春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る

この記事の所要時間: 226




 

織田信長の父親って誰だかわかりますか。

そうなんです!!曹操は知っているけども息子の曹丕は知らないような状態です。

信長の父親は織田信秀(おだのぶひで)と言って戦場で知られる武将でありながら、

あるからくりで大国と張り合うほどの兵力を持っておりました。

今回は織田信秀の前半生についてご紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し




下部組織の織田家の嫡男

 

織田信秀は尾張守護の織田家一族のその下の尾張の4郡を支配する織田家の傍系の一族です。

そのため信秀の父親から家督を譲ってもらった時には全然領土なんていうものはありませんでした。

信秀はこのまま下部組織の一員として落ちぶれていくのは絶対に嫌だと感じ、

絶対に今の地位から上昇していくことを夢見て色々と行っていきます。




尾張今川氏を謀殺

 

駿河(するが)には東海の覇者たる地位を確立することになる今川家がありあますが、

尾張(おわり)にも今川家が存在しておりました。

尾張今川家は那古野城(なごやじょう)を拠点としておりました。

信秀はこの尾張今川家の当主であった今川氏豊(いまがわうじとよ)と連歌などを行い、

友人として接していきます。

そして信秀は氏豊と結構な期間親しく連歌仲間として付き合って行き、

彼の居城である尾張・名古屋城で連歌の会が開かれた時に彼を殺害して、

そのまま那古野城を奪っております。

こうして尾張に足がかりを作ることに成功した信秀は、

近隣の城を攻略して行って着実に勢力拡大に勤めていくことになります。

また信秀は武勇にのみ優れていたのではなく、行政面でも非常に優秀な政策を行っております。

 

経済官僚としても優秀な信秀

 

信秀は経済官僚としても非常に優秀であり尾張の半分を制圧した頃は

たった14万石程の大名でした。

信秀は14万石しか無いにも関わらず伊勢神宮を修理する費用を寄進しており、

その額はなんと700貫でした。

ついでにこの700貫現代の価値に直すと大体7000万程の価値があるそうです。

そして信秀の領土を現在の価値に直すと大体140万程度の収入しかありませんでした。

あれ??信秀破綻しておるじゃないですか。

と思った方はちょっと違うんです。

信秀は土地から手に入る収入以外にも強力な収入がありました。

その収入は津島の商人と津島神社から上がってくる経済的な利益を全て吸収していたためです。

その代わり信秀は津島商人には保護することを約束するとともに津島神社には

津島商人達から課税権を受ける権利を貰い受けます。

こうして信秀は津島商人と津島神社から上がってくる利益を手に入れることで本領である尾張

14万石に津島経済から上がってくる利益をプラスすると大体40万石ほどの大名と

肩を並べるくらいの実力を持っていたそうです。

このような経済システムを作り出すことによって織田軍は飢饉で土地から収入が減っていても

経済は飢饉では減ることがありませんでした。

信秀は上記のシステムを作ることのできた武勇と経済官僚の二つの顔を持った人物でした。

 

三河へ侵攻

 

尾張の半分を手に入れた信秀は軍勢を率いて隣国である尾張へ攻撃を行います。

この地は松平家が支配していたのですが、

当時の松平家の当主である清康(きよやす)が家臣に謀殺されて亡くなってしまいます。

信秀は松平家の混乱に乗じて三河・安祥城(あんじょうじょう)を攻略することに成功。

そしてここから駿河の今川氏と対立することになります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

織田信秀は武勇に優れていた人物で当時近隣の大名から「尾張の虎(おわりのとら)」として

恐れられていたそうです。

またあだ名からだと武勇に偏った武将のようなイメージがありますが、実際は経済官僚としても

非常に優秀であったことが記事を読んでいただくとわかると思います。

信秀は頭が良くてインテリだけど絡んでみたら意外と強い虎だったのではないのでしょうか。

 

参考文献 戦国外伝 桶狭間戦記 宮下英樹著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織田信孝

関連記事:曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見…
  3. 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心
  4. 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは?
  5. 始皇帝死後、秦は滅亡せず三代目まで続いてたってホント?
  6. 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛
  7. 暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるの…
  8. 董襲(とうしゅう)とはどんな人?孫家の仇敵・黄祖討伐戦で活躍した…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 子産(しさん)とはどんな人?超弱国を強国にした春秋時代の名宰相
  2. キングダム最新刊43巻発売決定!43巻の見どころとネタバレ予想!
  3. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿
  4. 洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?
  5. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~楽進・于禁篇~
  6. 【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み出した裴松之の先祖 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜 【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想? 「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より 三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ! 三国志ベストコンビネーション賞!感心・感動したコンビ10選 【シミルボン】ありえん?三国志の外交交渉が頓智勝負だった

おすすめ記事

  1. 54話:劉備、再び曹操に敗れる
  2. 99話:荊州を餌に孫権に合肥を攻めさせる劉備
  3. 犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?
  4. 三國無双では女性が戦闘しているが本当に史実でも戦っていたの?
  5. 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち
  6. これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由!
  7. 【龐煖の死】対趙攻略戦を地図で解説&大胆キングダム予想!
  8. 【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほんと!?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP