架空戦記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

天下統一後の始皇帝が行った偉大な政策をご紹介

この記事の所要時間: 38




 

キングダムに登場する秦王政。

彼は色々な好条件と配下の有能な将軍・文官達の活躍によって天下統一を実現させます。

天下統一後の彼は始皇帝と名乗り様々な政策を行っていきますが、

一体何をしたのでしょうか。

始皇帝と呼ばれるようになった政がどのような政策をしていたのか。

今回はこの点に着目してご紹介していきたいと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発




始皇帝となった政が行ったことその1:中央集権制を確立

 

始皇帝となった政はこの名前の通りの行動を起こします。

始皇帝の由来はざっくりと説明しますと中華において絶対的な支配権を持った者ということが

由来となっております。

この由来に基づいて彼は天下を自らの土地とし、ピラミッド状の支配権を確立。

彼の下に政治・軍事を行う人達を据えて、自らの領土とした土地には自分の代理として

役人を配置します。

これらの結果、自分が出した命令や命令を許可した事が中華全土に行き渡ることになり、

全ての者が自分に臣従する構図を作り出すことに成功します。




始皇帝となった政が行ったことその2:バラバラだった経済を統一

 

戦国時代は貨幣や測り方など各国によってバラバラでした。

そのため始皇帝は各国バラバラな物の測り方、経済等を統一。

その結果、自らの土地となった全国から上がってくる税金が統一されることになり、

物の流通も活発になっていくことになります。

また道路を走る馬車の車輪も全国統一の規格にしたことによって、

道路整備が簡単になり、全国各地の街の整備も比較的容易に行われることになります。

 

始皇帝となった政が行ったことその3:焚書坑儒

 

始皇帝政は自分以外の権威を認めないために自らを始皇帝と名乗ります。

しかし秦に不満を持っている在野の人材達は、

古代の事例を引いて自らが打ち立てた統一政権である秦の批判を行っておりました。

そこで丞相となっていた李斯(りし)は始皇帝政に進言を行い

「農業や占い、医薬に関する書物以外は一切焼き払うように命令を下すことで、

秦の批判をする人々はいなくなるでしょう」と進言します。

始皇帝政はこの進言に基づいて李斯が挙げた三種類の書物以外は一切燃やし尽くされて

しまいます。

この李斯が進言した政策は始皇帝の権威を高めるためには大いに役に立った政策だと

レンは考えます。

 

始皇帝政が行ったことその4:文字の統一と刀狩り

 

始皇帝政は経済の流通を統一するために測り方や貨幣等の統一を行ったことで、

物流が活発化して物動きが活性化することになります。

始皇帝政はこの統一事業を文字にも普及させます。

彼は各国が文字もバラバラでは、

各地方に住む住民たちに命令を浸透することができないなどの理由から文字を統一させます。

また民衆が秦の法律の厳しさに耐えられなくなって反乱を起こされては困るので、

住民が持っていた武器をすべて回収して武力による反乱を起こす可能性を未然に防ぐ法令を

全国的に布令します。

この結果始皇帝が生きている間は住民反乱が起きることはありませんでした。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

この他にも万里の長城を建築するなど土木工事等にも力を入れて行きます。

こうして天下統一後、

始皇帝政を頂点に置いた中央集権制を基礎として急速に組織を固めていった始皇帝政。

しかし始皇帝が考え出したこの中央集権制は時代にそぐわなかった事と

ガツガツ土木工事を行ったことで、住民にかかる負担が重すぎたことがきっかけで

秦帝国は破綻してしまうことになります。

キングダムではどこまで描かれるのか分かりませんが、

天下統一した始皇帝政の時代も描いてくれると

歴史の教科書を読むよりもこの時代を分かりやすく知ることが出来るのではないのかなと

レンは考えます。

 

参考文献 史記 司馬遷著 訳丸山松幸・守屋洋など

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客
  2. 何で劉備は劉表からの荊州譲渡を断ったの?第6感で決断した劉備の意…
  3. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  4. 【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオー…
  5. 左慈(さじ)の秒速デリバリー!三国志も鮮度が命
  6. 【第四回 放置少女】伏龍参戦の新イベントと公孫瓚に挑んでくるぜ!…
  7. 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴
  8. 父・信玄を超えるために武田勝頼が行った政策って何?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉淵(りゅうえん)とはどんな人?劉備の子孫と称して晋を崩壊に導いた匈奴の単于
  2. もし蜀が呉を併呑していたら魏にも勝てた?if三国志
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第33話「嫌われ政次の一生」の見どころをご紹介
  4. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?
  5. 蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格
  6. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志の名将・鄧艾の栄光が終わることになった出過ぎた発言とは!? 月刊はじめての三国志2017年8月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!? 王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武将 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗 【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの? 【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする? 【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【3/20〜3/26】
  2. 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?
  3. みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく解説
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第19話 「罪と罰」の見どころ紹介
  5. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(2/3)
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/31〜11/6】
  7. どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?
  8. 周舒(しゅうじょ)とはどんな人?預言書に記されていた「漢に代わる者は当塗高」の見解を示した蜀の学者達

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP