広告募集
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?

この記事の所要時間: 312

現実主義曹操

 

曹操(そうそう)織田信長(おだのぶなが)は、

よく似ていると話題にされることが多いですよね。

 

合理性を重んじた政策や完全実力主義。

目的達成のためなら虐殺をもいとわない冷酷な面。

 

そしてお互い文学も好きで先見性もあります。

この二人は多くの共通点があるので、二人の共通点を紹介しちゃいます。

あなたはいくつ当てはまる?

 

 

人が大好き、ただし能力がある人に限る

曹操は関羽をGET

 

まず曹操と信長を比較した場合一番似ている点は、まず人材を用いる点が類似点として挙げられると思います。

 

尾張の大名織田信長は、小国で人材に乏しく困っていました。

そこで信長は身分にこだわらず、一人一人に仕事を担当させ、

今後役に立つと思われる人材を積極的に採用し、どんどん昇進させていく人材登用方法を行いました。

 

後の話になりますが、仕事のできない人材や役に立たなくなった人材、

職務怠慢な人材は、重臣だろうが国持大名であろうがクビにしていきます。

 

関連記事:三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

関連記事:沢山の人材を発掘した呉の孫権

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

おじいちゃんの印象が悪い

曹嵩

 

曹操は祖父が宦官で財力には不足しておりませんでしたが、宦官のイメージがすこぶる悪く、中々人材は集まってきませんでした。

そのため、曹操は人材集めのため自ら人に会い、素行が悪くても能力があるのであれば構わない人材登用を行います。

そのおかげで盗みや殺人などの前歴がありますが有能な人材が集まり、曹操の覇業を助けていくのです。

 

関連記事:曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?

関連記事:三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない

 

新たな政策を生み出すアイデア力

兵戸制

 

次の類似点としては、新たな時代を作り出すために次々と色々な政策を生み出していくアイデア力に優れている点です。

信長は楽市楽座を行い流通面において改革を行います。

 

楽市楽座以前は商工業者(問屋・市場)が商業を独占しておりましたが、

信長の作った楽市楽座により自由に商売して良いという法律を自国内で作ることで、経済が一気に活性化します。

 

合戦時に農民を徴兵するため合戦時期も限られ、合戦時の農業生産力が減少してしまう問題がありました。

信長は農業に勤しむ農民と専門的職業としての兵士に分離させる政策兵農分離の法律を導入することで、

農業生産力を減らさず合戦時期を選ばず戦うことができるようになりました。

 

このように次々とアイデアを出し、戦国時代の覇王としての地位を確立させていくのです。

 

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どち…
  2. 始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣…
  3. 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?
  4. 三国志の時代の城の機能について図解解説
  5. 神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった
  6. 三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの?
  7. 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  8. 楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛され…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた一族たち
  2. 王元姫(おうげんき)とはどんな人?司馬昭の妻となる道理を重んじる女性
  3. 策で生き続けた賈詡は最終的にどこまで出世したの?
  4. 于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人生
  5. 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景
  6. 荀爽(じゅんそう)とはどんな人?たった95日で三公にスピード出世した荀彧の叔父

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

魏や呉にもいた諸葛一族の話 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【4/24〜4/30】 黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの? 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超 妻子を人質に取られすぎな劉備 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀彧の遠孫 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/27〜7/3】

おすすめ記事

  1. 袁準(えんじゅん)とはどんな人?チート宰相・諸葛孔明を高く評価した人物
  2. 「自治三訣」って一体どんな言葉?東京都知事の所信表明に出てきた言葉を分かりやすく!
  3. 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情
  4. これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!
  5. 【はじめての君主論】第1話:君主論ってなに?曹操とkawausoが解説するよ
  6. え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できたのは劉備のおかげ!?
  7. 荀況(じゅんきょう)とはどんな人?始皇帝の法治国家の形成や李斯・韓非の先生
  8. 劉備と西郷隆盛の共通点って何?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP