曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積

この記事の所要時間: 230




 

戦争に強い事と、熱心な人材スカウトがよく取り上げられる曹操(そうそう)ですが、

当人は、それより何より文化人として歴史に名を成したいと思っていました。

「文章は経国の大業にして不朽の盛事なり」とは曹丕(そうひ)の言葉ですが、

たかだか、数百年では消えてなくなる国家よりも、人の世が続く限り永遠に

受け継がれる文学こそ、価値があると曹操も考えていたのです。

そして、曹操は、それまでの漢詩に新しい解釈を与えて刷新しました。

現在、私達が知る漢詩とは基本的に曹操が産み出したものなのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww




曹操以前の漢詩とはどういうもの?

 

漢詩は、三千数百年の歴史があり、黄河流域で読まれていた民謡がルーツです。

元々はメロディーがあって、後に漢詩がついたもので、日本で言えば、

佐渡おけさとか、会津磐梯(ばんだい)山とかをイメージすればいいでしょう。

 

春秋戦国時代、漢詩は「四言」つまり、一句が四文字でしたが、

漢の時代には「五言」が一般化して、より内容が複雑で豊かになります。

 

当時の漢詩は、自然現象、恋愛、戦争、色々な種類がありますが、

不思議な事に、誰が詠んだものかはまるで分りません。

それもその筈で、当時は庶民から王侯まで、様々な人が漢詩を詠んだのですが、

作者の名を記録するという習慣が無かったのです。

 

そういう性質から、当時の漢詩は優れたモノから素朴なモノまで雑多であり、

面白く自由ではあるのですが、芸術として体系づけられたものではありませんでした。

勢い、それは芸術という括りではなく、メロディーありきの民謡でした。




曹操一派は、漢詩を変革した・・

 

曹操はこれを受けて、まだ芸術品とは呼べない漢詩を拾いあげて改革しました。

まず、曹操が第一に行ったのは、それまで詠み人知らずだった漢詩に

必ず詠んだ人間が署名するように義務づけた事です。

 

これにより、漢詩を比較する事が容易になり競争がしやすくなりました。

これが建安七子と呼ばれた、孔融(こうゆう)陳琳(ちんりん)

王粲(おうさん)のような、芸術家達、曹魏の芸術サロンを

より活発にする為の計らいである事は言うまでもないでしょう。

 

また、詠んだ人間を特定した事で、漢詩に詠み人の考え方や人生観が、

より強く反映されるようになります。

「五言」で表現力が豊かになった事も相まって、そこに個々人の思考の

深みが産まれ漢詩の芸術性がより高まる事になったのです。

 

メロディーを排して漢詩を独立させた曹操

 

もう一つ、曹操が行った重大な改革は漢詩からメロディーを取り去った事です。

それまでの漢詩は即興であり、メロディーが産まれてから漢詩をつけました。

曹操はそれを逆転させて、漢詩だけで芸術が成立するようにしたのです。

もちろん詠みあげる事もありますが、リズムは一定になり多様なメロディーは

無くなる事になります。

 

メロディーと分離された事により、漢詩は静謐な環境で一人でも、

産み出す事が可能になりました。

こうして漢詩は民間を離れ、知識人階層が静かに表現力を競うという

知的な文化に変化していく事になります。

民謡は民謡で存在しますが、元々は不可分だった漢詩はそこから分離し

知識人層が愛好する芸術活動になったのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

こうして、漢詩は知識人階層が嗜む芸術へと進化していきました。

それにより民間から切り離されて猥雑な味を失う事にもなりましたが、

表現は研ぎ澄まされて沢山の優れた漢詩が産み出されたのも事実です。

 

そのような意味では、曹操は漢詩を芸術まで高めたパイオニアであり

よく中国史に登場する戦に強い英雄や謀略の達人というようなカテゴリを越えて、

中国芸術界の巨人という、深みを自身に加えているのです。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話

関連記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 衝撃の真実!なんと韓遂は、劉備に降ろうとしていた
  2. 【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介
  3. 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散…
  4. 井伊直虎の許婚はどういう人?おんな城主 直虎をさらに楽しむ!
  5. 曹沖(そうちゅう)とはどんな人?曹操が最も愛した幻の皇帝
  6. 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え!
  7. すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選
  8. 孔明によって殺害されてしまった劉封、実は○○から逃亡するようにア…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【実録】今川義元にいじめられ続けた井伊家と松平家
  2. 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】
  3. どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?
  4. 【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュールサービス開始
  5. 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志を追加配信しました。
  6. 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓歌 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え! 荀彧はどの派閥にも属さずぼっちだったの? 涼州兵も思わずニッコリ?曹操はユーモアに溢れていた 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった! 孫呉のラストエンペラー・孫皓を支えた陸抗と陸凱の逸話 陶謙はどうして劉備を後継者にしたの?三国志の素朴な疑問に答える 郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではない魏の暗殺者

おすすめ記事

  1. 曹操に寵愛された環夫人は、控え目な子育て上手な女性だった
  2. 【キングダム】王賁の子孫はついに○○になっちゃったってホント!?
  3. 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しちゃうよ?
  4. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1
  5. 英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析
  6. 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは!
  7. 【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む
  8. 漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れていた!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP