三国志平話
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?




文聘

 

三国志の時代は戦がメインとなっており、

戦いに参加している武将や軍略をもって戦の勝利に貢献した軍師などに

注目が多く集まっております。

しかし!!三国志は戦だけが魅力ではないと思うのです。

この時代は文学史に残る時代であることを知っておりましたか。

今回は建安文学を支えた七人の一人である陳琳(ちんりん)の魅力についてご紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:竹林の七賢とは何をしている人たちなの?成り立ちなどをわかりやすく解説




建安文学って一体どんな文学

曹操 詩

 

陳琳の魅力を語る前に建安文学って一体なんなのでしょうか。

建安文学は詩人である曹操(そうそう)が作り上げた文学です。

当時は儒教によって詩を作る際、ガチガチに型が作られており

この型からいつだつした詩が評価されることはありませんでした。

そこで曹操は「ガチガチに凝り固まった型通りに詩を作っても面白くないじゃん」と

言って儒教によって定められた詩のルールを排除して、

各々好きなように詩を作ることを天下に向けて公言したことがきっかけでできた文学です。

ざっくばらんですが上記のような理由により曹操が制定した時代が建安時代であったことから、

建安文学と後世に言われるようになります。

この建安文学で優秀な人物七人を建安七子と言って歴史に名を残すことになります。




建安文学の七子とは

竹林の七賢

 

建安文学の七子とは今回の主人公である陳琳を含めて、王粲(おうさん)、孔融(こうゆう)

徐幹(じょかん)、応瑒(おうとう)、劉楨(りゅうてい)、阮瑀(げんう)の優れた文学者をまとめて、

建安の七子と言われます。

ここから陳琳の魅力についてご紹介しましょう。

 

関連記事:【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長

関連記事:元祖そこまで言って委員会!孔融と禰衡の議論がカオス

陳琳の魅力その1:曹操の悪口を書かせたら天下に右出る者なし

竹林の七賢 wiki

(写真引用元:竹林の七賢 晋時代のレリーフ拓本)

 

陳琳は初めから曹操に仕えていた人物ではありません。

彼は河北の覇者である袁紹に仕えておりました。

袁紹の元で色々な文章を書く仕事に携わっておりました。

その後河南の曹操と決戦する際に彼は袁紹

「檄文を書いて天下の諸侯に曹操と敵対するように伝えましょう。」と進言。

袁紹は彼の提案を受け入れて檄文を書かせます。

この激文は曹操のおじいちゃんやお父さんについての辛辣な悪口が書かれ、

曹操についてもかなり激しく悪口が書れておりました。

この陳琳の文章は「文選」と呼ばれる本に記載されるほどの名文でした。

しかしこの陳琳の文章を見た曹操は激怒。

その怒りは長年悩まされていた偏頭痛が止まるほどでした。

曹操の悪口を書かせたら当時の時代で彼に勝る者はいなかったでしょう。

曹操は袁紹に大勝利を収めると捕虜になった陳琳が曹操の前に引きずり出されます。

この時曹操の家臣は陳琳が処断されるであろうと予想しておりましたが、

曹操は陳琳に一言「じいちゃんやオヤジの悪口を書かなくてもいいだろう」と恨み言を吐いて、

彼を許してしまいます。

こうして陳琳は曹操の配下となります。

 

陳琳の魅力その2:赤壁の戦いや烏桓討伐戦に向かう兵士を鼓舞する歌を作る

曹操と魏軍と呉軍

 

陳琳は曹操に降伏した後も文章に携わる仕事を行っておりました。

河北統一を行った曹操ですが袁家の兄弟が烏桓に逃亡したことを知ると、

河北の政治に禍根を残す可能性のある袁家の子息を滅ぼすため、烏桓討伐へ向かいます。

この時陳琳は過酷な行軍に兵士や将軍が負けないように士気を高める激励の歌を作成。

この歌は「神武賦(しんぶふ)」と言われこの詩も「文選」に選ばられております。

また赤壁の戦いの時には疫病が蔓延する曹操軍を励ますために詩を作っており、

この詩も「文選」に収容されており、当時としてはかなりの文学者であったことが伺えます。

 

関連記事:曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

陳琳の魅力その3:曹操の頭痛を治すなら俺に任せろ

曹操頭痛

 

陳琳には医療の才能は全くありません。

しかし彼の文章がきっかけで一人の病が一時的にですが治ってしまうことがあったそうです。

その人物とは曹操孟徳です。

彼は長年偏頭痛で悩まされていたのですが、陳琳が仕事で上げてくる文章を読んでいると

その文の爽快さがきっかけとなって頭痛をしばしば忘れさせていたそうです。

 

関連記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

関連記事:【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

今回は建安七子の一人である陳琳の魅力についてご紹介しました。

三国志は戦が多くてつい武将や軍師にばかり目を行ってしまいがちですが、

文学面でもこの時代は大きく変化のあった時代でした。

その為多くの名文が残っており、

この名文からも三国志の時代を伺うことが出来る貴重な資料となっております。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

関連記事:徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世した男

関連記事:銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?

 

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 呉の勢力を率いる孫策 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】
  2. 蜀の外交官・鄧芝 鄧芝(とうし)ってどんな人?ザ・セルフ釜ゆで 孫権を心服させた名…
  3. 関羽と周倉 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第一回:司隷(しれい)、豫州…
  4. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5
  5. 朱然 徐盛と朱然は名将なのにマイナーな武将だった!?
  6. 三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww
  7. 関羽を油断させる陸遜 荊州奪還戦!実質的に関羽の首を取ったのは呂蒙ではなく陸遜だった?…
  8. 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 馬超の仲間入り
  2. 孔明 司馬懿 陸遜
  3. 蜀の馬超
  4. 土いじりをする劉備
  5. 馬に乗って戦う若き織田信長

おすすめ記事

  1. 厳顔の最後はとっても○○だった!! 蜀の厳顔
  2. 【孔門十哲】冉伯牛(ぜんはくぎゅう)とはどんな人?ハンセン病に侵された徳行者
  3. 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇
  4. 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!
  5. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  6. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた 華雄と呂布

三國志雑学

  1. ツンデレ曹丕
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呂蒙を慰める孫権
  2. 赤壁の戦い 曹操
  3. 亡くなる孫堅
  4. 真田丸
  5. 魏の夏侯淵

おすすめ記事

三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙に迫る!! 許チョ(許褚) 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論 ボロボロになった馬超 曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持った呂布を大人しくさせた政治とは? 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官 張飛の男気人生 張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑 後宮にいる美女の階級事情 後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪ 孔明による出師の表 諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP