三国志平話
本能寺の変特集




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」の見どころ紹介

三国志ライター黒田レン




 

第7話で駿府へ使いに出して瀬名姫から返答をもらった次郎法師(じろうほうし)。

瀬名姫は徳川家康と結婚しており、嫡男である信康(のぶやす)が誕生しており、

第二子をもうけることになったそうです。

さて井伊谷の井伊直親(いいなおちか)と直親の奥さんであるシノは

結婚してから4年の月日が経っているにも関わらず子供をまだ授かっていないようです。

さてさて今回も井伊谷にひと波乱ありそうな気配が漂ってきますね。

今回は第8話赤ちゃんはまだかの見所をご紹介していきたいと思います。

 

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介




第8話の見所その1:ついにしのちゃん激怒

 

直親の奥さんであるシノ。

彼女は直親が龍潭寺(りゅうたんじ)にいる次郎法師のところへ

行く度に嫉妬心を燃やしておりました。

そんな彼女の最近の悩み事は子供ができないことでした。

直親と結婚してからはや4年の歳月が流れ子供ができる予兆はありませんでした。

そこで彼女は直親に精気をつけてもらうべくどじょう汁を作って提供。

KY直親は一言「またどじょう汁かいな」と漏らしてしまいます。

この言葉を聞いたシノは激怒して「私もどじょう汁など毎回毎回作りたくはないです。

しかしこれが一番いいと皆が言っているためしょうがなく作っているのです。」と

激怒してしまいます。

直親はタジタジで「落ち着けシノ」と怒りを静めるようになだめますが、

シノの怒りは収まりませんでした。

また次郎法師もシノが直親や自分に激怒している様子が伝わってきているので、

早く子供授かって欲しいと考え子作りに効用がある薬を求めて

色々と動き始めることになりますが・・・・。




第8話の見所その2:三国の太守となった今川が・・・・

 

井伊谷が直親の子供ができないことに悩んでいる最中、

東海地方最大の勢力となっていた今川家は大きく動いておりました。

今川家は駿河(するが)、遠江(とうとおみ)をすでに手中に収めておりましたが、

ついに徳川家康(現在は松平元康)の本拠地であった三河(みかわ)を押さえる事に成功し、

ついに三国の太守として君臨することになります。

そし織田家が治めている尾張(おわり)へ侵攻するべく準備を着々と整えておりました。

井伊谷にも槍を200本ほど準備するよう今川家の重臣である関口氏(せきぐち)から命令が

下達されることになります。

そして今川家に臣従している井伊家ではもし今川家が織田家へ侵攻することになれば、

直親が出陣すると会議で述べます。

しかし井伊家当主である井伊直盛(いいなおもり)は「直親は大事な跡取りである。

戦では大勝利が決まっていても何が起きるかわからない。

そこでわしが出陣する」と決意を述べます。

こうして直盛が今川家に従って出陣することになるのですが、

これが後に大事件へと発展することになるのです。

 

第8話の見所その3:次郎法師VSシノちゃんの戦い

 

さて次郎法師は駿府(すんぷ)へ行った小野正次(おのまさつぐ)へ

お願いしていたある物を受け取ります。

それは子供ができると噂される唐産の超高い麝香と(じゃこう)と言うものでした。

次郎法師は大切な鼓を売って手に入れた麝香を直親の奥さんであるシノちゃんへ

渡しに行きます。

しかしシノちゃんは次郎法師が買ってきた高い薬である麝香を受け取ろうとしませんでした。

シノちゃんが受け取らない理由は直親の子供が出来て欲しくないと思っている人物が、

次郎法師だと思っていたため、

子供ができないような毒薬を持ってきたのではないのかと疑っていることでした。

次郎法師はこの事をシノちゃんの口から聞くと激怒し

「私が子供のできない薬を持ってきたというのか」と反論。

そしてついに次郎法師はシノちゃんへ「あーまじ頭きたわ。

何様かしらんけどこの事は母と父に申しておくから覚悟しいや」と

言って直親の屋敷を出ていくことに。

この時シノちゃんは「それは堪忍してや。次郎様」と言って次郎法師に組み付きます。

このときに次郎法師はシノちゃんを突き飛ばしてしまいます。

そしてこの現場を噂のKYな彼がこの現場を見てしまうのです。

さてこの続きは本編でご確認ください。

 

大河ウォッチャー黒田レンの独り言

 

さて今回も井伊谷はドタバタ劇が続くことになります。

しかし東海地方全体で見るとかなり大きな動きが始まっており、

今川家が織田家侵攻の準備を続けついに大軍を率いて出陣する時期が、

迫ってきております。

そして戦国時代に起きたあの大事件が近づいて来る事になるのです。

さて今後も目を離すことのできないおんな城主・井伊直虎。

ぜひお時間のあるときにご覧になってはいかがでしょうか。

 

 

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ!…
  2. 許褚と賈詡がいなければ曹操は官渡の戦いで袁紹に敗北してた!
  3. 戦国時代の伊賀・甲賀は明治維新を先取りした先進地域だった!
  4. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認…
  5. 【劉恒に課せられた使命】ボロボロになった漢帝国を立て直せ!!
  6. 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?
  7. 明智光秀と煕子(麒麟がくる) 明智光秀の子孫はどんな人?本能寺の変後の子供から現代の子孫まで紹…
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第38話「井伊を共に去りぬ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 過労死する諸葛孔明
  2. 服部半蔵
  3. yoriburin
  4. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)
  5. 曹操と機密保持
  6. 篤姫

おすすめ記事

  1. 袁準(えんじゅん)とはどんな人?チート宰相・諸葛孔明を高く評価した人物
  2. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました
  3. 霍光(かくこう)とはどんな人?名将・霍去病の弟は違った意味でエキセントリックな人物だった
  4. 大都市西安の碑林博物館をよかミカンが見学したよ 曹丕
  5. 【春秋左氏伝】まるで孫子!曹劌(そうけい)の戦車戦の神采配
  6. 顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯

三國志雑学

  1. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  2. 徐庶
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操に憧れる荀彧
  2. 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

おすすめ記事

月刊はじめての三国志2017年11月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 劉備はなぜ死んでしまったの?その原因を徹底分析 難斗米(なしめ) 【衝撃の事実】邪馬台国の重臣・難升米(なしめ)の子孫が大和朝廷の重臣だった? 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ 孫策に攻撃される黄祖 黄祖(こうそ)とはどんな人?正当防衛なのに孫家に恨まれ続けて殺された人 豊臣秀吉 戦国時代2 【センゴク】浅井・朝倉の滅亡と羽柴秀吉の出世を徹底分析 【キングダム】知ってる?いよいよ楊端和がヤバいらしいよ 時空を超える関羽、琉球の民話に登場

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP