法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

2017年はじめてのストライキは、エイプリルフール企画でした!

 

読者の皆様、今年もはじめての三国志のエイプリルフールに付き合って頂き、

誠に有難う御座います。

前年度と同じく、今回のストライキも全くの嘘で御座います。

 

今後もはじめての三国志ライター一同、更新を休む事なく、

三国志の記事を、随時更新していく事を読者の皆様にお約束致します。

 

 

さて、今回、はじさんのライター3名が、エイプリルフールネタとは言え、

突然、三国志以外の記事を書き始めた事には理由があります。

 

私共、はじさんライターは、毎日、毎日、三国志の記事を書き続けて、

或いは、三国志を客観視できなくなっているのではないか?

その事を考え、一度別の記事を書いてみて、固定化した三国志観をリセットし

改めて三国志について、見つめ直したかったのです。

 

毎日のように書いている三国志の記事なら、相当な量の記憶知があり、

書いて行く作業はスムーズですが、三国志から離れると、

アプローチの仕方、情報の取り方、反映の仕方などが変わってきます。

 

 

今回、kawausoは、水滸伝を担当しましたが、元々知っているテーマとは言え

やはり細部に至ると、三国志との違いがあり、三国志と同じような表現方法では

水滸伝の魅力を充分に活かせないと感じました。

そこで今回は、三国志のような全体把握ではなく、登場する好漢一人一人の逸話に

焦点を当て丹念に拾い、人物像が浮かびあがるような描写を心がけました。

 

元々、水滸伝自体がそういう好漢に焦点を当てた物語なので、

既存の水滸伝と似せ過ぎず、kawausoらしさを出す所に苦労しました。

 

 

ろひもと理穂氏は、プロ野球、特に東京ヤクルトのファンのようで、

三国志の群雄をプロ野球選手に例えて、イチローや大谷翔平、田中好大を、

曹操(そうそう)や関羽(かんう)、呂布(りょふ)のような三国志の豪傑と

だぶらせる形で紹介しています。

 

 

はじスト記事においては、豊富なプロ野球知識を駆使していて、

いつもとは一味違う、ろひもと氏の表現方法が見られたと思います。

 

普段、記事の執筆においてプライベートな趣味を語る人ではないので、

今回、ろひもと氏がプロ野球ファンだと知り、驚いた読者の方もいらしたでしょう。

 

ろひもと氏は、御自身でも袁術を主人公とした小説を自ブログで公開するなど、

はじさんのライターでは珍しい、小説家タイプの書き手です。

その特徴を活かした読みやすさは、ライターの中でも随一ではないかと思います。

 

 

そして、今回のはじストで、一番踏み込んでいたのが黒田廉氏です。

私も、ろひもと氏も、同一テーマを通しで書いていますが、黒田氏は3つの記事を

それぞれ、中国歴史の悪女、徳川四天王、井伊直政、西郷隆盛の西南の役についてと

別々のテーマを3つ設定して仕上げて頂きました。

 

 

特に、西郷隆盛が西南の役を起こした真の理由を、盟友、大久保利通と協力し、

不平士族を敢えて反乱に導いて敗戦し、武力では明治政府に勝てないと分らせる為と

推測し、どうしてそう考えるのか?を時代の流れを通して説明しています。

 

もちろん、それらは仮説ですし、幕末史を専門に長年やっている方からすると、

色々の反論や異論がある事と思いますが、考えてみると、三国志ばかり書いていては

このような記事を書く機会も発表する機会も余り無かったでしょう。

 

黒田氏は、本家はじさんでも従来は、こう言われているけど本当はこうではないか?

というような大胆な仮説を取り上げていて、はじさん一、攻めているライターです。

 

どうしても、史料を鵜呑みにして、こうだという固定観念を持ちやすいのが、

三国志世界の常なのですが、それを柔軟にしていく上で、黒田氏の視点は、

はじめての三国志の大きな力になると思います。

 

 

今回、私共、はじさんライターは、それぞれ、違うジャンルの記事を書くことで、

自分の中の強み、弱点、まだ開発されていない未知の部分においての、

手ごたえを掴む事が出来たように思います。

 

そして今後、この経験を活かし、より面白く、タメになる、三国志記事を

産み出していきますので、読者の皆様、御声援宜しくお願い致します。

 

2017年エイプリフール企画

 

関連記事:【はじめての水滸伝】役級を一挙公開、これが好漢だ!

関連記事:【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む

関連記事:【水滸伝】こいつらが憎っくき悪役達だ!!

関連記事:【水滸伝】なっとくできるか!本を捨てたくなるヒドイ結末

関連記事:ところで水滸伝って何?美味いの?中国の明の時代に完成した四大奇書

関連記事:はじめてのプロ野球(三国志風)日本のプロ野球は人材の宝庫?

関連記事:はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ

関連記事:はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達

関連記事:西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは?

関連記事:中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった?

関連記事:徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人?

関連記事

  1. 手紙を読む曹操 これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話
  2. 衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?
  3. 関羽 関羽の名言にはどんなモノがあるの?
  4. 曹操躍進 27話:良い事が無かった曹操に勝機が訪れる!青州兵誕生秘話
  5. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250 【三国志の学校】はじめての三国志コミュニティについて
  6. 楽進 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しち…
  7. 孔明君のジャングル探検 【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征
  8. 【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパル…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操は褒め上手
  2. キングダム53巻
  3. 許攸 兵糧のありか教えますひひひ
  4. 張飛のヨメ
  5. 李典
  6. 環夫人
  7. 蜀の魏延

おすすめ記事

  1. 裏切りイメージが悪影響か?魏延の墓は破壊されてしまった?
  2. 【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!
  3. キングダム(春秋戦国時代)には核兵器は存在した?葵丘の盟とオバマ大統領の広島訪問 はじめての三国志 画像準備中
  4. 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性 王昭儀
  5. 鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!! 鼎(かなえ)
  6. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?

三國志雑学

  1. 夏侯淵
  2. 曹仁
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 李逵(水滸伝)
  2. 金栗四三 いだてん
  3. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  4. 畠山義就
  5. 劉備
  6. 反董卓軍010
  7. 今川義元

おすすめ記事

坂本龍馬(幕末時代) 坂本龍馬の髪型はハゲ隠しだったの? 孔明の罠 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠 曹幹 楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称えた政治家 勝海舟はどんな人?西郷どんの親友、幕末ちょい悪親父の波乱の人生 【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパルタVS中華最強秦のガチ対決!! ドケチな孔明 【そうか!】蜀の次世代武将達に孔明が与えた任務が深い 呂布の英雄石像 【元祖】那須与一は呂布だった?弓矢の実力も一流の呂布の逸話 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて皇帝になる Part.2

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP