架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

趙の名将・李牧の孫が国士無双で知られるあの人と関係があった!

この記事の所要時間: 43




 

キングダムでお馴染みの趙の名将・李牧(りぼく)

秦軍の最大の敵として立ちはだかっているこの将軍ですが、

最後は讒言により殺害されてしまいます。

さてこの李牧の家系は李牧死後も絶えることなく続き、

李牧の孫が楚漢戦争に参加していたことをご存知でしたでしょうか。

 

関連記事:秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの?

関連記事:楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?




陳余に進言

 

李牧の孫である李左車は陳余が趙王を報じて君臨した際、

陳余の臣下として使えることになります。

そして彼が陳余の臣下として数年が過ぎた後、韓信引き入る漢軍がやってきます。

この時韓信は大軍はもちろんのこと馬車ですら通ることのできない

井陘口(せいけいこう)と呼ばれる狭い道を進んできていました。

陳余は韓信軍が趙へ侵攻してくると軍議を開きます。

この軍議で将軍となっていた李左車は陳余へ「韓信は井陘口の小道を進んできております。

我らは出口で韓信軍を迎撃するのが一番いいでしょう。

そして韓信軍と戦っている間に数万の兵を率いて韓信軍の背後へ回って

挟み撃ちにすれば趙軍の勝利は間違えないと考えます。」と恐るべき進言をします。

もしこの作戦を陳余が採用していれば韓信は敗北して囚われていたかもしれません。

しかし陳余は「韓信軍は少なく、我が軍は韓信軍よりも大勢の軍勢を率いている。

もし大軍である我が方が計略を使って韓信軍を退ければ天下の諸侯に笑われるだけだ。

ここは正々堂々真正面からぶつかって韓信軍を迎え撃つべきだ」と述べます。

李左車は陳余の発言に食い下がりますが、この決定を覆すことができませんでした。




趙軍の大敗北そして・・・・

 

陳余と趙王は井陘口のから数キロ離れた所に砦を築いて韓信軍を迎え撃ちます。

韓信は井陘口を通りきって近くの河を背にして布陣し趙軍に向って前進を開始。

趙軍は韓信軍が砦に進んでくると砦から打って出て韓信軍へ猛攻を仕掛けます。

陳余は韓信が河を背にして布陣していることを知り、全軍に総攻撃の命令を出します。

この戦いは激闘すること数時間が経っても決着がつきませんでした。

そのため陳余は、一度趙軍を砦に戻して一休みさせてから全軍に再度総攻撃を命令しようと考え、

全軍を砦へ向かわせることにします。

だが砦には漢の旗が風になびいておりました。

この砦の様子を見た趙軍の兵士達は混乱状態になってしまい、兵士達は逃亡してしまいます。

韓信はこの隙を見逃さず趙軍へ総攻撃を下します。

この結果、趙軍はバラバラになってしまい、

軍としての規律が保てないほどの混乱状態になってしまいます。

陳余はこの状態を立て直すことができないと判断して趙王と共に逃亡しますが、

韓信軍に追いつかれてしまい、討ち取られてしまいます。

 

囚われの李左車

 

李左車も趙軍が大混乱をきたした時に逃亡を図りますが、韓信軍にとらわれてしまいます。

韓信は李左車が来ると縄を解かせて上席に座らせて

「私がいま勝者としてここに君臨しているのはあなたの作戦が採用されたなったからです。

もし採用されていれば我が軍が敗北して勝者となったあなた達の前に私が座っていたことでしょう。

さてあなたのような智謀を持っている人にお尋ねしたいのですが、

私はこれから斉・燕を討伐しようと考えているのですが、

どのように討伐を行えばよろしいでしょうか。」と尋ねます。

しかし李左車は韓信の問いに答えることをせずにはぐらかしてしまいます。

だが韓信がぜひぜひと執拗に聞いてくるため、彼は致し方なく献策します。

 

李左車の進言その1:燕・斉へ攻撃するべからず

 

李左車は韓信があまりにも執拗に進言を求めるためついに口を開きます。

彼は韓信へ「あなたは魏を討伐し、いま趙を平定しました。

この勢いのまま燕・斉へ攻め込むのは一見良さそうに見えますが、実は違います。

今燕へ攻撃を仕掛けても討伐することはできないでしょう。

その原因は兵士が疲れているからです。

疲れきった兵士を率いて燕を攻略できないのは子供でさえ分かることで、

疲れきった韓信軍が燕攻略に手こずっている間に斉は防備を固めてしまうでしょう。

こうして両国が防備を固めてしまった状態では討伐することは至難の業であり、

あなたの軍勢が両国を討伐できないと楚漢の争いはどちらが勝つのかわからないでしょう。」と

自らの考えを披露します。

李左車の進言に頷いた韓信は続きを促します。

 

李左車の進言その2:兵士を休養させるべし

 

韓信に続きを促された李左車は「あなたが取るべき道はひとつしかないでしょう。

それは兵士に休養を与えることです。

兵士に活力が戻れば燕を攻略することはあなたにとって簡単でしょう。

また燕に軍勢を率いて進んでいる間に外交官を派遣して、

燕と漢の勢力の差を思い知らせてやれば、降伏させることができるでしょう。

燕が降伏してしまえば斉にも外交官を送るだけで降伏するでしょう。」と自らの策を披露します。

韓信は李左車の進言に声を上げて喜び彼の言うとおりにします。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

李牧の孫である李左車が陳余にした進言はまさに

李牧譲りの軍略をもっていることを表している証左と言えるのではないのでしょうか。

本文中にも書きましたがもしあの作戦が実行されれば、間違えなく韓信軍は敗北していたでしょう。

運が悪ければ全滅した可能性もあります。

それを考えると陳余が将軍として優れていないことが韓信にとって幸いで、

もし陳余ではなく軍略を知っている人物が将軍だったら韓信は井陘口の戦いで、

討ち取られていたかもしれません。

 

参考文献 史記 司馬遷著 訳和田武司・山谷弘之など

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家
  2. 杜襲(としゅう)とはどんな人?住民と団結して劉表軍と戦った県長
  3. 【キングダム】趙峩龍(ちょう・がりゅう)って本当に強いの?
  4. 【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものが…
  5. 項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察…
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」…
  7. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法…
  8. 【キングダム】王翦・王賁の血筋は楚漢戦争時代にも登場していた!?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略1】ついに超名作ゲームがみんなの手に蘇る!!
  2. 張楊(ちょうよう)とはどんな人?呂布を助けようとしためちゃくちゃ優しい人
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【8/1〜8/7】
  4. 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【前半】
  5. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(3/3)
  6. 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない 【列異伝】なんと!曹丕は中国初オカルト小説の作者だった? 【映画関ヶ原を100倍楽しむ】関ヶ原の戦い…実は寧々と淀の争いが原因だった!? 于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人 【はじさん編集部】第2話 三国志なんか読むな!(泣)新橋の夜に吠える はじ三の犬達 大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの? キングダム 525話 ネタバレ予想:朱海を翔ぶ鳳凰 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?

おすすめ記事

  1. 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯
  2. 信陵君(しんりょうくん)はどんな人?生まれ故郷を救うために舞い戻ってきた戦国四君
  3. 関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇
  4. 日本にも冥婚があった?東北や沖縄に伝わる死者の結婚式
  5. 三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操
  6. 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかしエピソード 濮陽の戦い編
  7. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?
  8. 【センゴク】織田信長の宿敵・朝倉義景はどうやって撃破されたの?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP