編集長日記
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

曹操の詩の世界を体験してみよう

この記事の所要時間: 418

曹操 詩

 

三国志を代表する英雄のひとり、曹操孟徳(そうそうもうとく)

 

軍事・政治の才に秀でていたことは言うまでもありませんが、

一方で彼は音楽と文学を愛する粋人でもありました。

 

特に詩の分野では同時代の文人達を擁護する一方、

自分自身も数多くの詩を残し、文学の一時代を築いています。

 

詩人としての曹操は、いったいどのような作品を残しているのでしょうか?

 

 

 

 

建安文学の三曹七子

曹丕 曹植

 

曹操が後漢王朝(ごかんおうちょう)最後の皇帝である献帝(献帝)を迎えた年(西暦196年)から、

曹操の息子で彼の後継者である曹丕(そうひ)が献帝から皇帝の地位の禅譲(ぜんじょう)を受け、

魏(ぎ)を建国した年(西暦220年)までの元号を「建安(けんあん)」といいます。

 

 

この時代、それまで詩の主流であった「辞賦(じふ)」という様式に変わる新しい様式の詩が生まれていました。

 

それはもともと「楽府(がくふ)」と呼ばれた歌謡を文学として昇華させたもので、

形式的であった辞賦に比べて型にとらわれない自由な文調をその特徴としました。

 

自ら詩と音楽を愛好した曹操は、同時代の優れた文人・詩人たちを擁護、彼らは戦乱の悲哀や不安といった

思いを力強く歌う、多くの名作を残しました。この時代の詩文学を「建安文学」と呼びます。

 

 

特に建安文学を代表する孔融(こうゆう)・陳琳(ちんりん)・徐幹(じょかん)・王粲(おうさん)・応瑒(おうとう)・劉楨(りゅうてい)・阮瑀(げんう)の七人を総称して『建安の七子(けんあんのしちし)と呼びます。

 

また、建安文学を擁護した権力者であり、自らもまた一流の詩人として知られた曹一族、曹操・曹丕・曹植(そうしょく)の

三人を加えて「建安の三曹七子」(けんあんのさんそうしちし)と呼ぶこともあります。

 

 

曹操の残した代表的な2つの作品を紹介しましょう。

 

関連記事:曹丕が献帝を廃し魏を建国

関連記事:曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

 

短歌行|実は人材募集の歌だった

曹操は関羽をGET

 

曹操の代表作と言われるのが『短歌行(たんかこう)』です。

 

全32行からなる詩文で、その有名な歌い出しはこのような文章になっています。

 

 

(原文)

対酒当歌  人生幾何

譬如朝露  去日苦多

慨当以慷  幽思難忘

何以解憂  唯有杜康

 

 

(書き下し文)

酒に対しては当に歌うべし、人生幾何ぞ

譬(たとえ)ば朝露の如し、去りし日は苦(はなは)だ多く

慨して当に以て慷すべし、幽思は忘れ難く

何を以て憂いを解かん、唯だ杜康 有るのみ

 

 

「酒を飲むときは大いに歌おうじゃないか? 人生は朝露のようにはかないものだ。

過ぎてしまった多くの日々を思うと悲嘆な思いにかられてしまう。その憂さを晴らすことができるのは酒だけだ」

 

 

三国志演義には赤壁の戦いを控え、船上で酒宴を開いた曹操が即興でこの詩を歌う場面があります。

 

実際に曹操がこの詩を詠んだ時期は不明で、三国志演義の描写には反論があるのも確かです。

 

 

しかし、赤壁の戦いのあった年、曹操はすでに50歳を過ぎていました。

現代よりもずっと寿命の短かったこの時代にその歳を迎えた曹操が、過ぎた日々を思い返して感嘆する気持ちも理解できるような気がします。

 

 

この後、詩は優秀な人材と出会えることを喜ぶ曹操の心情を詠っていきます。

 

 

青青子衿  悠悠我心

但為君故  沈吟至今

 

青青たる子が衿、悠悠たる我が心

但だ君が為の故、沈吟し今に至る

 

 

「君の青々とした襟を見て、私はとても悠々とした気分だ。

私はただ君のために、こうして歌っている」

 

……曹操は『短歌行』の中で、食べていた食事を吐き出して来客を迎えたという歴史上の偉人の故事まで例に上げ、

労苦を惜しまず優秀な人材と出会いたい、その気持ちを情熱的に歌いあげています。

 

 

 

さすが、人材収集マニアの面目躍如、といったところでしょうか?

 

苦寒行|決死の行軍だった烏桓征伐

親友に裏切られた曹操

 

赤壁の戦いの前年、曹操は北方の烏桓(うがん)族の支配する地に逃亡した宿敵袁紹(えんしょう)子、袁尚(えんしょう)と袁譚(えんたん)を討伐するため、北端の地へ進軍します。この進軍の様子を詠った24行からなる詩が『苦寒行』です。

 

その歌い出しはこのようになっています。

 

 

(原文)

北上太行山、艱哉何巍巍

羊腸阪詰屈、車輪爲之摧

樹木何蕭索、北風聲正悲

熊羆對我蹲、虎豹夾路啼

 

 

(書き下し文)

北のかた太行山に上る、艱(けわ)しきかな何ぞ巍巍たる

羊腸阪は詰屈(きつくつ)たり、車輪 之が爲に摧(くだ)く

樹木の何ぞ蕭索たる、北風の聲は正に悲し

熊羆は我に對して蹲(うずくま)り、虎豹は路を夾(はさ)んで啼く

 

行軍を阻む山は険しく、獣が跳梁跋扈し、寒さは厳しい。

兵糧も乏しく、兵士も馬も疲れ飢えてしまった……

 

烏桓征伐の進軍がどれほど厳しかったかを物語る、悲壮な詩です。

 

 

数年にわたる袁一族との戦いを制して曹操は覇権を手にしましたが、同時に長年の戦いは彼の軍を疲弊させました。

この間に曹操は優秀な軍師であった郭嘉(かくか)を病で亡くしています。

曹操自身も、この烏桓への行軍で健康を害したとも言われ、赤壁での敗北以降の彼が精彩を欠いているのも、

この時健康を損ねたことが原因であるともされています。

 

苦寒行』は、そんな曹操の思いを垣間見ることのできる詩と言えるでしょう。

 

 

天から二物も三物も受け取った曹操。

 

軍事や政治のみならず、文学者としても後世にその名を残し、高く評価されている曹操。

 

 

『天は二物を与えず』(神様は一人の人間にいくつもの才能を与えたりはしない)

 

 

とはよく言われますが、どうも曹操は天から二物どころか三物以上のものを受け取っているようです。

 

関連記事:曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編

関連記事:曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編

関連記事:三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない

 

 

耳で聞いて覚える三國志


 

こちらの記事もよく読まれています

蔡琰

 

よく読まれてる記事:三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生

 

劉備読書

 

よく読まれてる記事:何から読めばいいの? 三国志入門向けの小説と漫画を紹介!!

 

 

蒟蒻問答 孔明と張飛

 

 

よく読まれてる記事:まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ

 

 

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川克世 三国志

ライター:

石川克世

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

好きな映画:

未来世紀ブラジル

パンズラビリンス

タルコフスキーのストーカー

未来の野望:

小太郎さんを日本一有名なスキッパーキにすること。

座右の銘:

・事象に惑わされるな。ここがお前の現実だ(押井守)

・私に3分、時間をください(鈴木健二)

・これでいいのだ(バカボンのパパ)

他になにか言い残すことは?

朝モスのホットサンド(パストラミビーフ)は至高。

関連記事

  1. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第3部
  2. 関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人
  3. 程昱(ていいく)は曹操の軍師となる前は一体何をやっていたの?
  4. 関帝廟のご利益ってなに?神様の名前は「関聖帝君」
  5. 劉備と西郷隆盛の共通点って何?
  6. 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心
  7. 諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?
  8. 毌丘倹(かんきゅうけん)とはどんな人?朝鮮半島に進出し倭も吸収合…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第7部
  2. 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由
  3. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった!
  4. とっても地味な孫権の息子達7名を一挙紹介
  5. 【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい)
  6. ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められることになったの? 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの? 周處(しゅうしょ)とはどんな人?必ず負けると分かっていながらも、戦い抜いた闘将【晋の将軍列伝】 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【誓い編】 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part3 東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介!

おすすめ記事

  1. 豊臣秀吉の天下統一の第一弾「四国征伐」に向けて何をしたの?
  2. 【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは信長の幸運と反攻作戦にあった!
  3. 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯
  4. 三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだった
  5. 金禕(きんい)とはどんな人?漢中防衛戦の陰に隠れたとある事件
  6. 「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた!
  7. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【5/7〜5/14】

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP