広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側

この記事の所要時間: 227




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志ハイ!!」のコーナーです。

 

今回から数回に渡り、曹操と孫権の戦いについてお伝えしていきます。

有名な「合肥の戦い」です。

これは西暦208年の赤壁の戦いに次ぐ大きなぶつかり合いでした。

約10年間にも及ぶこの両者の激突はさまざまなドラマを生みました。

赤壁の戦いは知っているけど、合肥の戦い?という方はぜひ注目してください。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:鉄壁の合肥城を作り上げた劉馥の一族にとんでもない奴がいた!?




西暦208年赤壁の戦い

 

「赤壁の戦い」は三国志のなかでも最も有名な戦いです。レッドクリフで映画にもなりました。

実は「合肥の戦い」はこのすぐ後から始まっているのです。

赤壁の戦いが西暦208年10月とされています。合肥の戦いが幕開けしたのが11月です。

孫権は曹操に赤壁の戦いで大勝した直後にさらなる動きをしていたのです。

このとき孫権は曹操の領土である合肥を自ら兵を率いて攻略に乗り出しています。

重臣の張昭にはその援護として寿春よりさらに北の当塗を攻撃させています。

つまり荊州だけではなく、揚州の北部の制圧も同時に行ったのです。

このとき荊州の制圧には周瑜を向かわせています。

孫権の合肥包囲はこの周瑜への援護の意味もあったそうです。

当時の周瑜は江陵の曹仁と戦っていました。

しかし曹操の援軍が合肥に向ってきたことで、城の包囲を孫権は解きます。




第一の功労者

 

合肥の戦いの第一の功労者が揚州刺史である劉馥です。

彼は曹操の配下です。

劉馥は荒れ果てた揚州を立て直そうと合肥に入り、州都を開きます。

仁政を敷き、民衆の信頼を得ることに成功しました。

劉馥はこの西暦208年に亡くなっています。孫権が進撃してくる以前の話です。

しかし彼が備蓄した兵糧や築いた砦、堤防などが一ヶ月に渡る籠城の原動力となったのです。

劉馥の8年間に及ぶ努力なくして合肥の防衛は成り立ちません。

よって、すでにこの世を去っていたとはいえ、合肥の戦いの第一の功労者となるわけです。

 

兵糧不足の解消

 

約10年もの間ぶつかり合う両者ですが、住民たちにとっては迷惑千万です。

曹操は住民たちを安全な北方に避難させようとしましたが、

それに納得のいかない長江沿岸地域の住民たちは孫権の領土に逃散してしまいます。

その数なんと10万人以上。

お陰で合肥周辺から住民の姿が消えてしまいました。

こうなると現地での兵糧の調達が難しくなります。

曹操は得意の屯田を開始するのです。

合肥より北にある芍陂あたりになります。

時期でいくと西暦209年3月に曹操は豫州で水軍をまとめ、

7月には淮水から肥水と進んで芍陂、合肥に到着しています。

従軍した部将は「張遼」「楽進」「李典」といった名将たちです。

 

しばらくのにらみ合い

 

その後、しばらくにらみ合いが続きます。

12月には周瑜が曹仁を破り、江陵を奪い獲りました。

孫権にしてみれば予定通りに事が進んでいます。

周瑜はこのまま益州を目指す手はずでした。その間に孫権が合肥を奪い獲ります。

つまり揚州、荊州、益州といった中華の南をすべて手中に収めることになるわけです。

おそらく徐州の一部も入ってくるでしょう。

孫権の領土はあっという間に曹操に肩を並べるようになります。

この時はまだ西には馬超や韓遂もいます。連合すれば曹操を討つチャンスも見えてきます。

孫権はさらに石橋を叩いて渡るように劉備との同盟を強固なものとします。

自らの妹を劉備と娶せたのです。孫権と劉備は兄弟となりました。

こうして気分よく孫権は西暦210年(建安15年)に突入していきます。

しかし曹操も劉備も孫権の思惑通りには動きませんでした。

そしてさらに思いもかけぬ出来事が起こるのです。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

しばらくはこの「合肥の戦い」をテーマにお話を続けていきます。

もちろんこの戦いで名をはせた「張遼」の活躍も詳しくお伝えしていきましょう。

次回もご期待ください。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?

関連記事:孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半)

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだっ…
  2. 試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害
  3. 後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?
  4. 蜀の武将・張達(ちょうたつ)と范彊(はんきょう)に同情の余地はあ…
  5. 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?
  6. びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?
  7. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1
  8. ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達
  2. 【ネオ三国志】第4話:孫家の跡継ぎ、天下へ向けて出陣
  3. 世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!
  4. 官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの?
  5. 関所撤廃って何?織田信長が行った教科書に記されていない政治
  6. 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見? 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー 【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考えていた 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【7/31〜8/6】 【ネオ三国志】第3話:徐州の牧・劉備と兗州の騒乱 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲

おすすめ記事

  1. 夏侯玄(かこうげん)とはどんな人?夏候家の逸材として称えられた名士
  2. スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた!【古代中国の仙人事情】
  3. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術
  4. 将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴
  5. 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/10〜7/16】
  7. 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ
  8. 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP