曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

現実主義曹操

 

曹操(そうそう)織田信長(おだのぶなが)は、よく似ていると話題にされることが多いですよね。合理性を重んじた政策や完全実力主義。目的達成のためなら虐殺をもいとわない冷酷な面。そしてお互い文学も好きで先見性もあります。この二人は多くの共通点があるので、二人の共通点を紹介しちゃいます。あなたはいくつ当てはまる?


人が大好き、ただし能力がある人に限る

曹操は関羽をGET

 

まず曹操と信長を比較した場合一番似ている点は、まず人材を用いる点が類似点として挙げられると思います。尾張の大名織田信長は、小国で人材に乏しく困っていました。そこで信長は身分にこだわらず、一人一人に仕事を担当させ、今後役に立つと思われる人材を積極的に採用し、どんどん昇進させていく人材登用方法を行いました。

 

織田信長に追放される佐久間信盛

 

後の話になりますが、仕事のできない人材や役に立たなくなった人材、職務怠慢な人材は、重臣だろうが国持大名であろうがクビにしていきます。


おじいちゃんの印象が悪い

曹嵩

 

曹操は祖父が宦官で財力には不足しておりませんでしたが、宦官のイメージがすこぶる悪く、中々人材は集まってきませんでした。そのため、曹操は人材集めのため自ら人に会い、素行が悪くても能力があるのであれば構わない人材登用を行います。そのおかげで盗みや殺人などの前歴がありますが有能な人材が集まり、曹操の覇業を助けていくのです。

 

新たな政策を生み出すアイデア力

兵戸制

 

次の類似点としては、新たな時代を作り出すために次々と色々な政策を生み出していくアイデア力に優れている点です。信長は楽市楽座を行い流通面において改革を行います。楽市楽座以前は商工業者(問屋・市場)が商業を独占しておりましたが、信長の作った楽市楽座により自由に商売して良いという法律を自国内で作ることで、経済が一気に活性化します。

資金が豊富な織田信長

 

合戦時に農民を徴兵するため合戦時期も限られ、合戦時の農業生産力が減少してしまう問題がありました。信長は農業に勤しむ農民と専門的職業としての兵士に分離させる政策兵農分離の法律を導入することで、農業生産力を減らさず合戦時期を選ばず戦うことができるようになりました。このように次々とアイデアを出し、戦国時代の覇王としての地位を確立させていくのです。

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 関羽に手紙を送る陸遜
  2. 残忍な曹丕
  3. 張コウ 張郃
  4. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  5. 歯痛に悩む陸遜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP