編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!?

この記事の所要時間: 224




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志スマッシュ!!」のコーナーです。

 

前回から曹操VS孫権の10年間に及ぶ戦い「合肥の戦い」についてお伝えしています。

始まりは西暦208年の「赤壁の戦い」があった直後のことです。

西暦209年までの出来事を前回のお話で触れていますので、

今回は西暦210年からの動きに目を向けてみましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側




周瑜の死

 

孫権の最大の誤算、それは軍の頂点にいた周瑜(しゅうゆ)の死でした。

益州の攻略のため一度呉郡に戻り、孫権に上進した後、

江陵に戻る途中で周瑜は亡くなります。36歳という若さでした。

周瑜は奮武将軍である孫瑜とともに益州を攻略し、漢中まで兵を進め、

そこを孫瑜に守備させている間に周瑜は荊州の襄陽を攻略するという作戦を立てていました。

ここでは西北の勢力である馬超を味方にして曹操に対することも計画されています。

孫権は一気に強大な勢力になる手はずでした。

しかしカリスマである周瑜の死によってすべてが頓挫します。

孫権は益州の攻略を諦めました。

それが西暦210年のことです。




西暦212年に動く

 

この年の9月。孫権は長江南岸の秣陵に石頭城を築きます。

前年に孫権は本拠地をここに移していました。完全に合肥攻略の布石です。

そして城を築いた後は、秣陵を「建業」と改称しました。

今でいう南京です。やがては中華民国の首都となる場所ですね。

呂蒙はさらに孫権に提案しました。

曹操が濡須水を通り進撃してくることが予測されたので、その濡須口に砦を築くのです。

それが「濡須塢」です。

ちなみにこの濡須塢はその形が偃月に似ているので

「偃月塢」や「偃月城」とも呼ばれたそうです。

孫権は曹操と戦う準備を万全なものにしました。

そして10月、曹操は40万の兵力を率いて濡須口に攻め込みます。

ここは合肥よりも100㎞以上南の地点です。

 

10万本の弓矢

 

40万の曹操軍に対して孫権軍は7万でした。

攻め込んできた曹操軍に西の陣を破られますが、

それ以降は曹操の攻撃を防ぎ、対峙したまま年越しとなります。

曹操は夜陰に乗じて長江の中州に兵を進ませたことがありましたが、

孫権側も予測しており、水軍に囲まれ三千人が捕虜となり、溺死者も数千という被害を受けています。

水軍での戦いはやはり曹操は不慣れだったようです。

そこで隊伍の乱れなく整然としている孫権軍を見て、

曹操は「息子には孫権のような子が欲しい。劉表の息子たちなど豚・犬のようだ」

と感心したといいます。

さらに大胆にも大型船に乗って敵情視察に向かう孫権。

曹操軍は弓と弩で迎撃します。突き刺さった矢の重みで船が傾きましたが、

すぐさま反転し、逆面に矢を受けてバランスをとったのです。

そして悠々と引き上げていきました。孫権の度胸の良さを物語っています。

この逸話が後世、諸葛亮孔明の3日で10万本の矢を集めるという創作に繋がっていきます。

本当は孫権の活躍のシーンだったのですね。

 

孫権の手紙

 

こうして西暦211年まで延びた戦いは互いに兵を引くことで終焉しています。

孫権が曹操に送った手紙がそのきっかけになったそうです。

手紙には「春の出水が間近なので早く帰ったほうがいですよ」というものでした。

さらに「あなたが生きているかぎりは私は安心できない」と曹操をもちあげます。

曹操は苦笑いを浮かべながらも、今回は一度引こうと決断し、撤退しました。

孫権の手紙から曹操を敬っていることが伝わってきたからだとも伝わっています。

40万VS7万の戦いは引き分けに終わります。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

しかし「合肥の戦い」はまだまだ続きます。

おそらく皆さんがご存知の両陣の衝突はこの後の話になります。

なんとここから孫権は攻めに転じるのです。

張遼の活躍もそろそろですね。

次回をご期待ください。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?

関連記事:孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半)

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操
  2. びっくり!五丈原の戦いの戦費、現在で換算すると、なんと○○円!
  3. 1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何?
  4. 病気の呂蒙を穴から見守る孫権
  5. 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた
  6. 賊徒から三国志の英雄に出世した武将がこんなにいる!
  7. 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりや…
  8. 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎士
  2. 司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な兄の生涯
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第7部
  4. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.2
  5. 【李傕・郭汜祭り 3日目】殺されてしまった悲劇の樊稠(はんちゅう)
  6. 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志と夏の風物詩「蚊」は古代中国の偉人も苦労していた 28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備 漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れていた! 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事 島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島津四兄弟の闘将 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた 朽井迅三郎(くちい・じんざぶろう)は実在したの?アンゴルモア 元寇合戦記の主人公に迫る 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【前半】

おすすめ記事

  1. 韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメーカー韓遂
  2. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?
  3. 王烈(おうれつ)を知っていたら三国志マニア?名声をもっていながら民衆として生きた名士
  4. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?
  5. 王翦の一族はその後どうなるの?秦の中華統一に貢献した一族
  6. 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【後半】
  7. 【蜀の建国~滅亡まで】蜀の国を背負って戦い続けた丞相【孔明編】
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」の見どころ紹介

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP