帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての変

劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは?

この記事の所要時間: 230




 

益州を攻略して三国志の一角である蜀を建国した劉備(りゅうび)

彼は益州攻略を済ませると大軍を率いて漢中に駐屯している曹操軍の討伐に

出陣することになります。

益州を統治してまもない頃、劉備は謎の人物と会見しておりました。

劉備いわく「諸葛孔明に匹敵する才能を持っていた人物」であったようですが、

一体何者なのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:蔡夫人、張允、蔡瑁、トリオ攻撃が劉備を追いつめる!




犠牲を払いつつも益州攻略を果たす

 

劉備は益州のボスであった劉璋(りゅうしょう)を降伏させ、

益州の主として君臨することに成功。

しかし益州攻略に払った代償も軽微な物ではありませんでした。

彼が益州攻略に払った代償とは一体何なのでしょうか。

 

 

それは諸葛孔明に匹敵する才能として認められていた龐統(ほうとう)を亡くしてしまったことです。

一人の逸材を失いながらもなんとか益州攻略を果たした劉備でした。




謎の人物Xが訪れてくる

 

益州を攻略してまもない頃、劉備の元へ一人の人物が訪れてきます。

その人物は劉備と会見すると魏を討伐する作戦などを語り合います。

この人物の魏討伐作戦を聞いた劉備は自らが考えていた魏討伐作戦と一緒であったので、

諸葛孔明を呼んで色々な話をしようと思い側近へ孔明を呼びに活かせます。

その間この人物は色々な話をしていきながら劉備に少しずつ近づいて行き、

あと一息で劉備の至近距離に近づける事ができたのですが、

孔明が来てしまったため彼は急いで孔明に頭下げて部屋を出てってしまうのでした。

 

謎のXは曹操からの刺客だった

 

劉備は孔明がやってくると「君に匹敵する人物が見つかった」と嬉しそうに話します。

孔明は劉備へ「その人物はどこに行きましたか。」と尋ねます。

すると劉備は「先ほど部屋を出て行った人物が孔明に匹敵する人物だ」と述べます。

孔明は「そうですか。

しかしあの人物は目つきが悪く常におどおどしている様子が仕草から見て取れました。

あの人物もしかしたら曹操から派遣されてきた刺客なのではないのでしょうか。」と言って、

劉備の側近へ客をすぐに追うように命じます。

側近は急いで客の跡を追っていきますが、すでに宮殿からいなくなっている後でした。

後に謎の人物Xは、

孔明が予想したとおり劉備を殺害しようと考えた曹操からの刺客でした。

劉備は色々な人物を今までみてきたにも関わらず、

曹操から派遣されてきた刺客であることを見破ることができないほどの人物でした。

 

謎の人物Xとは?

 

劉備の観察眼をもってしても刺客であることが見破ることのできなかった謎の人物X。

劉備いわく「諸葛孔明に匹敵する人物」と言わしめた人物であるのに、

名前が一切記載されていません。

またこの人物は史書には一切記載されておらず、

晋の時代の人物で郭沖(かくちゅう)という人物が記した書物にしかこの事柄は、

書かれていません。

さらに孔明に匹敵するはずのこの人物は、

一体魏に帰った後にどのような官職に就くことができたのかもまったくもって不明なのです。

魏の謎の人物Xはいったい誰であったのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

劉備が孔明に匹敵する人物であると言わしめた人物が果たして刺客を行うのでしょうか。

レンはこの記載は郭沖という人物が、

でっち上げた記載なのではないのかなと思います。

その理由としてそもそも孔明に匹敵する人材がなぜ人名すら書かれていないのでしょうか。

もし本当に孔明に匹敵するくらいの人物であれば、

必ず史書には名が記載されているはずです。

記載が無いということはそのような人物が居たのかどうかも怪しいですし、

本当にこれらの事件があったのかどうかすら不明です。

しかし一つ言えることは劉備の観察眼をもってしても、

刺客であるかどうか見抜くことができず、

さらに言えば曹操の陣営には多くの優秀な人材がいることを

物語っているエピソードなのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】

関連記事:趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣
  2. 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵…
  3. 聶栄(じょうえい)の弟の名を歴史に残すための執念がスゴイ!千里の…
  4. もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?…
  5. 三国志ならともかく戦国時代は興味がないから大河ドラマを見ないあな…
  6. 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国
  7. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  8. 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!?
  2. 姫様ってあだ名を付けられた戦国大名が存在した!?
  3. 張飛の娘はサラブレッド?夏侯月姫と張飛の恋愛事情
  4. 秦の身分制はどうなっていたの?夏子、真って何?
  5. 【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた?
  6. 袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権 孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価 【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます! みにおん三国志とはどんなアプリゲーム? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【4/17〜4/24】 三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった! 【ネオ三国志】第4話:孫家の跡継ぎ、天下へ向けて出陣

おすすめ記事

  1. 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの?
  2. 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚
  3. 左慈(さじ)の秒速デリバリー!三国志も鮮度が命
  4. 智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!
  5. 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだった件
  6. 屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?
  7. 【西楚覇王項羽】彼の性格は○○で、○○の高さは誰にも負けない人物だった
  8. 歴史の影に女あり!絶世の美女たち

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP