はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る

この記事の所要時間: 226




 

織田信長の父親って誰だかわかりますか。

そうなんです!!曹操は知っているけども息子の曹丕は知らないような状態です。

信長の父親は織田信秀(おだのぶひで)と言って戦場で知られる武将でありながら、

あるからくりで大国と張り合うほどの兵力を持っておりました。

今回は織田信秀の前半生についてご紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し




下部組織の織田家の嫡男

 

織田信秀は尾張守護の織田家一族のその下の尾張の4郡を支配する織田家の傍系の一族です。

そのため信秀の父親から家督を譲ってもらった時には全然領土なんていうものはありませんでした。

信秀はこのまま下部組織の一員として落ちぶれていくのは絶対に嫌だと感じ、

絶対に今の地位から上昇していくことを夢見て色々と行っていきます。




尾張今川氏を謀殺

 

駿河(するが)には東海の覇者たる地位を確立することになる今川家がありあますが、

尾張(おわり)にも今川家が存在しておりました。

尾張今川家は那古野城(なごやじょう)を拠点としておりました。

信秀はこの尾張今川家の当主であった今川氏豊(いまがわうじとよ)と連歌などを行い、

友人として接していきます。

そして信秀は氏豊と結構な期間親しく連歌仲間として付き合って行き、

彼の居城である尾張・名古屋城で連歌の会が開かれた時に彼を殺害して、

そのまま那古野城を奪っております。

こうして尾張に足がかりを作ることに成功した信秀は、

近隣の城を攻略して行って着実に勢力拡大に勤めていくことになります。

また信秀は武勇にのみ優れていたのではなく、行政面でも非常に優秀な政策を行っております。

 

経済官僚としても優秀な信秀

 

信秀は経済官僚としても非常に優秀であり尾張の半分を制圧した頃は

たった14万石程の大名でした。

信秀は14万石しか無いにも関わらず伊勢神宮を修理する費用を寄進しており、

その額はなんと700貫でした。

ついでにこの700貫現代の価値に直すと大体7000万程の価値があるそうです。

そして信秀の領土を現在の価値に直すと大体140万程度の収入しかありませんでした。

あれ??信秀破綻しておるじゃないですか。

と思った方はちょっと違うんです。

信秀は土地から手に入る収入以外にも強力な収入がありました。

その収入は津島の商人と津島神社から上がってくる経済的な利益を全て吸収していたためです。

その代わり信秀は津島商人には保護することを約束するとともに津島神社には

津島商人達から課税権を受ける権利を貰い受けます。

こうして信秀は津島商人と津島神社から上がってくる利益を手に入れることで本領である尾張

14万石に津島経済から上がってくる利益をプラスすると大体40万石ほどの大名と

肩を並べるくらいの実力を持っていたそうです。

このような経済システムを作り出すことによって織田軍は飢饉で土地から収入が減っていても

経済は飢饉では減ることがありませんでした。

信秀は上記のシステムを作ることのできた武勇と経済官僚の二つの顔を持った人物でした。

 

三河へ侵攻

 

尾張の半分を手に入れた信秀は軍勢を率いて隣国である尾張へ攻撃を行います。

この地は松平家が支配していたのですが、

当時の松平家の当主である清康(きよやす)が家臣に謀殺されて亡くなってしまいます。

信秀は松平家の混乱に乗じて三河・安祥城(あんじょうじょう)を攻略することに成功。

そしてここから駿河の今川氏と対立することになります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

織田信秀は武勇に優れていた人物で当時近隣の大名から「尾張の虎(おわりのとら)」として

恐れられていたそうです。

またあだ名からだと武勇に偏った武将のようなイメージがありますが、実際は経済官僚としても

非常に優秀であったことが記事を読んでいただくとわかると思います。

信秀は頭が良くてインテリだけど絡んでみたら意外と強い虎だったのではないのでしょうか。

 

参考文献 戦国外伝 桶狭間戦記 宮下英樹著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織田信孝

関連記事:曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性
  2. 【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた…
  3. 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに?…
  4. 戦国最強の同盟を成立させた名軍師・太原雪斎(たいげんせっさい)の…
  5. 董襲(とうしゅう)とはどんな人?孫家の仇敵・黄祖討伐戦で活躍した…
  6. 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指してい…
  7. 【意外な事実】劉備は孔明よりも法正を用いてた
  8. 劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の人生
  2. 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだった件
  3. 三国志時代の大晦日が楽しそう!プレゼント交換、友達と夕食や夜更かし
  4. 関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇
  5. 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは!
  6. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器 劉表(りゅうひょう)とはどんな人?肥沃な土地と膨大な兵力を保持しながら、華々しい活躍をしないで終わった荊州牧 中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話 趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 118話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐前哨戦 織田信長の息子達の名前がファンキーでかなりやばい!! もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの?

おすすめ記事

  1. 【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい)
  2. 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学
  3. 東方明珠のへなちょこ長安旅行記 その4
  4. 65話:絶望する劉備に孔明が授けた天下三分の計
  5. 何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残した男
  6. 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった!
  7. 【キングダム】楊端和(ようたんわ)は実在した女将軍?史実を元に徹底解剖
  8. 狐偃(こえん)とはどんな人?晋の文公を覇者の地位までのし上げた宿臣

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP