広告募集
李傕祭り

はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【シミルボン】とっても面倒くさい!三国志の時代の髪の毛のお手入れ

この記事の所要時間: 236




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです。

 

 

三国志の時代の人々は、罪人以外は髪を切るという事をしませんでした。

頭髪は人間の生命力の源とされた他に、親からもらった体を傷つけてはならないという

儒教の教えが浸透していたからでした。

ですから、女性のみならず男も髪は産まれてから死ぬまで伸ばし放題で、伸びた髪は

頭のてっぺんで団子にして黒い布を当てて簪を挿し、さらに冠や巾(きれ)で覆いました。

しかし、そのような長い髪は維持するのが大変でした。

特に大変なのは髪を洗う時だったのです。




洗うだけでなく髪を育てる為に洗髪していた

 

三国志より400年前の韓非子(かんぴし)という書物には、

 

「政治は洗髪のようなものだ、脱毛を恐れて髪を生長させる利益を忘れるようでは、

物事の優先順位を弁えているとは言えない」

 

とあり、髪を洗えば、髪は抜けるが、それ以上に髪を生長させるのだから、

いたずらに抜け毛を恐れては、物事の順番を誤ると言っています。

 

これは、思いきった改革が痛みを伴うとして躊躇すると、

それにより得られる利益を逃すという比喩として言われたものです。

つまり、当時の洗髪には、髪を清潔に保つのみではなく、髪に栄養を与えて

生長を促す目的もありました。

 

当時の洗髪には、潘沐(はんもく)というモノを使いましたが、これは米の研ぎ汁でした。

米の研ぎ汁は髪の毛の汚れを落し髪に潤いを与える事から、よく使われていたのです。




洗髪は3日に一度、一日がかりの大仕事だった

 

しかし、その大事な髪を洗うのは、大変な作業でした。

当時は髪を洗う事を洗沐(せんもく)と言いましたがシャンプーなどなく、

髪は数日経つと汚れが目立つようになり、虱(しらみ)が湧きました。

そのままでは、痒く見た目も悪いので洗髪するのですが何しろ産まれてから

一度も切らない髪です、それは男でも腰まで届きました。

 

そのような長―い髪を米の研ぎ汁を満たした盥につけて、

まるで洗濯するようにゆっくりと洗っていくのですが、前傾姿勢のままで

長時間、自分の髪と格闘するのは大変な重労働でした。

それだけに大変に面倒くさく、一般人の洗髪は3日に一度、役人は5日に

一度と決められていました。

 

洗ったら、洗ったで乾かすのが、また面倒・・

 

さて、腰の痛みに耐えながら、ようやく長い髪を洗い、雑巾のように絞ると

次に待っているのは、乾燥という作業です。

もちろん、布で水分を取る事はしますが、そのままでは生乾きですから、

これで髪を纏めようものなら、すぐにフケが出て虱が湧きます。

ドライヤーがある現代でも、ロングヘアーを乾かすのは簡単ではありません。

ましてや、ドライヤーなどない大昔は、四方を開け放った部屋に座り、

ひたすら髪を風に晒して乾かすのです。

 

こんな時に、来客でもあろうものなら、もう大変です。

貞子のようなザンバラ髪を振り乱しながら、面会するのですが、

ある時、孔子が、高名な道家の老子を訪れた時、折悪しく老子は髪を洗っており、

その姿は白髪に手足が生えた、化け物にしか見えなかったと書かれています。

 

参考文献:荘子 著者: 荘子 出版社: 徳間書店 | 発行年月日:1996.08.01

 

髪が乾いたら、象牙の櫛でブラッシング

 

数時間を経て髪を乾かすと、次には櫛で髪の毛を梳いていきます。

これは髪の滑りを良くする為であり、身分のある人は象牙の櫛で、

丁寧にブラッシングしていました。

念の為に言っておきますが、女性ばかりではありません。

当時は、おっさんでもそうだったのです。

線の細い軍師ならまだしも、筋骨隆々の武将まで、そうだったのかと思うと

少々、三国志のイメージが変わってしまいますね。

 

長く、黒々したヒゲ「美鬚眉」が美男の証

 

番外でヒゲについても紹介しておきましょう。

三国志の時代のイケメンの条件は、顔だけではなく、高い身長と堂々とした態度、

よく通る声、そして長く黒々したヒゲを持つ事でした。

ヒゲが貧相だったり、ヒゲが生えない体質だと顔だけが良くても、

「お前は女のようだ」とからかわれたのです。

 

三国志の英雄、関羽(かんう)は美髯(びぜん)公と言われ、実際に史実でも

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)が「ヒゲ殿」と呼び

魏の二代皇帝、曹叡(そうえい)は、優れた容貌と床に届く長いヒゲを持ちました。

 

当時、ヒゲの美しいイケメンを美鬚眉(びしゅび)なる者と言っていて、

三国志の時代の末期の魏のイケメン張華(ちょうか)は自慢のヒゲを紙で包んで

チリが付かないようにし、後漢の時代の温序(おんじょ)という人物は、罪を得て

斬首される時に口でヒゲをくわえて剣を受け「ヒゲに土がつかないようにせよ」と

遺言しています。

まさに、三国志の時代の男性には、ヒゲは命より大事だったのです。

 

参考文献:世説新語

著者: 長尾直茂/目加田 誠 出版社: 明治書院

 

シミルボン

 

【シミルボン】とっても面倒くさい!三国志の時代の髪の毛のお手入れ

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけ…
  2. マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・
  3. 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ
  4. これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活
  5. 2017年はじめてのストライキは、エイプリルフール企画でした!
  6. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?
  7. 郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】
  8. 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才
  2. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆するつもりだったの?
  3. 乱世の奸雄・曹操の初陣はどんな戦いをしてたの?
  4. 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成したの?
  5. キングダム 521話 ネタバレ予想:王翦の秘策と蒙恬の機動力
  6. 黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な決着 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄は猛獣をどう扱っていたの? 【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった 馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家 劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を鉄壁の城に作り上げた功臣 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣 58話:水鏡先生曰く、劉備に足りない人物って誰の事? 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

おすすめ記事

  1. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ
  2. 呂布の裏切りについて考察してみた
  3. 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成したの?
  4. 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/24〜7/31】
  6. 【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】
  7. 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1
  8. 衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR)

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP