曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められることになったの?

この記事の所要時間: 213




 

「子龍一身(しりゅういっしん)これ胆なり」。

この言葉は趙軍がある戦で活躍した時に劉備が彼を褒め称えた言葉です。

この言葉は「趙雲の全身は肝っ玉の塊のようなやつだ」という意味で、

非常に度胸のある人物であるという事を表しております。

さてこのように劉備から大いに褒められた趙雲(ちょううん)ですが、

どの戦でこのように褒められたのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙




曹操軍の輸送車を襲う

 

劉備は益州を占領すると漢中を領有していた曹操軍を撃退するため出陣します。

劉備軍は漢中を守っていた夏侯淵(かこうえん)を撃破することに成功し、

彼が守っていた定軍山(ていぐんざん)を占拠。

曹操夏侯淵が敗北したことを知ると劉備を討伐するために自ら大軍を率いて出陣。

彼は定軍山に到着する前に北山にコメを輸送させるように命令を下します。

 

 

黄忠(こうちゅう)は曹操軍が北山にコメを輸送していることを知ると

趙雲軍の兵士を借りて曹操軍の輸送車を強奪するために出陣してしまいます。

趙雲黄忠から事後承諾でこの事を聞いていたので、

彼が帰ってくるのを待っていましたが、約束の時間になっても彼は帰ってきませんでした。

そのため自ら数十騎を率いて黄忠の様子を見に行きます。




曹操軍の大軍に襲われる

 

趙雲は黄忠の様子を見に行くことになりますが、

途中で曹操軍の軍勢と鉢合わせてしまいます。

彼は自らの軍勢が数十騎しかいないのですぐに退却しようと考え、

自らが殿(しんがり)となって曹操軍を迎撃しつつ軍勢を退却させていきます。

趙雲は突撃して曹操軍を何度か押し返しながら少しづつ退却していくのですが、

趙雲の副官であった張著(ちょうちょ)という人物が、

曹操軍に囲まれてやられそうになっていました。

趙雲は副官を助けるために自ら曹操軍に単騎で突撃を行って彼を救い出してから、

再び退却を行っていきます。

 

陣営の門を開けさせて・・・・

 

趙雲は自らの陣営に到着すると陣営を守備していた張翼(ちょうよく)に

「門を開け放たせ太鼓をやめさせろ。また旗を伏せよ」と矢継ぎ早に命令を出します。

曹操軍は趙雲の陣営が門を開いて静かにしている様子に困惑して、

退却を開始していきます。

すると趙雲は退却していく曹操軍に対して弩(ど)を発射させ、

太鼓をけたたましく打ち鳴らして曹操軍に突撃を開始。

この攻撃によって曹操軍は敗北して撤退することになります。

 

戦場を巡察した劉備に褒められる

 

劉備は趙雲が曹操軍を見事に迎撃して追い返した事を聞きます。

すると彼は翌日趙雲の陣営に趣いて彼の戦場での活躍をつぶさに見聞します。

そして劉備は趙雲に対して「子龍。お前は度胸の塊のような男だな」と

大いに褒めたそうです。

この時の戦いで活躍したことによって一番最初に紹介した「子龍一身これ胆なり」と

いう言葉が出来ることになるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

さて黄忠はどうなったのでしょうか。

正史三国志蜀書には黄忠が曹操軍の輸送中の兵糧を奪った事実は記載されていません。

そのため上記のお話は趙雲列伝と言う物語に書かれているもので、

趙雲が黄忠を救援しに行った事実は虚飾かもしれません。

しかし長坂の戦いで曹操軍の大軍に一騎で突っ込んでいって阿斗(あと)を救出したことは事実ですので、

劉備が趙雲を褒めた「子龍一身これ胆なり」と言う言葉は史実の趙雲に

ピッタリ当てはまる言葉ではないのかなとレンは考えます。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】

関連記事:趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?
  2. 魏延(ぎえん)ってどんな人?|裏切り者?それとも忠義の士?
  3. 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物
  4. なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?
  5. 朱儁(しゅしゅん)とはどんな人?董卓を恐れずに反対意見を述べた人…
  6. 曹丕が早死の原因は呪術?それとも病気?曹丕の死因に迫る
  7. 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀…
  8. 春秋戦国の覇者・桓公の最後は非常に残念!名宰相がいなくなったら大…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 董卓は実は名将軍であるという根拠
  2. 三国志乱舞 – スクエニが贈る本格三国志RPG -とはどんなアプリゲーム?
  3. 神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった
  4. みにおん三国志とはどんなアプリゲーム?
  5. 大久保利通はどんな性格をしていたの?身長や西郷隆盛との関係性
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【11/20〜11/26】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操が遺言で見せた女性への愛情 管輅(かんろ)とはどんな人?全ての占いを極めた天才占い師 曹操に警戒された司馬懿の凄さはどこにあるのか? 【感謝・出版】各カテゴリで売れ筋ランキング1位を獲得しました。 孫権はなぜ孫策の子息を冷遇したの?それは孫権が袁術を愛していたから? 2017年はじめてのストライキ宣言文 賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡の淵に叩き込んだ悪女 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第24話「さよならだけが人生か」の見どころ紹介

おすすめ記事

  1. 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣
  2. もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた?
  3. 信長ジェラる?高松城水攻めからの甲州征伐の流れが完璧すぎる
  4. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  5. 邪馬台国のラストエンペラーの正体を探る!仕組まれた神武東征?!
  6. 井伊直弼が暗殺されたのは何故?暗殺へのステップを解説
  7. 【パチ感満載】後出師の表を堂々パクった諸葛恪!
  8. 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP