そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!




曹丕皇帝

 

曹丕(そうひ)は冷酷で酷薄(こくはく)、気に入らない人間や恨みを持った人間は

精神的に追い込んで殺すというダークサイドもありますが、

一方では、何だこりゃ?という変な性格も持っています。

 

その最たる部分が曹丕(そうひ)がフルーツを詩で評価した所でしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もしも、曹丕が禅譲を要求せず後漢王朝が存続したら?

関連記事:三国志演義の曹丕様の初登場シーンが怖すぎる

 

 

曹丕は、甘いモノが大好きのスイーツ男子

曹丕 スイーツ

 

曹丕は、この時代としては超がつく甘党でした。

3世紀の中国と言えば砂糖(さとう)も出回ってませんから、

甘いモノといえば、果物がその代表になります。

 

曹丕

 

お坊ちゃんで育った曹丕は子供の頃から果物を愛好し、

皇帝に即位すると、それらのスイーツを評価する

変な詩まで書いて家臣に見せています。

曹丕こそは、元祖スイーツ男子なのです。

 

 

文帝いわく、ミカンはすっぱい!!

 

3世紀頃のミカンは品種改良が進んでいないのか、

酸っぱいものがかなり多かったようです。

曹操は、そんな酸っぱいミカンでも好んで食べましたが、

甘党の曹丕はミカンが大嫌いでした。

 

そんなミカンの事を評価した詔(みことのり)

 

魏文帝詔群臣曰、飲食之物、南方有橘、酢正裂人牙、時有甜耳。

 

翻訳:文帝陛下は、家臣に向けてこのように言われた。

この食べ物は、南方のタチバナ(柑橘系の総称)というものだが、

酸っぱくて歯が裂けそうだ、時々しか甘いものがない。

 

しかし、こんな事を言われて、司馬懿とかはどうしたんでしょうか?

「ごもっともで御座います」とか頭を下げたのか。

 

 

文帝いわく、梨はあまァーーーーい!

 

そんな曹丕は、梨が大好物でした、梨は中国原産ですが、

当時から甘かったらしく曹丕は好んで梨を食べて、

そして、こんな勅を下しています。

 

魏文詔曰:真定郡梨.甘若蜜.脆若浚.可以解煩飴.

 

翻訳:文帝陛下は、このように仰った。

真定郡の梨は、その甘さは蜜のようで、

そのもろさは、噛むと砂のようにサラサラと崩れてくるようだ。

これでこそ朕の甘いモノを欲する情熱を満たす事が出来る。

 

また、当時の中国には、重さ6キロという

巨大な梨もあったようで、

 

「真定の梨は、人の拳程の大きさもあり、

蜜のように甘い、体が火照るように暑くても、

たちまち熱を取り、渇きを満たしてくれる」

 

とも曹丕は書き残しています。

 

 

文帝いわく、葡萄(ぶどう)より美味いものなし

 

そんな曹丕が最も好んだのが葡萄でした。

葡萄は紀元前2世紀には、中国に入ってきていましたが、

栽培に手間がかかるものなので、当然、庶民の口に入るような

ものではありませんでした。

 

そんな葡萄を曹丕は愛し、そして絶賛しています。

 

魏文帝詔臣曰 且説葡萄、醉酒宿醒、掩露而食、甘而不○、酸而不脆、
冷而寒、味長汁多、除煩解○、又醸以為酒、甘於麹(麦が麥)米米、
善醉而易醒、道之而流涎咽唾 况(ここはサンズイ)親食之耶、
他方之果、寧有匹之者。

 

翻訳:文帝陛下は諸臣に言いました。

葡萄は酒に酔って眠り、二日酔いから目覚めてから喰うには最高だ。

表面の露を飛ばして、口に放り込むと酸っぱくも無く、

かといって甘すぎず調度いい、酔いも醒めシャキッとする。

口触りも冷たく、そして噛んでいても甘みが長く続く。

このようにして葡萄は体の熱をとってくれるのだ。

 

しかも、葡萄を酒にすると気分良く酔える上に、

醒めるのもすっきりしていいものだ。

嗚呼、考えるだけでも、よだれが出て喉を潤すようだ。

葡萄を食べた事のあるものなら、この朕の気持ちが分かろう。

 

他所の国に、葡萄に匹敵する果物があるだろうか?

 

曹丕、葡萄をベタ誉め

曹丕に喧嘩を売る曹植と楊脩

 

このように、曹丕はスイーツの中でも葡萄を好んだ事が分かります。

しかも、葡萄酒も飲んでいたようですね。

この頃にはシルクロードから大量の葡萄酒が運びこまれたのでしょうか?

葡萄酒を飲み、漢詩を書く東西文化が融合した優雅な環境に、

曹丕はいたんですねえ。

 

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

調べてみると、実は曹操も葡萄に関する詩を残していて好物であり、

暑さの厳しい時期に、二日酔いした時など葡萄の甘さは、

ちょうどよい、称えるべきとても貴重なフルーツだと書いています。

 

曹操も曹丕も二日酔いの酔い覚ましに葡萄を食べていたとは、

やはり、仲は悪いとは言え、親子なんですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン

関連記事:曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

【赤壁を超える!魏呉の直接対決特集】
濡須口の戦い特集バナー

 




関連記事

  1. 孔明 耳で聞いて覚える三国志
  2. 荀攸
  3. 兀突骨

    はじめての変

    兀突骨(ごつとつこつ)は実在したの?悲しみの巨人に迫る

    兀突骨(ごっとつこつ)は、三国志演義の孔明…

  4. 趙姫

    はじめての変

    曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4

    曹操の13人の妻を一挙公開! その4です。…

  5. 曹操 五胡十六国

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP