はじめての三国志

menu

はじめての呉

呉の太子四友とはどんな人?権力闘争に敗れ失脚していくエリート

この記事の所要時間: 243




 

才能に溢れながらも失脚していくものは古今東西歴史上に数多います。

日本では学問の神様として有名な菅原道真が妬みと讒言によって

太宰府に左遷されて無念の死を遂げています。

三国志の時代も同様です。

陰湿な権力闘争に巻き込まれて失脚し、左遷されたり、

暗殺されたり、死を賜ったりする名臣はいました。

今回は呉を舞台に、将来を期待されながらも失脚していった官僚たちに迫ります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見?




太子四友

 

呉の若手で最も期待されたメンバーに「太子四友」がいます。

孫権の太子である孫登の学友であり、

将来は皇帝となる孫登を支える重臣の地位を約束されたものたちです。

ひとりは、輔呉将軍という名誉職に就いていた孫権の側近・張昭の末子である張休、字は叔嗣。

ひとりは、大将軍である諸葛瑾の長子である諸葛恪、字は元遜。

ひとりは、丞相・顧雍の孫である顧譚、字は子黙。

そして最後のひとりは偏将軍で殿として戦死した陳武の庶子である陳表、字は文奥。

名門の出身であり、才気が突出した若者たちでした。

太子である孫登は兄弟のように接し、明るい未来に向けて共に育っていきます。




太子四友を推薦したのは誰?

 

太子四友はなかなか個性的な選別になっていますが、果たして誰の思惑だったのでしょうか。

皇帝たる孫権は許可をしただけです。

選んだものは他にいます。

それが張温(ちょうおん)です。

字は恵恕。東曹掾という官吏登用の人事を司る官位に就いていた張允の長子で、

容貌も立派で将来を嘱望されていました。

孫権との直接的な面接で見いだされ、召し抱えられた張温は太子太傅となります。

太子である孫登の養育係です。

その張温が選抜したのが太子四友でした。

しかし世間の評判はあまり良くありません。

家柄のあまり良くない陳武のさらに庶子を選んでいたからです。

 

それぞれの素性

 

孫権は問題なくその選抜を裁可します。

そもそも太子である孫登は正妻の子ではありませんでした。

正妻・徐夫人の侍女に産ませた庶子です。

張温は、太子である孫登が己の素性に対しコンプレックスを抱かぬように、

同じような境遇の陳表を側近に選んだのかもしれません。

孫登はこの四人の友を同じ馬車に同乗させたり、同じ几帳の中で寝たりと友情を深めていきました。

 

忍び寄る不吉な影

 

明るい未来に影が差したきっかけが蜀との外交でした。

外交官には政治的な知識と力量を求められた時代です。

蜀の外交官である鄧芝は見事にその重責を全うし、

評判が良かったことで、呉も半端な外交官を送れなくなりました。

そこで白羽の矢が立ったのが張温です。

32歳とまだまだ若い張温は輔義中郎将に出世し、呉の看板を背負って蜀へ向かいます。

蜀で待ち受けていたのはあの諸葛亮孔明でした。。

強烈なプレッシャーがかかるなかで張温は見事にやり遂げます。

そして名声を得るのです。

しかし帰国し予章太守になって失脚します。

政敵・全琮の讒言にあって永久蟄居の処分となるのです。西暦224年のことでした。

 

太子四友の最期

 

そこから矢継ぎ早に太子四友は死去していきます。

まずは西暦237年に陳表が病死。

西暦241年には太子である孫登が病死しています。

皇太子問題で顧譚が巻き込まれて讒言により交州へ左遷。翌西暦246年に病死。

同じく讒言で交州へ左遷させられた張休は即座に自害を命じられています。

最後に残った諸葛恪は西暦246年に大将軍に就任するものの、

西暦253年に孫峻によって暗殺されました。

こうして将来の呉を背負っていくと期待されていた太子四友はことごとく消え去るのです。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

呉の将来を託されていたこれらの名臣たちを

無下に失っていった理由のひとつに孫権の老害があげられます。

まともな判断ができなくなっていたのです。

彼らが生きて活躍していたら呉は大きく変わっていたでしょう。

しかし現実は違いました。

権謀術数が渦巻く宮中の権力闘争によって貴重な人材を失った呉は滅亡へ駆け落ちていくのです。

それは失脚し無念のうちに死んでいった彼らの呪いのようにも思えます。

 

みなさんはどうお考えですか。

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?

関連記事:ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 呉の初代丞相・孫卲(そんしょう)は「正史三国志」に記されていない…
  2. 孫権と同じ三代目で地味な北条氏康
  3. 三国志禁断ゾーン・悲しい人類の「殉葬」に関する歴史
  4. このマンガがすごい!呉に光を当てた『江南行』『みんなの呉』『赤壁…
  5. 三國無双では女性が戦闘しているが本当に史実でも戦っていたの?
  6. 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権
  7. 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた
  8. ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」の見どころ紹介
  3. 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!
  4. 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?
  5. 文聘(ぶんぺい)のリアル三國無双!五虎大将軍の関羽を倒し呉王・孫権には空城の計を使っちゃう!
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13】

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる? 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超 インスタグラムはじめました。 109話:曹丕が献帝を廃し魏を建国 86話:張松という男が劉備の運命を左右する  蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち 上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは?

おすすめ記事

  1. 孫静(そんせい)とはどんな人?兄貴、孫堅とはゼッコーモン!ひたすら故郷を守った孫一族
  2. キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!?
  3. 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?
  4. 真・三國無双8 新キャラクターを大予想!西晋の新武将は、この二人で決まり!!
  5. 孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?
  6. 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜
  7. 姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした?
  8. 木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP