三国志平話
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

はじめての蜀

張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の重臣

この記事の所要時間: 338

張翼

 

張翼(ちょうよく)は、蜀漢成立期に劉備(りゅうび)の臣下として仕えます。

劉備の死後、孔明(こうめい)や蒋琬(しょうえん)、姜維(きょうい)らが起こした北伐にも参加し、戦い続けた蜀漢の将軍・張翼を紹介していきたいと思います。

 

 

政治家として、劉備に仕える

photo credit: Blurred via photopin (license)

photo credit: Blurred via photopin (license)

 

張翼は、劉備が益州を平定した際に仕えることになります。

彼の父や祖父などが政治家であったことから、張翼も政治家の仕事を任されることになります。

初めは県長に任命され、県令となり、最終的には各地の太守を歴任します。

 

関連記事:現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!!

関連記事:主人公になるべく登場した男、劉備玄徳

関連記事:劉備と劉邦

 

 

張翼はどんな性格なの?

 

彼は法を厳格に守り、小さな罪も許さない性格でした。

南中統治時代に、彼の厳格に法を守る統治を嫌った異民族が反乱を起こします。

蜀の政府から反乱が起きた原因を明らかにするため、南中統治の職を解かれ、中央に呼ばれることになります。

彼は後任者の馬忠が来るまで前線に留まり、兵糧や武器を充実させた後、馬忠と交代します。

馬忠は張翼が準備した軍備を使い反乱を見事に鎮定します。

馬忠は、反乱鎮定の準備がしっかりしていたことを当時の宰相であった孔明に報告すると、張翼を信頼して、重用していきます。

 

関連記事:孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件

関連記事:悲しみの巨人、兀突骨(ごつとつこつ)は実在してた?

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

政治家から軍人へ

 

張翼がある県長で勤務していた頃、定軍山の戦いが発生します。

彼は趙雲の軍勢に従軍し、定軍山の戦いで曹操軍を破る大功を立て、この頃から軍人の道へ進み始めます。

孔明率いる蜀軍の北伐にも参加し、実績を積み上げ、孔明の死後軍人としての才能と政治家としての統治能力の高さが認められ、

侯の位と西征大将軍の将軍位を下賜されるのです。

 

関連記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

 

蜀の国家のため、姜維の北伐を批判し続ける

姜維

 

張翼は、姜維(きょうい)の北伐が計画されていることを知ります。

彼は蜀の重臣として、姜維を激しく批判します。

しかし姜維は北伐を実行し、張翼も渋々参加します。

魏の王経を撃破し、蜀軍の強さを大いに見せ、追撃しようとします。

張翼は「今、魏軍を大いに破り、これ以上の戦果をあげる必要はない。すぐに退却するべきだ。」と姜維に進言します。

しかし姜維は彼の進言を取り上げず、追撃を行い、狄道城を包囲します。

 

【次のページに続きます】

 

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【第三回 放置少女】ひとりぼっちからの脱出と景品を狙い撃つぜ
  2. 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦…
  3. 孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?
  4. 王朗からの手紙「You降っチャイナ」に諸葛亮ガチギレ
  5. 費禕は食わせ者?人の相談に乗りながら足をすくう
  6. 【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった
  7. 関羽は本当に反権威の人だったのか?
  8. みんな~!数学の時間だよ~!算木を使って問題を解いてみよう

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった
  2. 【三國志曹操伝 ONLINE 攻略最終回】三国志演義・曹操伝の第二章攻略ポイント
  3. 久坂の思想から新日本グランドデザインを探れ!
  4. 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」
  5. 【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャンスを失ってしまう
  6. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに馬超を追加しました

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

鍋島直茂(なべしま なおしげ)がスゴイ!主家乗っ取りに成功!時勢を見る目と優秀な智謀を持った肥前の名将 実はガラクタ疑惑も諸葛亮が発明した木牛流馬とは? 58話:水鏡先生曰く、劉備に足りない人物って誰の事? 現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!! 羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解説 朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍 沢山の人材を発掘した呉の孫権 江戸時代の犯罪はどう裁かれた? 今とは違う価値観を紹介

おすすめ記事

  1. 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る
  2. 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟徳の友人
  3. 魯粛がいたからこそ劉備は蜀を建国できた!?
  4. 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ
  5. 竹林の七賢とは何をしている人たちなの?成り立ちなどをわかりやすく解説
  6. 【三国志if】もしも劉備が諸葛亮孔明にフラれていたら!?
  7. キングダム 533話 ネタバレ予想:桓騎が単独で鄴を落とす?
  8. 土方歳三の勇気が湧く名言「灰になっても自分を貫け」

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP