ログイン | 無料ユーザー登録


麒麟がきた
ぐっすり眠れるながら三国志


はじめての三国志

menu

はじめての呉

諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす

軍事面でも才能を発揮する諸葛恪




諸葛一族

 

諸葛亮(しょかつりょう)がとても有名な諸葛一族、

実は三国時代には魏・呉・蜀の各国で活躍しています。

呉では諸葛瑾(しょかつきん)が孫権を支える幕僚となり、その息子も同じく呉に仕えました。

 

 

この息子が諸葛恪です。

諸葛瑾の長子で、諸葛亮の養子となった喬の兄にあたります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【パチ感満載】後出師の表を堂々パクった諸葛恪!

関連記事:呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!?

 

 

陸遜も呆れるぐらい諸葛恪の性格は悪すぎ

 

人柄を讃えられた父・叔父・弟とは正反対にちょっと問題ある性格だったようで、

諸葛瑾には「(この性格なのに)頭が良すぎて当家を潰す」と言われ、

諸葛亮陸遜が交わした手紙には「大雑把でいい加減」と記されています。

 

挙句陸遜にも「性格を何とかしろ」とたしなめられていたとか…。

 

 

諸葛恪は頭が良すぎるが問題が…


その代わりに頭の回転が恐ろしく早く、才気と機知に長けていたといいます。

父の名を書かれた驢馬の顔に「之驢」と即座に書き足したエピソードは有名です。

 

そして山越討伐や兵の徴収、魏との戦いでも功績を挙げ、

40歳くらいの頃には大将軍に任命されました。

仕事はできるけどメンドクサイ上司…

 

頭の良すぎる人はどこか他に問題が…という感じだったのでしょうね。

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

諸葛恪が若い頃は何をしていたの?

孫権と三国アヒル

若い頃は孫権の皇太子・孫登の側近として集められ、

張休・顧譚・陳表らと共に君臣の礼を超えた親しい付き合いをして「太子四友」と呼ばれました。

 

孫登は徳がありすぐれた人物だったと正史で評されており、

諸葛恪とどんな風に付き合っていたのかとても気になるところです。

しかし孫登は33歳の若さで亡くなり、弟の孫和が新たに皇太子となったものの、

孫権が溺愛するもう一人の弟・孫覇(もっとも孫権には息子が7人居ました)

の間で継承権争いが起きます。

 

この時諸葛恪は孫和を、長男の諸葛綽は孫覇を支持しました。

家臣団を真っ二つに割ったこの二宮事件は孫和を廃太子し幽閉、

孫覇を処刑、さらに年下の弟の孫亮が皇太子…

という結果に終わり、孫権の示唆もありこの時諸葛恪は息子を毒殺しています。

 

 

性格が仇になり人望を失っていく

 

 

二宮事件の後、諸葛恪はまだ8歳と幼かった孫亮の太師太傅

(成年前の皇帝・皇太子に付く指導役)に任ぜられ、

翌年に孫権が死去した後の重臣間の権力争いに勝利し、呉の実権を掌握しました。

 

権勢を振るうだけでなく政治の実績も挙げていましたが、いかんせん件の性格は治らず、

独断専行も行うものですから人望を徐々に失っていきます。

 

 

諸葛一族が滅びるきっかけ

 

253年に合肥で起きた魏との戦いで大敗した事が決定打となり、

その年の10月に以前から諸葛恪と対立していた孫峻(孫堅の弟・孫静の曾孫)が

皇帝孫亮を抱き込んだクーデターを起こし諸葛恪を斬殺。

 

弟の諸葛融の一族も皆殺しにされました。

諸葛瑾が心配した通り、諸葛恪の普段の言動や行いが一族を潰してしまったのです。

 

諸葛恪については陳寿

「とても才能や視野の広さを持っていたんだけど、いかんせん性格がね…」と纏めています。

 

正史でここまで性格に関するエピソードが残っているというのも何だか面白いです。

そしてその才能に関しては『捜神記』『異苑』などの書物に伝承が残るくらい有名でした。

 

この記事を書いた人:栂みつは

みつは様

HN:

栂みつは

自己紹介:

初めましてこんにちは。栂(つが)みつはと申します。
10代の頃から三国志にハマり、小説や演義では飽き足らず正史を購入。

列伝を読みふけってはニヨニヨする残念な青春を送っておりました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析!

関連記事:【徹底調査】諸葛恪の欠点とは一体何!?

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 




関連記事

  1. 陸遜 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材
  2. 周瑜 美男子 周瑜公瑾の輝かしい功績
  3. 命がけで筋を通す義理に熱い朱拠 朱拠とはどんな人?呂蒙に匹敵する文武兼備の将軍の逸話を紹介
  4. 黄巾賊を撃退する太史慈 太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将
  5. 孫晧(孫皓) 孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名を…
  6. 潘璋(はんしょう)とはどんな人?素行や勤務態度は悪いけど呉の最強…
  7. 呂蒙 呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ
  8. 朱桓(しゅかん) 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関羽 男だち
  2. 一騎打ちをする太史慈と孫策
  3. 西遊記 孫悟空
  4. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン
  5. 曹操の悪口を書簡に書く陳琳
  6. おんな城主 直虎
“ぐっすり眠ってならが三国志"

おすすめ記事

kawauso キングダム「確定!信が龐煖を破るこれだけの理由」 鎌倉時代の侍 鎌倉時代の武士は何を食べてたの?当時の食べ物を紹介 おんな城主 直虎の予備知識を得よう!女城主・井伊直虎は今川家に呪われているらしい 五虎大将軍の趙雲 これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹底分析! 赤兎馬と武霊王 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ 周瑜 月刊はじめての三国志2019年10月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました キングダム54巻amazon キングダム最新ネタバレ608話「中央軍の勝算」レビュー考察 龐統 蜀建国の功労者龐統の最期が悲しすぎる

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP