架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る

この記事の所要時間: 226




 

織田信長の父親って誰だかわかりますか。

そうなんです!!曹操は知っているけども息子の曹丕は知らないような状態です。

信長の父親は織田信秀(おだのぶひで)と言って戦場で知られる武将でありながら、

あるからくりで大国と張り合うほどの兵力を持っておりました。

今回は織田信秀の前半生についてご紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し




下部組織の織田家の嫡男

 

織田信秀は尾張守護の織田家一族のその下の尾張の4郡を支配する織田家の傍系の一族です。

そのため信秀の父親から家督を譲ってもらった時には全然領土なんていうものはありませんでした。

信秀はこのまま下部組織の一員として落ちぶれていくのは絶対に嫌だと感じ、

絶対に今の地位から上昇していくことを夢見て色々と行っていきます。




尾張今川氏を謀殺

 

駿河(するが)には東海の覇者たる地位を確立することになる今川家がありあますが、

尾張(おわり)にも今川家が存在しておりました。

尾張今川家は那古野城(なごやじょう)を拠点としておりました。

信秀はこの尾張今川家の当主であった今川氏豊(いまがわうじとよ)と連歌などを行い、

友人として接していきます。

そして信秀は氏豊と結構な期間親しく連歌仲間として付き合って行き、

彼の居城である尾張・名古屋城で連歌の会が開かれた時に彼を殺害して、

そのまま那古野城を奪っております。

こうして尾張に足がかりを作ることに成功した信秀は、

近隣の城を攻略して行って着実に勢力拡大に勤めていくことになります。

また信秀は武勇にのみ優れていたのではなく、行政面でも非常に優秀な政策を行っております。

 

経済官僚としても優秀な信秀

 

信秀は経済官僚としても非常に優秀であり尾張の半分を制圧した頃は

たった14万石程の大名でした。

信秀は14万石しか無いにも関わらず伊勢神宮を修理する費用を寄進しており、

その額はなんと700貫でした。

ついでにこの700貫現代の価値に直すと大体7000万程の価値があるそうです。

そして信秀の領土を現在の価値に直すと大体140万程度の収入しかありませんでした。

あれ??信秀破綻しておるじゃないですか。

と思った方はちょっと違うんです。

信秀は土地から手に入る収入以外にも強力な収入がありました。

その収入は津島の商人と津島神社から上がってくる経済的な利益を全て吸収していたためです。

その代わり信秀は津島商人には保護することを約束するとともに津島神社には

津島商人達から課税権を受ける権利を貰い受けます。

こうして信秀は津島商人と津島神社から上がってくる利益を手に入れることで本領である尾張

14万石に津島経済から上がってくる利益をプラスすると大体40万石ほどの大名と

肩を並べるくらいの実力を持っていたそうです。

このような経済システムを作り出すことによって織田軍は飢饉で土地から収入が減っていても

経済は飢饉では減ることがありませんでした。

信秀は上記のシステムを作ることのできた武勇と経済官僚の二つの顔を持った人物でした。

 

三河へ侵攻

 

尾張の半分を手に入れた信秀は軍勢を率いて隣国である尾張へ攻撃を行います。

この地は松平家が支配していたのですが、

当時の松平家の当主である清康(きよやす)が家臣に謀殺されて亡くなってしまいます。

信秀は松平家の混乱に乗じて三河・安祥城(あんじょうじょう)を攻略することに成功。

そしてここから駿河の今川氏と対立することになります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

織田信秀は武勇に優れていた人物で当時近隣の大名から「尾張の虎(おわりのとら)」として

恐れられていたそうです。

またあだ名からだと武勇に偏った武将のようなイメージがありますが、実際は経済官僚としても

非常に優秀であったことが記事を読んでいただくとわかると思います。

信秀は頭が良くてインテリだけど絡んでみたら意外と強い虎だったのではないのでしょうか。

 

参考文献 戦国外伝 桶狭間戦記 宮下英樹著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織田信孝

関連記事:曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎ…
  2. 【センゴク】織田信長は長年、本願寺に苦しめられた理由とは?
  3. 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦
  4. 【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは…
  5. 伍孚(ごふ)とはどんな人?ゴフッ・・董卓を殺せなかった無念のアサ…
  6. 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表…
  7. 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった…
  8. 漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰?
  2. 赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?
  3. おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家
  4. 後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?
  5. 三国志時代も男同士はチューしてたの?当時の恋愛事情を紹介
  6. 李孚(りふ)とはどんな人?度胸と勇気は三国志一の魏のマイナー文官

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあった! 董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介! 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる 何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残した男 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信

おすすめ記事

  1. もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策!
  2. 三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!
  3. 96話:孔明の計略炸裂!馬超は劉備の軍門に下る
  4. アゴと信長にあだ名を付けられた柴田勝家の秀吉包囲網がスッゲー
  5. 王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実
  6. 曹操の塩対応に張松ブチ切れ!曹操が冷たく扱ったのは傲慢ではなく驚くべき理由が隠されていた!
  7. 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉へ寝返った男
  8. これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹底分析!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP