曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!

この記事の所要時間: 242




 

人類の文明は、火を操る事によって大きく進歩したと言われています。

火は夜中に外敵の襲撃から身を守って安眠を約束し、火によって肉や魚を炙る事で

食中毒を防ぎ、消化を助けると同時に食物を柔らかく美味しくしてくれました。

そんな火を人類は手軽に携帯出来ないかと考えるようになり、三国志の時代には、

陽燧(ようすい)という現代のライターのようなモノが登場したのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?




太陽の力を利用した陽燧のメカニズム

 

中国では、すでに周の時代には、青銅の鏡を磨いて太陽の光を集めて、

燃えやすいものに引火して火をつける方法が発明されていました。

太陽を使うから、陽燧と言いますが青銅を使うので金燧と言ったりもします。

 

最近でも、オリンピックの聖火リレーの最初にギリシャのオリンピアの遺跡で

青銅の鏡から太陽の光を集めてトーチに発火させる儀式がありますが、

あのような青銅鏡がすでに周の時代にはあり、着火道具として使われていたのです。




後漢の時代、陽燧は手の平サイズになった

 

しかし、周の時代の陽燧はサイズが大きく普段から持ち運べるものではなく、

手軽に、どこでもというわけにはいきませんでした。

ですが、次第に改良が進んでいき後漢の時代には、手の平サイズの直径7センチの

コンパクトな陽燧が出現する事になります。

 

こちらも周の時代と同じく、青銅製ですが、表には精巧な幾何学文様を刻み

常に衣服の帯につけておけるように紐を通すツマミがついています。

表面は凹面になっていて、そこに太陽光を集めるようになっており、

ちょっと見るとアンティークの懐中時計のようで一個欲しい位です。

 

陽燧の実際の性能については、三国志魏志 管寧(かんねい)伝に

 

「掌握の中にありては、形は手を出ざるに上は太陽の火を引き、

呼吸の間、烟景以て集まる」と書かれています。

 

つまり、手の平にすっぽり収まり、太陽の火を集めると、

一呼吸の間に光が集まり煙が見えたというので、なかなか高性能です。

 

陽燧→http://jd.cang.com/821714.html

 

もう少し詳しい引火法

 

陽燧の引火方法は以下のようであるようです。

 

「陽燧の面は窪み、日に向けてこれを照らせば、光みな聚(あつま)りて内に向かう

鏡を放す事一二寸、光聚りて一点となり、大きさ麻菽(あさまめ)の如くなれば

物に著(つ)きて則ち火を発す」

 

これは宋の時代の記述ですが、同じく陽燧なので、使用法には大きな変化はなく、

つまり、光を集めて、豆のような一点になった所に燃えやすい物を置くと、

発火するとそういう意味であるようです。

 

陽燧の弱点、曇りや雨の日、そして夜には使えない

 

デザインもよく、なかなか優れモノな陽燧ですが、一つ弱点がありました。

太陽に依存しているので、曇りや雨、夜には使えないという事です。

この事から、当時の人々は、左の腰には陽燧、右の腰には木燧(もくすい)を

帯びていたというように書かれています。

 

木燧とは、木と木の摩擦で火を出す道具のようで、魏の龐涓が馬陵の戦いで

孫臏が樹木に大書した文字を読もうとして、木燧で火を起こして

その灯りが標的となり、斉の伏兵に矢で射られて絶命した事で有名です。

ただ、木燧を使ってどのように発火していたのか?その形状は?となると

モノがモノだけに全く分っていません。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

銭型平次などで有名な火打石は、実は陽燧や木燧より比較的に新しく、

魏晋南北朝時代に登場しました、名前を燧石(すいせき)と言います。

こちらは、やり方が残っていて、鉄片で石を叩いて火花を出して、

それを火(火+戎:かじゅう)と呼ばれるヨモギや硝石を紙に染み込ませた

モノに落して種火を造り、火燭に移して大きな火にします。

ただ、その作業は大変に面倒くさいもので、「煩わしき事石火を敲く如し」

という慣用句が産まれる程でした。

 

そのせいか20世紀の初頭にマッチが入ると、中国では一気に普及し、

燧石も木燧も陽燧もあっという間に姿を消したのです。

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 袁術大助かり!漢の時代に盛んになった養蜂を分かりやすく解説
  2. 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡
  3. 諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解で…
  4. 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り
  5. まだ漢王朝で消耗してるの?第2話:早すぎた改革者 袁術
  6. 西郷隆盛は子供の頃、剣士になりたかったって本当?
  7. 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生
  8. 陸遜の生い立ちはどんな感じ?知られざる陸遜の前半生に迫る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに?
  2. 迷信を利用して統治を行った魏の西門豹(せいもんひょう)に迫る!
  3. 【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路】
  4. 54話:劉備、再び曹操に敗れる
  5. 関羽を倒さなかった黄忠に、よかミカンが異議アリ?
  6. 馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

李通(りつう)とはどんな人?義侠心に溢れた魏の知られざる勇将 鄧芝(とうし)ってどんな人?ザ・セルフ釜ゆで 孫権を心服させた名使者 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介 漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れていた! 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!? キングダム ネタバレ予想537話「王賁の覚醒」 劉備も茶を求めた?中国茶の種類 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2

おすすめ記事

  1. 【李傕・郭汜祭り 4日目】献帝帰還の功労者の惨めな最期 張済(ちょうさい)
  2. 劉備の人肉食は何故美談になったのか?よかミカンが考察
  3. 餃子を食べれば耳たぶが生えてくる?中国のお正月を分かりやすく紹介
  4. 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師
  5. 97話:蜀を得た事で呉と荊州の支配問題が再燃する
  6. 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介
  7. 盧毓(ろいく)とはどんな人?魏の逃亡兵を規制する法律に「待った」をかけた政治家
  8. 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP