広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた

この記事の所要時間: 236




 

魏の曹操(そうそう)の息子で、魏の初代皇帝となった曹丕(そうひ)

彼は後漢王朝のラスト・エンペラーである劉協(りゅうきょう)から皇帝の位を禅譲(ぜんじょう)される

ことになるのですが、このことは曹丕が生まれる前から決まっていることでした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた?




176年に起きた不思議な現象

 

176年。

後漢王朝のポンコツ皇帝と言われている霊帝(れいてい)が皇帝となって、

6年が過ぎておりました。

この年に後年曹操が生まれる場所となる沛(はい)国の譙(しょう)で珍しい物が出現します。

それは黄龍(こうりゅう)です。

人々はどうして黄龍がこの地に出現したのかさっぱりわかりませんでした。

このことに関心を持っていたのは民衆だけでなく名士と呼ばれる人々も不思議に思います。

名士の一人であり後に曹操を認めた人物である橋玄(きょうげん)も黄龍出現に関心を持ちますが、

どうして出現したのかわからず知り合いに聞きますが、一向に理由は解明されないままでした。




歴史家単よう(風+易)の見解

 

橋玄は後漢王朝の太史令(たいしれい=後漢王朝の歴史を司る部門)である単ように

「沛国の譙で最近、黄龍が出現したと聞いたのだが、どのような意味があるのか教えてもらいたい」と質問。

すると彼は「黄龍の出現はその土地から王者が出現すると言うことです。

しかし今すぐに出現するのではなく、

50年後に再び黄龍が出現してその後王者が現れるでしょう。」と述べます。

橋玄は「王者が出現するということは50年後には後漢王朝がないというのではないのか」と

再度質問すると彼は笑って答えませんでした。

このふたりのやり取りを聞いていた殷登(いんとう)は誰にも言わないで覚えておりました。

 

曹丕が生まれた時にも不思議なことが

 

曹丕が誕生した時にも譙で不思議なことが起きます。

曹家に青い雲気が立ち上り一日中消えなかったそうで占い師に占ってもらう事にします。

すると占い師は「これは尋常な気ではありません。

本日生まれた子供は尊貴な位に上がるでしょう」と占い結果を告げたそうです。

 

曹丕が皇帝として君臨

 

こうして曹丕が生まれる前から色々な事が起きており、

彼の誕生と同時に予言されていた「尊貴な位」に登ることになります。

それは後漢王朝を滅ぼして、魏王朝の初代皇帝の位に就任することになり、

予言の通り曹丕は尊貴な位へ上り詰めることになります。

 

単ようの予言から50年後・・・・再度降臨

 

単ようの解説を覚えていた殷登は50年後も生き残っておりました。

50年前とは様子が違い後漢王朝は曹丕によって滅ぼされており、

彼は朝廷から隠居している状態でした。

しかし単ようの予言をずっと誰にも言わないで一人で忘れずに覚えておりました。

そして50年後の三月。

単ようの予言が当たることになります。

三月譙に再び黄龍が降臨します。

この黄龍の姿を見た殷登は大いに驚き「単ようの言った通りであったわ。」と述べたそうです。

しかし当時は既に曹丕が皇帝として君臨しておりましたので、

単ようの予言はちょっとだけずれてしまったようです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

いかがだったでしょうか。

曹丕が生まれる前から彼の実家である譙では次々と奇怪な現象が発生しております。

中国では既存の王朝が滅びまたは滅びそうな時や新たな王朝が誕生するときには、

必ず何かの現象が発生しており、

孫権が皇帝の位に就任するときには鳳凰(ほうおう)が出現しております。

このように色々な現象が発生することはいい事が起きる可能性がありますが、

必ずもいい事のみが発生するとは限りません。

例えば月食が起きれば民衆は今年は何かよからぬことが起きるぞと不安がっていたそうで、

その年には大飢饉や疫病など人々にとって良くないことが度々起きており、

起きる現象によっては悪いことが起きる可能性があるのです。

現代ではそのような現象が起きれば世界を揺るがす大ニュースとして報じられることになるでしょう。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書 今鷹真・井波律子著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加していた!

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【10/3〜10/…
  2. 【曹操死す】卞皇后の一番辛くて長い日々
  3. 【センゴク】織田信長は長年、本願寺に苦しめられた理由とは?
  4. 【シミルボン】自分を褒めまくり、曹丕の自叙伝が意識高い系でウザい…
  5. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  6. 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って…
  7. 壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング
  8. 【呉最強説】孫権率いるレッドな政権孫呉軍団の弱点ってあるの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?
  2. 白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍
  3. 楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛された才能の持ち主
  4. 連環の計って、どんな作戦?
  5. 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選
  6. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.3

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発 三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの? はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 袁術ってどんな人? 【002】 趙襄子(ちょうじょうし)とはどんな人?趙を建国し、春秋時代の幕を下ろした人物 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3 【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違うのだよザクとは… 墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの?

おすすめ記事

  1. 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者
  2. 曹操が遺言で見せた女性への愛情
  3. 赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは?
  4. 長宗我部元親「四国の蝙蝠(こうもり)」の四国統一戦を分かりやすく紹介!
  5. 【はじめての孫子】第9回:其の疾きことは風の如く、其の徐なることは林の如く
  6. 【孔明死後の三国志に詳しくなろう】司馬師打倒の兵をあげた毌丘倹の反乱はなぜ失敗したの?
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31】
  8. 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP