コメント機能リリース
馬超


はじめての三国志

menu

はじめての変

かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生

劉禅

 

阿斗(あと)劉備の息子劉禅(りゅうぜん)の幼名です。

 

中国語辞典でこれを引くと、

「阿斗A Dou」→「ばか者、あほう、ろくでなし」と出ます。

 

劉禅は、

有能な諸葛孔明の補佐を受けながらも、

うまく立ち回ることができず、

しまいには蜀漢を滅ぼしたということで、

後世の人々から、残念すぎる男という烙印が押されてしまいました。

 

蜀漢の皇帝にもなった人なのに……!

諱(いみな)でも、字(あざな)でもなく、

幼名で呼ばれてしまうという屈辱的な扱いの上、

ばかを示す慣用句にもなってしまったかわいそうな阿斗。

 

この涙なしには語れない、阿斗の受けた数々の災難を

まとめてみました。

 

 

 

本来の阿斗の意味

劉備と4人の妻

母親の甘(かん)夫人は妊娠中、

北斗七星をのみこむ夢を見ました。

 

そこでおなかの子供は北斗七星の加護を受けた

輝かしい男児に違いないと確信し、

阿斗と名付けました。

 

「阿」は「~ちゃん」という意味ですので、

「北斗ちゃん」という雰囲気の幼名になります。

 

この当時にまだ道教は確立しておらず、その原型となる

太平道五斗米道などが発生したばかりの頃ですが、

道教において北斗七星というのは、重要な神です。

当時すでに北斗七星を神格化する考え方が広まりつつあったと

考えてもよいでしょう。

 

阿斗は、ともすれば神の申し子では!?

という期待のもとに生まれた子供だったのです。

 

ところが実際は……。

 

関連記事:妻子を人質に取られすぎな劉備

関連記事:三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介

 

生まれてすぐ、戦火の中におきざり

逃げる劉備追う曹操

 

208年、荊州に滞在していた劉備(りゅうび)のもとへ、

曹操(そうそう)が攻めてきます。

劉備は必死に逃げますが、曹操の精鋭部隊に追いつかれてしまい

混戦状態となります。

 

劉備は、大将が死ぬわけにはいかないということで、

いち早く逃げます。

 

このとき阿斗は、

劉備の正室である糜(び)夫人と行動を共にしていました。

生母の甘夫人は側室でしたので、阿斗は正室の糜夫人に嫡男として

育てられていたのかもしれません。

 

関連記事:曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ

関連記事:曹操孔明の実力を確認すべく劉備討伐の兵を挙げる 

 

戦場で、命に係わる恐怖の体験

 

生まれたばかりの乳児だった阿斗は、

糜夫人に抱かれ、戦場を逃げまどいました。

 

この際に糜夫人は致命傷を負います。

車から転がり落ちるとか、兵士に刺されながらも命からがら逃げるとか、

そういう目に遭ったと考えられます。

阿斗も一緒に、本当に怖い思いをしたに違いありません。

 

 

目の前で、育ての母が自殺

超雲 阿斗 守る ゆるい

このとき、趙雲(ちょううん)が単騎で駆け戻ってきました。

阿斗と夫人らを救出に来たのです。

 

糜夫人は阿斗を趙雲に託します。

ですが、致命傷を負っていたために、足手まといになることを怖れ、

井戸に身投げして自殺してしまいます。

 

阿斗は目の前で、養母を失ってしまうのです。

 

父は喜ぶどころか、阿斗を投げ捨てる

趙雲 長坂の戦い

戦場におきざりにされた阿斗は、

助けに来た趙雲(ちょううん)の胸に抱かれて陣中へ戻ります。

 

劉備は、ここで幼い息子を抱きしめて涙を流して喜ぶ……、

ということはせず、

再会を喜ぶどころか、

な、なんと、阿斗を地面にたたきつけます。

 

……死にますっ! 死にますって、アニキ!!

 

そして

「こんな子供のために、趙雲みたいな有能な部下をなくすところだった!」

と叫ぶのです。

完全に八つ当たりです。

 

劉備の言葉に感激する趙雲の横で

地面に転がり泣きじゃくる阿斗……、かわいそうですね。

 

関連記事:迫りくる曹操軍50万、絶望的な退却戦 長坂の戦い

関連記事:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会

 

生母とも死別

photo credit: Mohnblume via photopin (license)

photo credit: Mohnblume via photopin (license)

 

無事に命を繋いだあとも、

そう簡単に平穏な日々は訪れませんでした。

 

生母の甘夫人が、病で亡くなってしまったのです。

養母、生母ともに、亡くしてしまった阿斗はひとりぼっちです。

 

もちろん忙しい父親が、かまってくれるはずもないでしょう。

心に抱えた空虚な想いは、膨れ上がるばかりでした。

 

 

まもなくやってきた義母は武器マニア

孫尚香

 

甘夫人の死後まもなく、劉備のもとには孫権の妹が嫁いできます。

孫尚香(そんしょうこう)という名で知られた女性です。

ここでは、孫夫人と記します。

 

孫夫人は、少し変わった趣味を持っていて、

武器が大好きで、部屋をものものしい武器で飾り立て、

侍女たちをいつも武装させていたといいます。

 

彼女の部屋を訪れるとき、

劉備はいつもびくびくしていたといいますから、

幼い阿斗は言わずもがな、おそろしくてたまらなかったでしょう。

 

「ぼく、逆らったら殺される……!」

 

そんな危機感さえ、抱いていたかもしれません。

 

関連記事:孫尚香ってどんな人|孔明曹操孫権と並び評された人物

関連記事:荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです

関連記事:蜀を得た事で呉と荊州の支配問題が再燃する

 

呉に拉致される寸前

孫権 劉備 対立
それでも、孫夫人と阿斗はだんだんと親しくなっていきました。

生まれてすぐに母を失った阿斗にとっては、

孫夫人の存在は大きなものだったに違いありません。

 

しかし2年後、劉備と孫権(そんけん)の関係にひびが入ります。

当時劉備は、入蜀のために戦に出ていて、

孫夫人と阿斗は、拠点に残されたままでした。

 

そこへ孫権から妹へ、

呉へ戻ってくるようにとの手紙が来ます。

 

孫夫人はこのとき、阿斗を一緒に連れて行こうとします。

 

孫権への手土産に、劉備の嫡男を人質に連れて行こうと思ったのかも

しれませんし、

阿斗がたいへん孫夫人に懐いていたために、

ちょっと旅行に連れて行こう、すぐに戻ってくるし、

という気持ちだったのかもわかりません。

 

しかし、劉備の家臣たちからすると、

嫡男誘拐ということで、大事件です。

 

張飛と趙雲が追いかけ、孫夫人から力づくで阿斗を奪い返しました。

以上、幼い阿斗の身に起こった様々な事件でした。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

劉禅

 

よく読まれてる記事:蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?

 

劉禅 韓非子

 

よく読まれてる記事:劉禅が読んだ韓非ってどんな本?

 

13人の妻達(曹操)

 

よく読まれてる記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■自己紹介:

はじめての三国志

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. 曹操 三国志 ゆるキャラ1 乱世の奸雄・曹操の初陣はどんな戦いをしてたの?
  2. 五虎大将軍の馬超 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前ま…
  3. 陳宮 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  4. 呉蜀赤壁の戦い 陸遜が赤壁の戦いに参加したらどうなっていた?【if三国志】
  5. 孔明 諸葛亮と徐庶と崔州平はどうして仲が良かったの?
  6. 蒋琬と姜維と王平 蔣琬と費禕の二人がいなければ三国志の歴史が大きく変わっていた!?…
  7. 曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后 【曹操死す】卞皇后の一番辛くて長い日々
  8. 韓非子を読む劉禅 劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  2. 司馬懿と曹操
  3. 夏侯玄
  4. 劉備と呂布
  5. 新選組の土方歳三

おすすめ記事

  1. 【告知】伝説の企画「袁術祭り」電子書籍を発売するよ
  2. 【織田信長が明智光秀に殺害される】謎に包まれた本能寺の変:黒幕は誰だ? 織田信長
  3. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.3【完】
  4. 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽 王政君お怒り!玉磁なげる
  5. 白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語
  6. 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達 曹操

三國志雑学

  1. 鄒氏
  2. 袁術と呂布
  3. 怒る陳宮
  4. 関羽は神様
  5. 奮闘する黄蓋


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 夷陵の戦いで負ける劉備
  2. 蜀の馬超
  3. 蜀の厳顔
  4. 張昭、孫権、孫策、周瑜
  5. 過労死する諸葛孔明
  6. 海上での戦い11 田豫
  7. 司馬懿対孔明

おすすめ記事

三国志時代の牢獄 三国志時代に奴隷や奴婢はいたの?三国志の暗部に迫る 【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの? 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ 橋本左内の辞世の句とは?獄中の天才の無念を読み解く 華陀 世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか 魯粛 天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった? 関羽が好きすぎる曹操 41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操 袁紹は董卓のおかげで群雄として名乗りを上げることができた!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP