はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

徳川家康との対決と信長包囲網構築へ

この記事の所要時間: 221




 

三国志最大の領土となった曹操は各国の群雄から敵対視されており、

蜀の劉備、呉の孫権の二大勢力と戦わなくてはなりませんでした。

日本の戦国時代も最大の勢力を築いた織田信長は包囲網を構築されて非常に苦しい状態を

味わうことになります。

武田信玄も信長と同盟をしておりましたが、自らの夢である京都に武田の旗を立てるべく

織田信長包囲網に参加しておりました。

彼は各国の諸大名と連携して信長を苦しめるとともに駿河以西の遠江(とおとうみ)、

三河攻略へ向けて準備を始めます。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎




大規模作戦発動

 

武田信玄は三河・遠江を攻略するため、駿河から帰国後準備を行います。

彼はまず別働隊として武田二十四将のひとりである秋山虎繁(あきやまとらしげ)と一門衆である

下條信氏(しもじょうのぶうじ)に命じて東美濃へ攻撃を命じております。

この命令は織田信長に対して威嚇行動としての意味があり、この作戦は大いに成功します。

また信玄はこの別働隊に三河の北部へ侵攻するように命令を出します。

そして信玄は自ら大軍を率いて甲斐(かい)を出て出撃します。




遠江・三河攻略戦

 

信玄は駿河をすぎて遠江へ進撃。

彼は遠江へ行く道すがら遠江の諸豪族へ調略を行い、味方につけております。

そして調略で味方につけることができなかった豪族を討伐しながら進んでいき、

遠江最大の堅城と言われている高天神城(たかてんじんじょう)へ攻撃を仕掛けます。

しかし信玄率いる武田軍の猛攻を高天神城は弾き返します。

この状況を見た信玄はこのまま高天神城で時間を取られることを嫌って三河へ侵攻を開始。

三河では別働隊の働きによって北部が攻略され、信玄に服従することを誓う諸豪族が多数出現。

この状況で信玄はまだ服従をしていない徳川の側の豪族を討伐しながら三河で暴れまわってから

帰国しております。

こうして信玄は遠江の大半を手に入れることに成功するとともに三河の一部も手中に収め、

また美濃にも支配地を拡大しております。

こうして信長との対決姿勢を明らかにしていく最中、京都にいる足利義昭(あしかがよしあき)から

手紙が届きます。

 

信長包囲網構築

 

将軍である足利義昭は京都へ帰還させた信長と当初は仲良くしていましたが、

信長がだんだんと義昭を無視して政略を進めていくことに腹が立ってきます。

彼は信長にバレないように朝倉家や浅井家、京都近隣の諸大名、宗教団体である本願寺などと

連携して信長を討伐するように誘います。

彼は領土などをほとんどなかったので、

将軍様の威光を見せつけることによって各大名と連携を図っていきます。

この作戦は成功して上記の諸大名や本願寺などと

連携して信長を討伐するための連携作戦を実行していきます。

また信玄の元にも義昭から連絡が来ており、彼も信長討伐の包囲網に加わることに決めます。

こうして信玄と信長包囲網が連携を開始することになるのです。

そしてついに信玄は大軍を率いて西上作戦を行うことになります。

このことを知った信長包囲網の各陣営は大いに喜び、信玄の西上を心待ちにしておりました。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

武田信玄は西上作戦を実施するにあたって宿敵である上杉謙信に対しても

工作を行っております。

もし信玄が西上作戦で甲斐(かい)・信濃(しなの)をガラ空きにしていた場合、

謙信が攻め込んでくる可能性があったからです。

そこで彼は本願寺に協力を要請して

上杉家の所領となっている越中方面に軍を出陣させることようにお願いします。

この結果謙信は信玄が西上作戦を行っている間、

越中方面の一向一揆衆と戦わなくてはならなかったため、

信玄の領土へ攻撃することができませんでした。

信玄は後顧の憂いをなくして万全の状態で西上作戦を行っていたのです。

 

参考文献 信玄の戦略 柴辻俊六著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとさ…
  2. 【占いで見る三国志】曹魏が倒れることが曹叡の時代に予言されていた…
  3. 賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡…
  4. 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱
  5. 孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの…
  6. 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(…
  7. 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人…
  8. 【項羽との恋愛で起こった悲しい運命】虞美人と虞美人草の悲しいお話…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【総集編】2016年一番可愛そうな武将まとめ20選
  2. 武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い
  3. 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加える
  4. 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚
  5. 3話:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?
  6. 【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどんな人だったの?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子孫たち 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/28〜9/4】 諸葛靚(しょかつせい)とはどんな人?父(諸葛誕)の敵である司馬家を恨み、晋に仕えなかった硬骨漢 中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話 韓玄(かんげん)とはどんな人?劉備に降伏した長沙太守 【センゴク】なんで西の覇者・毛利家は織田信長と敵対し続けたの? 【歴史を変えた名言】この名言によって歴史は変わった「断じて行えば鬼神もこれを避く」

おすすめ記事

  1. 【第4回 幻想少女】凌統が外される!?強力なイケメン武将がレギュラー入り!!
  2. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2
  3. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生
  4. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【悲劇編】
  5. 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景
  6. なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している?
  7. 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇
  8. 38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP