はじめての三国志

menu

はじめての変

そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

この記事の所要時間: 351

曹丕皇帝

曹丕(そうひ)は冷酷で酷薄、気に入らない人間や恨みを持った人間は

精神的に追い込んで殺すというダークサイドもありますが、

一方では、何だこりゃ?という変な性格も持っています。

 

その最たる部分が曹丕がフルーツを詩で評価した所でしょう。

 

 

 

曹丕は、甘いモノが大好きのスイーツ男子

曹丕 スイーツ

曹丕は、この時代としては超がつく甘党でした。

3世紀の中国と言えば砂糖も出回ってませんから、

甘いモノといえば、果物がその代表になります。

 

曹丕

 

お坊ちゃんで育った曹丕は子供の頃から果物を愛好し、

皇帝に即位すると、それらのスイーツを評価する

変な詩まで書いて家臣に見せています。

曹丕こそは、元祖スイーツ男子なのです。

 

文帝いわく、ミカンはすっぱい!!

 

3世紀頃のミカンは品種改良が進んでいないのか、

酸っぱいものがかなり多かったようです。

曹操は、そんな酸っぱいミカンでも好んで食べましたが、

甘党の曹丕はミカンが大嫌いでした。

 

そんなミカンの事を評価した詔(みことのり)

 

魏文帝詔群臣曰、飲食之物、南方有橘、酢正裂人牙、時有甜耳。

 

翻訳:文帝陛下は、家臣に向けてこのように言われた。

この食べ物は、南方のタチバナ(柑橘系の総称)というものだが、

酸っぱくて歯が裂けそうだ、時々しか甘いものがない。

 

しかし、こんな事を言われて、司馬懿とかはどうしたんでしょうか?

「ごもっともで御座います」とか頭を下げたのか。

 

関連記事:袁術が陸遜一族にみかんをあげるイイ話

 

文帝いわく、梨はあまァーーーーい!

photo credit: via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

 

そんな曹丕は、梨が大好物でした、梨は中国原産ですが、

当時から甘かったらしく曹丕は好んで梨を食べて、

そして、こんな勅を下しています。

 

魏文詔曰:真定郡梨.甘若蜜.脆若浚.可以解煩飴.

 

翻訳:文帝陛下は、このように仰った。

真定郡の梨は、その甘さは蜜のようで、

そのもろさは、噛むと砂のようにサラサラと崩れてくるようだ。

これでこそ朕の甘いモノを欲する情熱を満たす事が出来る。

 

また、当時の中国には、重さ6キロという

巨大な梨もあったようで、

 

「真定の梨は、人の拳程の大きさもあり、

蜜のように甘い、体が火照るように暑くても、

たちまち熱を取り、渇きを満たしてくれる」

 

とも曹丕は書き残しています。

 

 

文帝いわく、葡萄(ぶどう)より美味いものなし

 

そんな曹丕が最も好んだのが葡萄でした。

葡萄は紀元前2世紀には、中国に入ってきていましたが、

栽培に手間がかかるものなので、当然、庶民の口に入るような

ものではありませんでした。

 

そんな葡萄を曹丕は愛し、そして絶賛しています。

 

魏文帝詔臣曰 且説葡萄、醉酒宿醒、掩露而食、甘而不○、酸而不脆、
冷而寒、味長汁多、除煩解○、又醸以為酒、甘於麹(麦が麥)米米、
善醉而易醒、道之而流涎咽唾 况(ここはサンズイ)親食之耶、
他方之果、寧有匹之者。

 

翻訳:文帝陛下は諸臣に言いました。

葡萄は酒に酔って眠り、二日酔いから目覚めてから喰うには最高だ。

表面の露を飛ばして、口に放り込むと酸っぱくも無く、

かといって甘すぎず調度いい、酔いも醒めシャキッとする。

口触りも冷たく、そして噛んでいても甘みが長く続く。

このようにして葡萄は体の熱をとってくれるのだ。

 

しかも、葡萄を酒にすると気分良く酔える上に、

醒めるのもすっきりしていいものだ。

嗚呼、考えるだけでも、よだれが出て喉を潤すようだ。

葡萄を食べた事のあるものなら、この朕の気持ちが分かろう。

 

他所の国に、葡萄に匹敵する果物があるだろうか?

 

曹丕、葡萄をベタ誉め

ぶどう p

 

このように、曹丕はスイーツの中でも葡萄を好んだ事が分かります。

しかも、葡萄酒も飲んでいたようですね。

この頃にはシルクロードから大量の葡萄酒が運びこまれたのでしょうか?

葡萄酒を飲み、漢詩を書く東西文化が融合した優雅な環境に、

曹丕はいたんですねえ。

 

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

調べてみると、実は曹操も葡萄に関する詩を残していて好物であり、

暑さの厳しい時期に、二日酔いした時など葡萄の甘さは、

ちょうどよい、称えるべきとても貴重なフルーツだと書いています。

 

曹操も曹丕も二日酔いの酔い覚ましに葡萄を食べていたとは、

やはり、仲は悪いとは言え、親子なんですね。

 

関連記事:曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン

関連記事:曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

 

こちらの記事もよく読まれています

photo credit: petals light via photopin (license)

photo credit: petals light via photopin (license)

 

関連記事:曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇

 

photo credit: Buds via photopin (license)

photo credit: Buds via photopin (license)

 

よく読まれてる記事:三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」

最弱武将

 

よく読まれてる記事:張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』
  2. 董卓が狼ならば、孫堅は何?袁術が真に受けた例え話
  3. 張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の…
  4. 「褒めて伸ばす」の実践者にして成功者・孫権
  5. 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い
  6. 黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体を…
  7. ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】
  8. 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?
  2. 蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されていた?
  3. 【はじめてのセンゴク】織田家に反旗を翻した荒木村重・別所長治の最後
  4. 【中華版聖闘士○矢】集まれ!光武帝と雲台二十八将を全員紹介
  5. 【if三国志】劉備がもし孫権と同盟しなかったら三国志はどうなったの?
  6. 3周年を迎える「はじめての三国志」公式オンラインストアをオープン!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

賈詡はどうして李傕・郭汜に長安を襲わせたの? 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.1 【魏の歴史事件簿】曹魏の4代皇帝曹髦の時代起きた事件をざっくりご紹介!? 大学者鄭玄の下女達の会話は高学歴だった 曹操のテストを見事クリアした王族・劉曄(りゅうよう)の逸話 蒋済(しょうさい)とはどんな人?曹魏四代に仕えた宿老の生涯 はじさんが曹操を丸裸に!素顔は?身長は?曹操を徹底追及! 江戸城オフィスを大公開!大名の争いは部屋取りゲーム?

おすすめ記事

  1. 57話:劉備はどうやって三国志界の天才軍師・諸葛孔明を手に入れたの?
  2. 諸葛亮、周瑜、郭嘉…誰がお好み?ときめき軍師メモリアル
  3. 呉の太子四友とはどんな人?権力闘争に敗れ失脚していくエリート
  4. 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る
  5. 秦の宰相として歴史に名を刻んだ名宰相・范雎(はんしょ)【丞相編】
  6. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部
  7. 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって幕を閉じたの?
  8. ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP