よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

前漢

なぜ司馬遷は腐刑を受けることになったの?驚きの理由とは!?

この記事の所要時間: 342




 

春秋戦国時代・秦・前漢のことが記されている史記。

この史記の作者である司馬遷(しばせん)は己の人生の生涯を費やして執筆した大作です。

しかし司馬遷はこの歴史書を手がけている最中ある事件がきっかけで腐刑(男の大事なところを

切られてしまう刑罰)を受けてしまいます。

彼がこの刑罰を受けることになった事件は李陵が匈奴に寝返った事件でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念




李陵(りりょう)と同僚だがそんなに仲は良くなかった

 

司馬遷は父が亡くなると国家の文章や歴史に携わる

太史令(たいしれい)という職種に任命されます。

この時に李陵も武帝に仕えることになっており、二人は同期でした。

しかし司馬遷は李陵と仲を深めることをせずに一心不乱に職務に邁進していたため、

友人関係を李陵と築くことをしませんでした。




司馬遷から見た李陵

 

司馬遷は李陵と親しく付き合うことをしませんでしたが、

彼の目から李陵は「信義に厚く、謙虚さを持ち、

自らの命を省みることをしないで国の為に準ずる決意を胸に秘めている」と評価。

司馬遷は李陵を随分高く評価しておりますが、

司馬遷らが武帝に仕えた時は既に軍事を司る将軍の位の中で有能な人材は払拭しており、

当時いた将軍は武帝に阿るような人材ばかりがたくさんいる状態でした。

李陵は武帝の命令で5千ほどの軍勢を率いて匈奴軍を追い払うため戦いを挑みます。

李陵の奮戦は朝廷にも聴こえてくるようになり、武帝や文武百官は大いに盛り上がります。

そんな中、、李陵軍が全滅したとの報告が入ってきます。

この報告を聞いた武帝は大いに落胆したそうです。

司馬遷も彼の敗報を聞いて落胆することになるのですが、

数ヶ月後朝廷に飛び込んできた情報を聞いて驚いてしまいます。

 

匈奴へ寝返る

 

朝廷に驚くべき情報が飛び込んできたのは李陵の敗北から数ヶ月が過ぎた時でした。

その内容とは「李陵が匈奴で生きていて、匈奴軍をの将軍として軍を率いている」との内容でした。

この報告を聞いた武帝は顔を真っ赤にして激怒。

すぐに文武百官を招集して会議を開きます。

この会議には一番後ろの方に司馬遷も参加することになります。

彼が参加することになった理由は会議の内容を記録する為でした。

 

李陵を非難する百官を見て憤慨する

 

李陵が寝返ったことを知った文武百官は手のひらを返して李陵を責め立てます。

「あんなに武帝に可愛がってもらったのに恩をアダで返す無礼者」とか

「武門の家名である李家に泥を塗った恥さらし」、

「亡くなった李広(りこう)将軍の孫として恥すべき行為」などと李陵を非難する言葉が宮殿内に

広がっていきます。

会議の記録係として座っていた司馬遷は李陵批難の声にイライラしておりました。

そんな彼を見た武帝は司馬遷に声をかけます。

 

李陵を弁護する司馬遷

 

武帝は司馬遷が何か言いたそうな顔をしていたので、

「司馬遷よ。意見があれば言うが良い」と発言することが許されます。

すると彼は姿勢を正して文武百官や武帝に向かって

「李陵は少ない兵力をもって匈奴の大軍を幾度となく撃破しており、

この功績は称えるものであった批難することはないと考えます。

また彼は刀折れ、矢が尽きるような状態に陥ったからこそ降伏したはずで、

降伏したことはどうしようもなかったはずです。

また李陵は漢に対しての忠誠心は李広将軍譲りで誰にも負けないでしょう。

その為彼は機会を見計らって匈奴の王を討とうと考えているのではないのでしょうか。」と

李陵を一生懸命弁護します。

だが司馬遷の言葉を聞いた武帝は激怒。

彼に対して「李陵の弁護をして良いなどと朕は行っておらぬ。

すぐにそやつを牢獄へぶち込め」と言って司馬遷を牢屋にぶち込んでしまいます。

そして牢屋にぶち込まれてから数ヶ月後に「腐刑に処す」と命令を受けてしまうのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

司馬遷の腐刑は実は金銭で贖うことができたようです。

しかし司馬遷が任命されていた太史令の給料じゃ罪を贖う金額にとても足りませんでした。

そのため彼は腐刑を受けることになってしまうのですが、

彼が蔵書していた本を売ってしまえばもしかしたら罪を贖うことができたかもしれません。

また友人である任安(じんあん)などから借金をしても良かったのではないのでしょうか。

なぜ司馬遷はこのようなことをしなかったのでしょうか。

友人から金銭を借りるのは迷惑がかかると思っており、

本を売ることは歴史の編纂をする上で非常に大事な資料であった為、

本を売るようなことができなかったのでしょう。

そのため司馬遷は男の大事なところを切断されてしまうのですが、

彼は史記という名著を残すことに成功します。

司馬遷が李陵を弁護することをしなければ腐刑を受けることはなかったはずですが、

彼は自分が高評価した李陵が何もしないで皇帝に阿るような文武百官達が

李陵を避難している姿に我慢ならなかったのと武帝がこれらの文武百官の意見に左右されて、

李陵に間違った刑罰を行うことを阻止するために弁護したのではないかと思うのですが、

実際にはどうだったのでしょうか。

もし司馬遷に会うことができるのであれば聞いてみたいですね。

 

参考文献 司馬遷史記 西野広祥・藤本幸三訳など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?

関連記事:蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?

 



黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由…
  2. 信長ジェラる?高松城水攻めからの甲州征伐の流れが完璧すぎる
  3. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…
  4. 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺…
  5. 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を…
  6. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤…
  7. 【ネオ三国志】第4話:孫家の跡継ぎ、天下へ向けて出陣
  8. もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった!
  2. 郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではない魏の暗殺者
  3. 【キングダムの主人公】飛信隊の信は悲惨な最期を遂げる?
  4. 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?
  5. モンゴルの漢族支配から生まれた名物料理「刀削麺」
  6. まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄のお屋敷を徹底紹介!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

『李傕・郭汜祭り』の電子書籍出版のお知らせ 【お知らせ】「耳で聞いて覚える三国志」の朗読を再開しました 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴を手にした万石君 そうか!曹叡が豹変したのは、孔明が死んだからではなかった! 【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価 三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの? 蕭何はなんで仲が悪かった曹参を後継者に任命したの? 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由
  2. 三国志の時代に活躍した兵士の逸話
  3. キングダム 534話 ネタバレ予想:倒せるか?紀彗軍
  4. 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!?
  5. もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる
  6. 【三国志の疑問】女性を巡る男の戦いはどこまで真実なの?史実と演義を比較
  7. 鉄壁の合肥城を作り上げた劉馥の一族にとんでもない奴がいた!?
  8. 許褚と賈詡がいなければ曹操は官渡の戦いで袁紹に敗北してた!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP