袁術祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!?

この記事の所要時間: 224




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志スマッシュ!!」のコーナーです。

 

前回から曹操VS孫権の10年間に及ぶ戦い「合肥の戦い」についてお伝えしています。

始まりは西暦208年の「赤壁の戦い」があった直後のことです。

西暦209年までの出来事を前回のお話で触れていますので、

今回は西暦210年からの動きに目を向けてみましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側




周瑜の死

 

孫権の最大の誤算、それは軍の頂点にいた周瑜(しゅうゆ)の死でした。

益州の攻略のため一度呉郡に戻り、孫権に上進した後、

江陵に戻る途中で周瑜は亡くなります。36歳という若さでした。

周瑜は奮武将軍である孫瑜とともに益州を攻略し、漢中まで兵を進め、

そこを孫瑜に守備させている間に周瑜は荊州の襄陽を攻略するという作戦を立てていました。

ここでは西北の勢力である馬超を味方にして曹操に対することも計画されています。

孫権は一気に強大な勢力になる手はずでした。

しかしカリスマである周瑜の死によってすべてが頓挫します。

孫権は益州の攻略を諦めました。

それが西暦210年のことです。




西暦212年に動く

 

この年の9月。孫権は長江南岸の秣陵に石頭城を築きます。

前年に孫権は本拠地をここに移していました。完全に合肥攻略の布石です。

そして城を築いた後は、秣陵を「建業」と改称しました。

今でいう南京です。やがては中華民国の首都となる場所ですね。

呂蒙はさらに孫権に提案しました。

曹操が濡須水を通り進撃してくることが予測されたので、その濡須口に砦を築くのです。

それが「濡須塢」です。

ちなみにこの濡須塢はその形が偃月に似ているので

「偃月塢」や「偃月城」とも呼ばれたそうです。

孫権は曹操と戦う準備を万全なものにしました。

そして10月、曹操は40万の兵力を率いて濡須口に攻め込みます。

ここは合肥よりも100㎞以上南の地点です。

 

10万本の弓矢

 

40万の曹操軍に対して孫権軍は7万でした。

攻め込んできた曹操軍に西の陣を破られますが、

それ以降は曹操の攻撃を防ぎ、対峙したまま年越しとなります。

曹操は夜陰に乗じて長江の中州に兵を進ませたことがありましたが、

孫権側も予測しており、水軍に囲まれ三千人が捕虜となり、溺死者も数千という被害を受けています。

水軍での戦いはやはり曹操は不慣れだったようです。

そこで隊伍の乱れなく整然としている孫権軍を見て、

曹操は「息子には孫権のような子が欲しい。劉表の息子たちなど豚・犬のようだ」

と感心したといいます。

さらに大胆にも大型船に乗って敵情視察に向かう孫権。

曹操軍は弓と弩で迎撃します。突き刺さった矢の重みで船が傾きましたが、

すぐさま反転し、逆面に矢を受けてバランスをとったのです。

そして悠々と引き上げていきました。孫権の度胸の良さを物語っています。

この逸話が後世、諸葛亮孔明の3日で10万本の矢を集めるという創作に繋がっていきます。

本当は孫権の活躍のシーンだったのですね。

 

孫権の手紙

 

こうして西暦211年まで延びた戦いは互いに兵を引くことで終焉しています。

孫権が曹操に送った手紙がそのきっかけになったそうです。

手紙には「春の出水が間近なので早く帰ったほうがいですよ」というものでした。

さらに「あなたが生きているかぎりは私は安心できない」と曹操をもちあげます。

曹操は苦笑いを浮かべながらも、今回は一度引こうと決断し、撤退しました。

孫権の手紙から曹操を敬っていることが伝わってきたからだとも伝わっています。

40万VS7万の戦いは引き分けに終わります。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

しかし「合肥の戦い」はまだまだ続きます。

おそらく皆さんがご存知の両陣の衝突はこの後の話になります。

なんとここから孫権は攻めに転じるのです。

張遼の活躍もそろそろですね。

次回をご期待ください。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?

関連記事:孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半)

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった…
  2. 英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析
  3. 何で姜維の北伐は反発されてたのに孔明の北伐は反対されなかったの?…
  4. 陶謙はどうして劉備を後継者にしたの?三国志の素朴な疑問に答える
  5. 倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を…
  6. 賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた…
  7. 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を…
  8. 関羽はどうして神格化されてメジャーになったの?三国志で唯一、神に…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【キングダム】昌平君と媧燐は生き別れの姉弟?そこから導かれる悲しい最後
  2. 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」
  3. はじめての三国志 4コマ劇場 その1
  4. 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?
  5. 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧
  6. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

呉のマスオさん朱然、養子で入って呉に尽くした小さな大都督の人生 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る 三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった? たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策 秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かったの? 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤備えを率いた戦国武将 【お知らせ】サイト内検索(検索フォーム)を導入しました 【キングダム】昌平君と媧燐は生き別れの姉弟?そこから導かれる悲しい最後

おすすめ記事

  1. 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人
  2. はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」
  3. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加していた!
  4. 61話:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備軍はどうやって攻略したのか?
  5. 95話:馬超と張飛の一騎打ち
  6. 【キングダム】始皇帝に皇后がいない?その理由について考えてみた
  7. 丁奉(ていほう)ってどんな人?呉の混乱期において、呉を支えた重臣
  8. 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP