架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

この記事の所要時間: 245

陸遜

 

陸遜(りくそん)いえば、呂蒙(りょもう)の跡を継いで荊州攻略や夷陵の戦いで活躍した重臣です。

三国志演義でも活躍しているのでファンも多いと思います。

 

そんな陸遜、荊州攻略以前はどんな人生だったのでしょう?

今回はその点にスポットを当てようと思います。

 

 

陸氏は名家だった

陸遜

 

陸氏は揚洲呉郡(現在の蘇州市)でも「四姓」と呼ばれるほどの名家でした。

陸遜(230年頃までは議という名でした)の父は傍系の出で優秀な人物と評判でしたが、陸遜が幼い時分に亡くなります。

 

陸康(りくこう)は袁術と対立

袁術 伝説 ゆるキャラ

 

その後は本家筋の蘆江(現在の合肥市)太守・陸康の元に身を寄せ育ちますが、陸康は袁術と対立し、当時袁術の元にいた孫策(そんさく)に攻められます。

陸康はじめ陸氏が立てこもる舒は2年間包囲され陥落。

陸康はその後すぐに病で亡くなりました。

 

関連記事:陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将

 

孫策の攻撃が本格化する前に陸遜は脱出

孫策

 

孫策からの攻撃が本格化する前に陸遜は一族共に蘆江を脱出。

本家筋に近い年長者として、呉郡に戻り離散した陸氏一族を束ねる立場になりました。

 

とはいうものの、陸康の没年から考えて当時はまだ13歳くらい。

孫策の包囲網で一族は大勢亡くなっており、相当苦労した事は想像に難くありません。

 

陸遜が孫家と配下になったのはいつ頃?

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

呉郡はその後孫策の勢力下に入りますが、陸遜は孫策存命中は旗下に加わっていません。

孫権の代になった203年頃から仕えはじめました。

これは江東を治めるために「四姓」の名声を得たかった孫権からの要請があったためかもしれません。

 

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

関連記事:太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

 

陸遜の功績

陸遜

 

陸遜は東曹・西曹の令史(人材登用部署の実務担当)を勤めたのち、海昌(現在の海寧市)を治める事になります。

民をとても大切にして農業を奨励する統治を行ったと伝わっています。

 

また孫権軍の慢性兵力不足解消(中原に比べ江東は今でいう過疎地域でした)を目的に、

会稽郡や鄱陽郡での山越の反乱を平定し、2000人以上の兵士を自軍に組み込みました。

 

この功績から定威校尉(二千石程度の高級武官)に出世します。

ちなみに山越とは越国(現在の浙江省一帯)の末裔の漢民族を指します。

 

 

山越討伐を孫権に進言、そして平定

東方 三国志

 

その後も軍勢強化のための兵士獲得手段として山越討伐を孫権に進言し、丹陽・会稽・鄱陽で討伐と募兵を行い数万人の精兵を得ました。

孫権に対しての反乱も収まり、治安強化にも成果がありました。

 

この頃孫権は孫策の娘を娶らせています。

 

 

陸遜は出生して行き、遂に関羽と戦う

陸遜 関羽

 

こうして陸遜は孫権の中央幕僚へと出世していきます。

呂蒙と共に関羽と戦う頃は36歳。

 

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

関連記事:関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!

関連記事:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに

関連記事:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ

 

陸遜の人柄

陸遜

 

この後は呉の重鎮として活躍していきますが、政治のスタンスとして刑罰よりも礼を重んじたそうです。

 

当時は何事も刑罰を明らかに…という風潮が強かったそうですが、

陸遜は罪を犯した者にも挽回の機会を与える事を奨励していました。

 

人望も人徳もあった人だったそうです。

 

これまでの彼の半生を見るに、相当苦労して世の中の様々なものを見て経験したからこそ、だったのでしょうね。

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

袁術と孫策

 

よく読まれてる記事:孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

 

影の薄い孫権

 

よく読まれてる記事:沢山の人材を発掘した呉の孫権

 

孔明バージョン 三国志 軍師

 

よく読まれてる記事:中国史上、最大の軍師は誰なのか?孔明か?司馬懿か?

 

 

この記事を書いた人:栂みつは

みつは様

HN:

栂みつは

自己紹介:

初めましてこんにちは。栂(つが)みつはと申します。
10代の頃から三国志にハマり、小説や演義では飽き足らず正史を購入。列伝を読みふけってはニヨニヨする残念な青春を送っておりました。

関連記事

  1. 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』
  2. 【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者…
  3. みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく…
  4. 【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの?
  5. 始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサ…
  6. 正史三国志魏書での最強武将TOP3は呂布・張遼・曹仁じゃない?
  7. 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?
  8. 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣
  2. もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた?
  3. 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介
  4. 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任
  5. 8話:社会不安を利用し急速に拡大した太平道、当時の人が宗教に頼った理由とは?
  6. 張緝(ちょうしゅう)とはどんな人?ドケチで自らの権力を誇っていたけど才能はピカイチな張既の息子

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介! 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の生涯 孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも使える春秋戦国時代の名言 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【後半】 三国志の時代に活躍した兵士の逸話 はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」 諸葛亮孔明が残した兵法書はどれなの?便宜十六策の中身を一部紹介 はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達

おすすめ記事

  1. 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?
  2. こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯
  3. 甲斐の虎と越後の龍が行った激戦!川中島の戦いって一体どちらが勝ったの?
  4. ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる
  5. 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話
  6. 武田信玄のおびき寄せに乗った哀れな徳川家康
  7. 劉備と西郷隆盛の共通点って何?
  8. あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP