の参考に!三国時代の下着ってどんなのだったの?
  6. 【はじ三の企画ができるまで〜制作の裏側少しだけ公開】
  7. 三国志タクティクスデルタとはどんなアプリゲーム?
  8. 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!
  2. どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの?
  3. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  4. 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた!
  5. 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】
  6. 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由 【ネタバレ注意】キングダム547話「矛の嘆き」ネタバレ&レビュー テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す! 漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!! 軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できたの? 【キングダム予想】龐煖久しぶりの登場はレクイエムの序章? 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【後半】

おすすめ記事

  1. 山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界
  2. キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密
  3. 『軍勢RPG 蒼の三国志』が、サービス4周年を記念し「12大キャンペーン」を実施。「四周年記念武将」も登場
  4. 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ!
  5. 天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの?
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第23話「盗賊は二度仏を盗む」の見どころ紹介
  7. 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた?
  8. キングダムのラスボスは昌平君でも李牧でもなくあの人だ!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP