よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

晴信の仲介によって停戦と最強の三者同盟成立と運命の戦い

この記事の所要時間: 218




 

武田晴信は武田の当主として君臨すると領土拡大を図っていきます。

彼が目をつけたのは甲斐(かい)の隣国である信濃です。

彼は重臣達を率いて信濃攻略へ向けて出陣します。

信濃攻略戦の当初は順調に行っていましたが、

村上氏の反撃によって信濃攻略に陰りが生じてしまいます。

しかし晴信は村上氏に敗北してもめげずに信濃攻略を継続して行きます。

そんな信濃攻略を進めている中、晴信の今後の信濃攻略において分岐点となる出来事と

生涯において最大のライバルと激突することになるのです。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎




今川氏の救援要請

 

晴信は信濃攻略に勤しんでおりましたが、同盟していた今川家から救援要請が来ます。

彼は今川家の救援要請を快く引き受け、自ら軍勢を率いて今川家の領土である駿河(するが)

へ向けて出陣します。

こうして今川・武田連合軍VS北条軍との対決が始まります。

本格的な決戦には移行することはありませんでしたが、幾度も小競り合いは行われます。




晴信の仲介によって停戦と三国同盟の成立

 

晴信は今川と北条の戦いにいつまでも関わっていては信濃攻略が進まないことに苛立ちを見せ始めます。

そのため彼は両者を和解させるべく奔走します。

晴信の奔走は功を奏し、ついに今川と北条の停戦が成立することになります。

この停戦には甲斐の武田家も入っており、三者間の停戦が成立することになります。

その後今川家の太原雪斎の外交交渉により、三者間の間で婚姻が行われることになります。

武田家は今川義元の姫を貰い受けて晴信の嫡男である義信(よしのぶ)と婚姻。

そして晴信の娘を北条家の当主氏康(うじやす)の嫡男である氏政(うじまさ)へ

嫁がせることになります。

こうして三者間の停戦から三者間の同盟へと発展することになります。

この武田・今川・北条の三者同盟が成立することになると三者間で戦は一切起きなくなり、

武田家は信濃攻略へ向けて全神経を注ぐことが可能になります。

 

北信濃攻略と最大のライバル出現

 

晴信は三者同盟が成立すると信濃攻略へ本格的に始動することになります。

彼は村上氏の本拠地である葛尾城(かずらおじょう)を攻略するべく出陣。

晴信は葛尾城攻防戦で村上義清(むらかみよしきよ)を葛尾城から追い出すことに成功します。

村上義清を追放することに成功した晴信は敵対する村上派の北信濃勢(きたしなのぜい)が

篭城している各城塞へ向けて攻撃を開始します。

晴信の侵攻を知った北信濃の村上派と言われた豪族達は晴信に降伏する旨を伝えて、

降伏することになります。

こうして念願であった信濃攻略は完結することになるのですが、

村上義清は葛尾城から逃れて使者を越後(えちご)のある群雄へ救援要請を行います。

その群雄こそ晴信最大のライバルで、生涯彼の前に立ちはだかる人物になるのです。

その人物は「越後の龍(えちごのりゅう)」として恐れられていた

義の戦士・長尾景虎(ながおかげとら)後の上杉謙信(うえすぎけんしん)です。

景虎は義清の救援依頼を快諾して自ら大軍を率いて北信濃へ向けて出陣することを決めます。

 

戦国史ライター黒田レンのひとりごと

 

三国同盟はその後数十年間維持されることになるのですが、今川義元が織田信長に桶狭間で

戦死したことがきっかけで解消させることになります。

また晴信と景虎の戦いは村上氏の救援要請を皮切りに約20年間も続くことになります。

その内最大の決戦だったのが第四次川中島の戦いです。

この戦いは非常に激戦で戦国時代の大戦の中でも非常に死傷率の高い戦でした。

この戦いももちろんご紹介していきたいと思いますのでお楽しみに。

「今回の戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

参考文献 岩波新書 武田信玄と勝頼文章に見る戦国大名の実像 鴨河達夫著など

 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 軍師・荀攸と曹操の懐刀・荀彧が曹操の公就任に反対していればどうな…
  2. 李孚(りふ)とはどんな人?度胸と勇気は三国志一の魏のマイナー文官…
  3. 【三国天武 攻略その3】諸葛孔明?それとも呂布?三国天武に登場す…
  4. 【呉最強説】孫権率いるレッドな政権孫呉軍団の弱点ってあるの?
  5. 豊臣秀吉の天下統一に向けて「四国征伐」が開戦!どんな戦いになった…
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第30話「潰されざる者」の…
  7. 馮煕(ふうき)とはどんな人?曹丕の脅迫に屈しなかった呉の外交官で…
  8. 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【はじめての三国志読者へお知らせ】あの袁術祭りのバナーを設置したよ!
  2. 策士・参謀・軍師の役割の違いって何?
  3. 涙なしには語れない桃園の結義
  4. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?
  5. 強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致
  6. 屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達 月刊はじめての三国志2017年8月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 秦の『人材』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか? 勝海舟はどんな人?西郷どんの親友、幕末ちょい悪親父の波乱の人生 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった? 天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!? 高杉晋作の奇兵隊はどんな組織だった? 諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!

おすすめ記事

  1. 岩倉使節団とは何?大久保利通がイギリスに行った理由
  2. 【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐
  3. 張飛の武勇って一万人と一緒だったってマジ!?
  4. 趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親(ほうがしん)
  5. 周瑜は孫策よりも名門で君主になってもおかしくなかった
  6. 【信長の野望】織田信長は、天皇家を取り込もうとしていた!?
  7. 卑弥呼はなぜ死んだの?卑弥呼の死の謎に迫る!
  8. まだ漢王朝で消耗してるの?第5話:統一国家 晋の礎 司馬懿

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP