キングダム




はじめての三国志

menu

はじめての変

劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは?

この記事の所要時間: 230




 

益州を攻略して三国志の一角である蜀を建国した劉備(りゅうび)

彼は益州攻略を済ませると大軍を率いて漢中に駐屯している曹操軍の討伐に

出陣することになります。

益州を統治してまもない頃、劉備は謎の人物と会見しておりました。

劉備いわく「諸葛孔明に匹敵する才能を持っていた人物」であったようですが、

一体何者なのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蔡夫人、張允、蔡瑁、トリオ攻撃が劉備を追いつめる!




犠牲を払いつつも益州攻略を果たす

 

劉備は益州のボスであった劉璋(りゅうしょう)を降伏させ、

益州の主として君臨することに成功。

しかし益州攻略に払った代償も軽微な物ではありませんでした。

彼が益州攻略に払った代償とは一体何なのでしょうか。

 

 

それは諸葛孔明に匹敵する才能として認められていた龐統(ほうとう)を亡くしてしまったことです。

一人の逸材を失いながらもなんとか益州攻略を果たした劉備でした。




謎の人物Xが訪れてくる

 

益州を攻略してまもない頃、劉備の元へ一人の人物が訪れてきます。

その人物は劉備と会見すると魏を討伐する作戦などを語り合います。

この人物の魏討伐作戦を聞いた劉備は自らが考えていた魏討伐作戦と一緒であったので、

諸葛孔明を呼んで色々な話をしようと思い側近へ孔明を呼びに活かせます。

その間この人物は色々な話をしていきながら劉備に少しずつ近づいて行き、

あと一息で劉備の至近距離に近づける事ができたのですが、

孔明が来てしまったため彼は急いで孔明に頭下げて部屋を出てってしまうのでした。

 

謎のXは曹操からの刺客だった

 

劉備は孔明がやってくると「君に匹敵する人物が見つかった」と嬉しそうに話します。

孔明は劉備へ「その人物はどこに行きましたか。」と尋ねます。

すると劉備は「先ほど部屋を出て行った人物が孔明に匹敵する人物だ」と述べます。

孔明は「そうですか。

しかしあの人物は目つきが悪く常におどおどしている様子が仕草から見て取れました。

あの人物もしかしたら曹操から派遣されてきた刺客なのではないのでしょうか。」と言って、

劉備の側近へ客をすぐに追うように命じます。

側近は急いで客の跡を追っていきますが、すでに宮殿からいなくなっている後でした。

後に謎の人物Xは、

孔明が予想したとおり劉備を殺害しようと考えた曹操からの刺客でした。

劉備は色々な人物を今までみてきたにも関わらず、

曹操から派遣されてきた刺客であることを見破ることができないほどの人物でした。

 

謎の人物Xとは?

 

劉備の観察眼をもってしても刺客であることが見破ることのできなかった謎の人物X。

劉備いわく「諸葛孔明に匹敵する人物」と言わしめた人物であるのに、

名前が一切記載されていません。

またこの人物は史書には一切記載されておらず、

晋の時代の人物で郭沖(かくちゅう)という人物が記した書物にしかこの事柄は、

書かれていません。

さらに孔明に匹敵するはずのこの人物は、

一体魏に帰った後にどのような官職に就くことができたのかもまったくもって不明なのです。

魏の謎の人物Xはいったい誰であったのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

劉備が孔明に匹敵する人物であると言わしめた人物が果たして刺客を行うのでしょうか。

レンはこの記載は郭沖という人物が、

でっち上げた記載なのではないのかなと思います。

その理由としてそもそも孔明に匹敵する人材がなぜ人名すら書かれていないのでしょうか。

もし本当に孔明に匹敵するくらいの人物であれば、

必ず史書には名が記載されているはずです。

記載が無いということはそのような人物が居たのかどうかも怪しいですし、

本当にこれらの事件があったのかどうかすら不明です。

しかし一つ言えることは劉備の観察眼をもってしても、

刺客であるかどうか見抜くことができず、

さらに言えば曹操の陣営には多くの優秀な人材がいることを

物語っているエピソードなのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】

関連記事:趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった
  2. 武田信繁(たけだのぶしげ)とはどんな人?武田信玄の片腕と呼ばれた…
  3. 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置か…
  4. 【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘…
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部
  6. 孔明と一緒に蜀の政権を支えた熟考型の人材ってどんな人?
  7. 董卓の墓は存在するの?三国志観光旅行
  8. 胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だった
  2. 実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる
  3. 橋本左内とはどんな人?西郷どんが生涯尊敬した越前の天才
  4. 【第5回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】総括します!愛着の湧く三国志ゲームでした
  5. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第5部
  6. スーパーエリート袁術!理由はファミリーにあり?スーパー名家を探るよ

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期待された曹操の4男 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる 蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた! 暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ) 秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か? 第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの? 袁紹の敗北は関羽のせいだった? 鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

おすすめ記事

  1. 合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?
  2. 徐栄(じょえい)とはどんな人?曹操と孫堅を破った董卓軍の隠れた名将
  3. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4
  4. 話題の水素水問題は三国志時代にもあった?健康になる水信仰
  5. 彗星のごとく駆け抜けた小覇王・孫策
  6. 趙雲の京劇風コスチュームって何?真・三國無双8をさらに楽しむ
  7. 独裁なんて無理!三国志の群雄は雇われ社長
  8. 張飛の武勇って一万人と一緒だったってマジ!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP