架空戦記
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

晴信の仲介によって停戦と最強の三者同盟成立と運命の戦い

この記事の所要時間: 218




 

武田晴信は武田の当主として君臨すると領土拡大を図っていきます。

彼が目をつけたのは甲斐(かい)の隣国である信濃です。

彼は重臣達を率いて信濃攻略へ向けて出陣します。

信濃攻略戦の当初は順調に行っていましたが、

村上氏の反撃によって信濃攻略に陰りが生じてしまいます。

しかし晴信は村上氏に敗北してもめげずに信濃攻略を継続して行きます。

そんな信濃攻略を進めている中、晴信の今後の信濃攻略において分岐点となる出来事と

生涯において最大のライバルと激突することになるのです。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎




今川氏の救援要請

 

晴信は信濃攻略に勤しんでおりましたが、同盟していた今川家から救援要請が来ます。

彼は今川家の救援要請を快く引き受け、自ら軍勢を率いて今川家の領土である駿河(するが)

へ向けて出陣します。

こうして今川・武田連合軍VS北条軍との対決が始まります。

本格的な決戦には移行することはありませんでしたが、幾度も小競り合いは行われます。




晴信の仲介によって停戦と三国同盟の成立

 

晴信は今川と北条の戦いにいつまでも関わっていては信濃攻略が進まないことに苛立ちを見せ始めます。

そのため彼は両者を和解させるべく奔走します。

晴信の奔走は功を奏し、ついに今川と北条の停戦が成立することになります。

この停戦には甲斐の武田家も入っており、三者間の停戦が成立することになります。

その後今川家の太原雪斎の外交交渉により、三者間の間で婚姻が行われることになります。

武田家は今川義元の姫を貰い受けて晴信の嫡男である義信(よしのぶ)と婚姻。

そして晴信の娘を北条家の当主氏康(うじやす)の嫡男である氏政(うじまさ)へ

嫁がせることになります。

こうして三者間の停戦から三者間の同盟へと発展することになります。

この武田・今川・北条の三者同盟が成立することになると三者間で戦は一切起きなくなり、

武田家は信濃攻略へ向けて全神経を注ぐことが可能になります。

 

北信濃攻略と最大のライバル出現

 

晴信は三者同盟が成立すると信濃攻略へ本格的に始動することになります。

彼は村上氏の本拠地である葛尾城(かずらおじょう)を攻略するべく出陣。

晴信は葛尾城攻防戦で村上義清(むらかみよしきよ)を葛尾城から追い出すことに成功します。

村上義清を追放することに成功した晴信は敵対する村上派の北信濃勢(きたしなのぜい)が

篭城している各城塞へ向けて攻撃を開始します。

晴信の侵攻を知った北信濃の村上派と言われた豪族達は晴信に降伏する旨を伝えて、

降伏することになります。

こうして念願であった信濃攻略は完結することになるのですが、

村上義清は葛尾城から逃れて使者を越後(えちご)のある群雄へ救援要請を行います。

その群雄こそ晴信最大のライバルで、生涯彼の前に立ちはだかる人物になるのです。

その人物は「越後の龍(えちごのりゅう)」として恐れられていた

義の戦士・長尾景虎(ながおかげとら)後の上杉謙信(うえすぎけんしん)です。

景虎は義清の救援依頼を快諾して自ら大軍を率いて北信濃へ向けて出陣することを決めます。

 

戦国史ライター黒田レンのひとりごと

 

三国同盟はその後数十年間維持されることになるのですが、今川義元が織田信長に桶狭間で

戦死したことがきっかけで解消させることになります。

また晴信と景虎の戦いは村上氏の救援要請を皮切りに約20年間も続くことになります。

その内最大の決戦だったのが第四次川中島の戦いです。

この戦いは非常に激戦で戦国時代の大戦の中でも非常に死傷率の高い戦でした。

この戦いももちろんご紹介していきたいと思いますのでお楽しみに。

「今回の戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

参考文献 岩波新書 武田信玄と勝頼文章に見る戦国大名の実像 鴨河達夫著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決ま…
  2. 1万7000人、秀吉軍のフルマラソン(中国大返し)街道でお茶とお…
  3. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!
  4. 【武帝の欲望】あの馬が欲しい!汗血馬を手に入れる為に・・・・
  5. 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介!
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第23話「盗賊は二度仏を盗…
  7. 文欽・毌丘倹の反乱を鎮圧することができたのは傅嘏の進言があったか…
  8. 漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 井伊直虎の許婚はどういう人?おんな城主 直虎をさらに楽しむ!
  2. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(2/3)
  3. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  4. 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変えて愛されていた!
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第21話「ぬしの名は」の見どころ紹介
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/2】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと? 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、性格に難あり キングダム 519話 ネタバレ予想:閼与に飛信隊が投入される! 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう) 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【9/4〜9/10】 【大三国志 攻略7】大注目!序列第1位のあの同盟が登場!天下乱舞はどうなっているのか!? 千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当なの?

おすすめ記事

  1. ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる
  2. キングダム 517話 ネタバレ予想:最近、河了貂がポンコツになっている理由は?
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【12/19〜12/25】
  4. 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの?
  5. あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選
  6. よりぶりんって、何者?
  7. 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣
  8. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP