キングダム




はじめての三国志

menu

はじめての漢

王粲(おうさん)とはどんな人?建安の七子であるが容貌の貧弱さでは龐統や張松より上

この記事の所要時間: 225




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・人事部」のコーナーです。

 

 

中国では人の器量は容姿に現れるという信仰があります。

容姿の立派な人物は、英雄となる相を持っているという考え方です。

そうなると逆に容姿が劣っている場合は、それだけで他人に侮られることになるのです。

劉璋の配下であった張松(ちょうしょう)はそのため出世できなかったといわれていますし、

龐統も容姿の影響があって最初は劉備に見向きもされていません。

 

 

「建安の七子」に数えられる天才文人の王粲(おうさん)もそのひとりです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の時代も「人は見た目が100パーセント」だった!?




「八俊」のひとり王暢

 

かつて清流派の官吏で高名な政治家に王暢という人物がいました。

清廉潔白であり、政治の手腕も見事なものでしたが宦官に疎まれ、免職となって亡くなっています。

しかしその高名は広く知れ渡っており、「八俊」という優れた政治家のひとりに数えられています。

家を継いだのは王謙ですが、大将軍となった何進に疎まれ、病も相まって免職されています。

その子が王粲です。董卓が長安に遷都したとき十四歳でした。

王粲も共に長安に移り住んでいます。

この歳にしてすでに文名が高かったというのですから驚きです。




長安で蔡邕に会う

 

当時、董卓からも一目置かれ、政治家であり書家であり、

学者でも音楽家でもあった超有名人の「蔡邕」に会いたいと思い、王蔡はその屋敷を訪ねます。

しかしその容姿の冴えなさから門番にすら相手にされません。

なんとか蔡邕に名前だけでも伝えてもらうと、

蔡邕はその名前を聞いて慌てて出迎えたといいます。

蔡邕は会ったこともない王粲の詩賦を絶賛していたからです。

蔡邕は王粲の才能を尊重するものの、やはり相手が子供であり、

さらにその容姿の貧弱さには驚いていました。

それでも「このかたの才は特別です。

私の家にある書はすべてこのかたに差し上げます」と宣言し、周囲を唖然とさせます。

この一件で王粲の名はさらに高まりました。

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

荊州で劉表に仕える

 

董卓は王粲を黄門侍郎に任命しましたが、

ちょうど呂布の革命が起こり、董卓も殺され、蔡邕も獄死しました。

そこで王粲は荊州へ逃れます。荊州では皇族ながらその軍事力で、

孫堅を破り、袁術を追い出した劉表がいました。

劉表は董卓から荊州刺史に任命されており、やがて荊州牧となります。

「八及」のひとりに数えられる劉表ですが、実は「八俊」のひとりである王暢の弟子でした。

劉表は王暢の孫で、文名が高い王粲を歓迎しますが、

その容姿のみすぼらしさを見て内心がっかりしていました。

重用することもなかったようです。

王粲は暇を持て余し、荊州を旅して賦を作っています。

「登楼賦」という作品です。

荊州に来てからすでに十二年の月日が流れていました。

 

劉琮から信頼を得る

 

劉表はその家督を誰に継がすか煮え切らずに病没しています。

長子は劉琦、次子は劉琮です。

劉琮の背後には外戚として荊州の豪族・蔡瑁が控えています。

劉琮の方が劉表の寵愛を受けていたようです。

王粲は歳も近いことがあり、この劉琮とは仲が良かったようです。

劉表が亡くなり、北の一大勢力である曹操が攻めてくることを知ると、劉琮は王粲に相談します。

王粲は、客将にも係わらず存在感を増してきていた劉備を警戒していました。

そして劉備に話を通さずに曹操に降伏することをアドバイスするのです。

劉表の跡を継いだ劉琮は、その言葉どおりに曹操に降りました。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

さすがに曹操も王粲の容姿を見て、才能は認めていましたがいきなり重用はしていません。

それでもやはり王粲の力を必要とした曹操は、

軍謀祭酒にて重く用いるようになり、やがて侍中に任じています。

王粲は記憶力、計算術もかなり優れていたと記されています。

容姿でずいぶんと損をした王粲でしたが、最後には曹操の車に同乗することも許されています。

残念なのは王粲の子が反乱を起こし、家が滅びたことでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生

関連記事:曹家の文才「三曹七子」って何?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 王修(おうしゅう)とはどんな人?袁譚を最後まで支え続けた忠臣に曹…
  2. 呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!?
  3. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第3回 曹操交代!まさかのあの…
  4. 司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な…
  5. 関羽はどうして神格化されてメジャーになったの?三国志で唯一、神に…
  6. 70話:孫権、父(孫堅)の弔い合戦を始めるよ。黄祖討伐編
  7. 【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介
  8. 高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢
  2. 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかしエピソード 濮陽の戦い編
  3. 忠義の士・陸遜に迫る!陸遜は呉でクーデターを起こすことはできたの?
  4. 袁術のもと、孫家を守り抜いた孫賁(そんふん)、孫輔(そんほ)兄弟が熱すぎる!
  5. 韓信が井陘口の戦いで使ったのは背水の陣だけではなかった!
  6. 厳畯は魯粛の後任だった!知られざる実話

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと? 五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎる! 64話:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼 早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第39話「虎松の野望」を振り返ろう 【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果がついてくる。その理由とは? 蜀を制圧したばかりの劉備軍をまとめるために孔明が打ち出した二つの方針とは?

おすすめ記事

  1. 山内容堂の死因は「やけ酒?」ストレスを抱えることになった理由とは?
  2. 【伊藤博文のイギリス】英語が出来たから総理大臣になれたってホント?
  3. 陸遜の妻は誰?妻はなんと大喬との間の子供だった?
  4. 【劉恒に課せられた使命】ボロボロになった漢帝国を立て直せ!!
  5. 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった
  6. 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将
  7. 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた
  8. 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP