広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは?

この記事の所要時間: 230




 

益州を攻略して三国志の一角である蜀を建国した劉備(りゅうび)

彼は益州攻略を済ませると大軍を率いて漢中に駐屯している曹操軍の討伐に

出陣することになります。

益州を統治してまもない頃、劉備は謎の人物と会見しておりました。

劉備いわく「諸葛孔明に匹敵する才能を持っていた人物」であったようですが、

一体何者なのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:蔡夫人、張允、蔡瑁、トリオ攻撃が劉備を追いつめる!




犠牲を払いつつも益州攻略を果たす

 

劉備は益州のボスであった劉璋(りゅうしょう)を降伏させ、

益州の主として君臨することに成功。

しかし益州攻略に払った代償も軽微な物ではありませんでした。

彼が益州攻略に払った代償とは一体何なのでしょうか。

 

 

それは諸葛孔明に匹敵する才能として認められていた龐統(ほうとう)を亡くしてしまったことです。

一人の逸材を失いながらもなんとか益州攻略を果たした劉備でした。




謎の人物Xが訪れてくる

 

益州を攻略してまもない頃、劉備の元へ一人の人物が訪れてきます。

その人物は劉備と会見すると魏を討伐する作戦などを語り合います。

この人物の魏討伐作戦を聞いた劉備は自らが考えていた魏討伐作戦と一緒であったので、

諸葛孔明を呼んで色々な話をしようと思い側近へ孔明を呼びに活かせます。

その間この人物は色々な話をしていきながら劉備に少しずつ近づいて行き、

あと一息で劉備の至近距離に近づける事ができたのですが、

孔明が来てしまったため彼は急いで孔明に頭下げて部屋を出てってしまうのでした。

 

謎のXは曹操からの刺客だった

 

劉備は孔明がやってくると「君に匹敵する人物が見つかった」と嬉しそうに話します。

孔明は劉備へ「その人物はどこに行きましたか。」と尋ねます。

すると劉備は「先ほど部屋を出て行った人物が孔明に匹敵する人物だ」と述べます。

孔明は「そうですか。

しかしあの人物は目つきが悪く常におどおどしている様子が仕草から見て取れました。

あの人物もしかしたら曹操から派遣されてきた刺客なのではないのでしょうか。」と言って、

劉備の側近へ客をすぐに追うように命じます。

側近は急いで客の跡を追っていきますが、すでに宮殿からいなくなっている後でした。

後に謎の人物Xは、

孔明が予想したとおり劉備を殺害しようと考えた曹操からの刺客でした。

劉備は色々な人物を今までみてきたにも関わらず、

曹操から派遣されてきた刺客であることを見破ることができないほどの人物でした。

 

謎の人物Xとは?

 

劉備の観察眼をもってしても刺客であることが見破ることのできなかった謎の人物X。

劉備いわく「諸葛孔明に匹敵する人物」と言わしめた人物であるのに、

名前が一切記載されていません。

またこの人物は史書には一切記載されておらず、

晋の時代の人物で郭沖(かくちゅう)という人物が記した書物にしかこの事柄は、

書かれていません。

さらに孔明に匹敵するはずのこの人物は、

一体魏に帰った後にどのような官職に就くことができたのかもまったくもって不明なのです。

魏の謎の人物Xはいったい誰であったのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

劉備が孔明に匹敵する人物であると言わしめた人物が果たして刺客を行うのでしょうか。

レンはこの記載は郭沖という人物が、

でっち上げた記載なのではないのかなと思います。

その理由としてそもそも孔明に匹敵する人材がなぜ人名すら書かれていないのでしょうか。

もし本当に孔明に匹敵するくらいの人物であれば、

必ず史書には名が記載されているはずです。

記載が無いということはそのような人物が居たのかどうかも怪しいですし、

本当にこれらの事件があったのかどうかすら不明です。

しかし一つ言えることは劉備の観察眼をもってしても、

刺客であるかどうか見抜くことができず、

さらに言えば曹操の陣営には多くの優秀な人材がいることを

物語っているエピソードなのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】

関連記事:趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)…
  2. 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!…
  3. 姜維は忠臣なのか、それとも愚将か?
  4. 秦の『外交』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?
  5. 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達
  6. 【キングダム】呂不韋の子孫は前漢の皇后と三国志のあの人だった!
  7. はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達
  8. なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第24話「さよならだけが人生か」の見どころ紹介
  3. 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは?
  4. 賈詡に学ぶベストな転職の方法
  5. 忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10
  6. 暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇った魏の夢占い師 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深谿に赴むくべし。 三国志の武器ってどういうの?三国志に登場する伝説の武器も紹介! お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介! 【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将・韓信との共通点 110話:関羽の悲報に復讐に燃える劉備 関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む!

おすすめ記事

  1. 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」
  2. 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかしエピソード 濮陽の戦い編
  3. なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの?
  4. 真・三國無双8 新キャラクターを大予想!西晋の新武将は、この二人で決まり!!
  5. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART2
  6. 曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ!
  7. 【歴史嫌いな中高生必見】春秋戦国時代はいつ始まってどこで終えたの?
  8. 【センゴク】三方ヶ原の戦いがきっかけで将軍義昭が挙兵した?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP