キングダム
黄巾賊




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった?

この記事の所要時間: 347




 

戦国春秋時代後期に出現した各国の貴公子たち。

彼らは多くの食客を抱え、何かあれば彼らに相談して物事を図っていたそうです。

そんな貴公子達を代表的な存在を四君と呼び、斉の孟嘗君(もうしょうくん)、

楚の春申君(しゅんしんくん)、趙の平原君(へいげんくん)、魏の信陵君(しんりょうくん)

各国の間でも人望があり、数々のエピソードを残しております。

今回はこの四君の一人である平原君のエピソードをご紹介しましょう。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




趙の危機

photo credit: Zweiweit via photopin (license)

 

趙は秦の攻撃を弾き返すほどの力を保有していませんでした。

そのため秦軍に国都である邯鄲を包囲されてしまいます。

その原因は長平の戦いでの大敗北でした。

趙はこの時の痛手を回復することができず、その結果、

秦の攻撃を打ち払うことができずに邯鄲まで攻め込まれてしまいます。

趙王はどうすれば秦軍を打ち払うことができるか家臣に相談しますが、

誰も妙案を持っていませんでした。

そこで趙王は趙の貴公子で戦国四君に数えられる平原君へ

「趙の危機を救うためにどうすれば良いと思う」と相談。

平原君は「ここは秦を恨んでいる楚へ救援を頼むのがいいでしょう。」と進言します。

この進言を受け入れた趙王は平原君に楚へ使いに行ってもらいたいとお願いします。

平原君は趙王のお願いを受け入れすぐに出立の準備を整えます。




食客19人を選抜するも・・・・あと一人が足りない

photo credit: the_rose via photopin (license)

 

平原君は食客の中から20人ほどの選抜メンバーを連れて楚へ行こうと考えておりました。

彼は宮殿から帰ると早速20人の優れた食客を選び始めます。

しかし19人まではスパット決めることができたのですが、残りの一人が中々決まりませんでした。

平原君はこのまま19人で行こうか迷っているところに一人の食客が選抜メンバーに入れてくれと

お願いに来ます。

 

本当に役に立つの

 

平原君の元へやってきた人物は毛遂(もうすい)という人物です。

彼は平原君に「私を楚へ行く選抜メンバーにいれてください」とお願いします。

しかし平原君は「先生は私の食客になってから何年立ちますか。」と質問。

毛遂は「3年ほどでしょうか」と即答します。

すると平原君は「失礼ですが、3年も私の元に居て先生の優れたお話を聞いたことがない。

また有能な人材とは袋に入った錐のようなもので、すぐに袋から錐の先が出てくるように

私の耳に入ってくるはずです。

しかし先生のお話は一切聞こえてきませんですしこの使節の役に立つのでしょうか。」と

かなり無礼な発言をします。

この発言を聞いた毛遂はイラっとしますが我慢して平原君へ反論します。

 

有能すぎるから袋に入らなかったんだ

photo credit: Hydrangea via photopin (license)

 

毛遂は平原君に対して「私は有能すぎて袋の中に入らなかったのでしょう。

もし以前から私の有能を知っていることになっていれば、

袋から錐の切っ先が出るだけでは終わらず、袋を破って使用者の体を貫通していたことでしょう。

」と自らの事をかなり高評価した返答をします。

この発言を聞いた平原君は彼の能力を試すために、選抜メンバー20人の中に入れて

楚へ向かうことにします。

 

戦国春秋ライター黒田レンの独り言

 

さて毛遂は選抜メンバー20人の仲間入りを果たしますが、果たして役に立ったのでしょうか。

毛遂は平原君と共に楚へ入ると彼と共に楚王と会見することになります。

しかし楚王と平原君の話し合いは一向に決着をつくことがなく、

時間ばかりがダラダラと流れていきます。

このことに業を煮やした毛遂は剣をもって平原君と楚王の間に入って

「楚王よ。何をだらだらと話し合っているのか!!我が国と盟を結んで、秦と戦う時ではないのか!!」と

激怒しながら発言。

楚王も負けずにブチギレて「てめー誰に物言ってんだ!!」と怒鳴り返します。

楚王はこの無礼者が平原君の客だと知ると怒りを増幅しますが、

毛遂の筋の通った説得に感じ入り、趙と同盟を結ぶことに決めます。

そして趙は楚の援軍や各国の援軍のおかげで、危機を脱出することになります。

こうして楚の使者へ行った選抜メンバーの中で最大の功績を残した毛遂ですが、

平原君は後日ある食客に

「先生のおかげで楚との同盟が成立した。

私は先生の事を今の今まで疑っていたわけだが、

あの時ほど自分の人を見る目のなさを今日という日ほど思い知らされたことはない」と

すごいショックを受けたそうです。

この平原君と毛遂の逸話を後世「嚢中の錐」と呼ぶことになります。

「今回の春秋戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!…
  2. 曹操の名言から知る三国志の世界「徒に先の易きを見て、 いまだ当今…
  3. 子産(しさん)とはどんな人?超弱国を強国にした春秋時代の名宰相
  4. 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラ…
  5. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天…
  6. 狐偃(こえん)とはどんな人?晋の文公を覇者の地位までのし上げた宿…
  7. 【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介
  8. 【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる
  2. 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?
  3. 郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】
  4. 甲斐の虎と越後の龍が行った激戦!川中島の戦いって一体どちらが勝ったの?
  5. 呉をもっと知りたい貴方へ!これで呉の性格が分かる!呉のトリセツ紹介
  6. 藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の人生

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

項燕(こうえん)とはどんな人?信と蒙恬を撃破する王騎レベルの名将! 83話:劉備は荊州四郡をゲット!怒涛の快進撃 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました 三国志の袁紹のお墓ってどこ?「三国志観光スポット」 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない! 夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった?

おすすめ記事

  1. 125話:何で孔明や姜維の北伐は街亭や祁山にこだわったの?
  2. コンテンツ品質向上に向けてアンケートご協力のお願い
  3. 井伊直弼の評価はどうなっているの?独裁者?英雄?
  4. 【新企画予告】『まだ漢王朝で消耗してるの?』9月23日(土)から連載開始!
  5. 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い
  6. 131話:新宰相・蔣琬(しょうえん)により変貌する蜀
  7. 第1話:三国志夢幻演義 龍の少年「命の山」配信中
  8. 134話:頑固な忠臣、張昭と孫権の対立がシュール

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP