日常生活

はじめての三国志

menu

はじめての変

【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大天

この記事の所要時間: 732




キングダム 15 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

キングダムの李牧(りぼく)は情報操作によって王騎を策にはめて見事討ち取り、

函谷関の戦いでは咸陽奇襲軍を編成。

咸陽に向かう途中に迎撃してきた麃公を討ち取るなど華々しい

活躍をしている彼ですが、史実では一体どのような人物であったのでしょうか。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 

関連記事:『うしおととら』の獣の槍の元ネタは孫子の時代にあった?古代中国の名剣・干将と莫邪



趙国最後の守護神李牧:鉄壁の名将はここから始まる

 

李牧は中央の戦乱で活躍する将軍ではなく匈奴から

趙の国境である雁門(がんもん)を守る国境守備隊の長官でした。

彼は国境を守るため様々な匈奴対策を行います。

まず匈奴の軍勢が来たことをいち早く知らせるため多数の狼煙台を設置。

また匈奴軍が本格的に趙の国境である雁門(がんもん)に侵攻してきた際は

城から打って出る事はせず、籠城する事で被害を最小限にくいとどめる方針でした。

李牧の采配により国境近辺は匈奴に侵攻される事無く

大損害を出すことはありませんでした。



趙国最後の守護神李牧:バカな王の命令はシカトに限る

 

李牧は積極的に出撃しない事で大規模な損害を出さないでいましたが、

兵士達は不満に思っておりました。

趙王は消極的な出方をしていた李牧を始めは許しておりましたが、

だんだんと積極策に出ない李牧に腹が立ちついに

「李牧。次匈奴が攻めてきら城から打って出ろ。でないとお前はクビだ。」と李牧を脅します。

李牧は趙王の命令を受け取りますが、シカト。

匈奴軍が襲来してきた時は今まで通り籠城して、敵軍を迎撃します。

趙王は自らの命令を無視した李牧に腹を立て、国境守備隊長官の職を解任します。

 

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

関連記事:【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐

関連記事:騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍

 

趙国最後の守護神李牧:趙王に条件を突きつける

 

李牧はクビになった後、ニート生活を開始。

家で昼間まで寝て、その後は書物を読み、悠々自適な生活を始めます。

李牧が悠々自適な生活を過ごしている頃、

国境ではとんでもない事が起きておりました。

李牧の後任者が匈奴軍に挑んで大敗北。

国境は匈奴軍に侵され、めちゃくちゃになっておりました。

趙王はこうした事態に驚き、再び李牧を国境守備隊の長官に起用しようとします。

しかし李牧は家に鍵をかけ、居留守を使い、

あげくの果てに「俺。病気だから」と言って趙王の使者を拒否します。

趙王は強制的に李牧を将軍にし、宮殿へ呼びます。

李牧は致し方無く宮殿へ行き趙王と会見。

趙王に会うと李牧は「私を強制的に将軍に任命したからには、

一つ条件を飲んでもらいます。」と趙王に条件を突きつけます。

趙王は「なんだ」と李牧に問いただします。

李牧は「私を将軍に起用するからには、従来のやり方でやらせてもらいます。

よろしいですな」と強い口調で言い放ちます。

趙王は彼の言葉に頷き「そなたに任せた。後は頼むぞ」と伝えます。

 

関連記事:項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察】

関連記事:豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者

関連記事:なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

 

趙国最後の守護神李牧:匈奴撃滅作戦その1

 

李牧は国境守備隊の長官として、再び雁門(がんもん)へ着任します。

今回李牧はある秘策を用意しておりました。

その前に彼は早速、狼煙台を整備。さらに城壁を修理して

匈奴軍の襲来を待ちます。

匈奴襲来を待つこと数十日。待ちに待った匈奴軍が襲来します。

李牧は兵士数千に加え、輜重と家畜大量に率いて城門から打って出ます。

匈奴軍は李牧の軍勢を見つけると勢いよく襲ってきます

李牧はわざと負け、輜重と家畜をすべて捨てて退却。

この敗北は匈奴軍の油断を誘う李牧の策でした。

匈奴は大量の輜重と家畜を手に入れ、すぐに帰還。

匈奴軍は帰還すると匈奴の単于(ぜんう)に報告します。

単于は報告を聞き「よし。次はわれみずから大軍を率いて行こうではないか。」と言います。

 

関連記事:【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王

関連記事:これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。

関連記事:【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)

関連記事:【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント?

 

趙国最後の守護神李牧:匈奴撃滅作戦その2

 

単于は数か月後、大軍を率いて雁門へ向け出陣します。

李牧は単于の大軍が来たことを知り、すぐに伏兵を設置。

自らは守備隊の大半を率いて、出陣します。

李牧は匈奴軍が猛攻をかけると軍を左右に分けて挟撃します。

匈奴軍は左右の挟撃に耐えられず、退却します。

しかし、退却途中の匈奴軍に李牧が設置した

伏兵が一斉に攻撃を仕掛けて来ます。

こうして匈奴軍は10万人以上の死者を出し、命からがら退却します。

匈奴軍は李牧を恐れ数十年間、攻撃を控えます。

彼はこの大勝利により、趙王から大将軍の位を下賜され、

中央の覇権争いに参加する事になります。

しかし匈奴を討伐し、大いに戦果を挙げた李牧ですが、

いきなり大将軍へ昇格するには突然すぎるような気がします。

その理由を次の項でお話しします。

 

関連記事:趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?

関連記事:桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術

 

李牧が大将軍になれた理由

 

趙は李牧の活躍により、匈奴討伐には成功しますが、趙の国力は低下し弱っておりました。

さて李牧はなぜいきなり大将軍になれたのでしょう。

大将軍になれた原因が二つあります。

一つはキングダムでも紹介されましたが、長平の戦いで趙軍が破れた時、

秦の六大将軍白起(はくき)により、

趙の兵士は四十万人以上生き埋めにされました。

この時の傷を完全に回復させる事が

できる人材が趙に存在しないのが大きな原因です。

二つ目は内政・軍事両方に秀でた人材がいなくなってしまった事です。

趙の全盛期には優れた王である恵文王の元に趙の三大天として恐れられた

藺相如(りんそうじょ)や廉頗(れんぱ)、趙奢(ちょうしゃ)、恵文王の弟である平原君など

の有能な人材が数多く存在しておりました。

しかし李牧の時代には藺相如や趙奢、平原君はすでに亡くなり、

三大天最後の生き残りである廉頗は楽毅の弟楽乗と喧嘩し、

国外に逃れてしまいます。

李牧はこのような理由により、趙は衰亡を食い止める事の出来る人材として、

期待され趙の大将軍に上り詰める事が出来たのです。

 

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:廉頗(れんぱ)とはどんな人?悲劇のレジェンド元趙三大天[キングダム ネタバレ注意]

関連記事:白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話

 

趙国最後の守護神李牧:鉄壁の守りを披露

photo credit: Zweiweit via photopin (license)

photo credit: Zweiweit via photopin (license)

 

秦は趙の領土を削り取るため、大軍を侵攻させます。

趙は秦の大軍が侵攻してきたことを知り、李牧を総大将に任命。

李牧は秦の大軍を迎撃するため、赤麗(せきれい)城へ赴きます。

秦は赤麗城を攻略するため猛攻を加えますが、李牧の巧みな迎撃の

前に城を陥落させることができませんでした。

そのため秦軍は方針を変え、宜安(ぎあん)城攻略に赴きます。

しかし李牧は秦軍よりも早く宜安に赴き、この城でも進軍を撃破。

秦の軍勢は再度方針転換し、番吾(ばんご)城へ赴きます。

秦の大軍は番吾城に猛攻をかけますが、この城も李牧の采配により、

陥落できずに秦軍はむなしく帰還する事になります。

この当時中華最強の秦軍を撃退したのは趙の李牧と楚の項燕の二人でした。

それほど各国は秦軍の攻撃の前になすすべがなかったと思われます。

秦軍を撃退した事で李牧の名は中華に轟き、

趙王は李牧を褒め称えます。

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編
  2. 【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出…
  3. 【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの?
  4. 【三国時代】英雄の地位はどの位?
  5. 伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓
  6. キングダム 512話 ネタバレ予想:列尾危うし!王翦の次の秘策を…
  7. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画
  8. 白馬寺とは何?洛陽にある中国最古のお寺は白馬が経典を運んだ!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る
  2. 【シミルボン】ありえん?三国志の外交交渉が頓智勝負だった
  3. 墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの?
  4. 孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも使える春秋戦国時代の名言
  5. 三国志ならともかく戦国時代は興味がないから大河ドラマを見ないあなたへ。こうすれば真田丸も楽しめる!
  6. 程普(ていふ)ってどんな人?孫家三代に仕え、数々の戦を戦った孫呉の重鎮

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明 【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯 もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの? 後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪ 曹操の後継者問題で判断に迷ったのは儒教と文学に原因があった? 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【後半】 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/30〜6/5】

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【7/11〜7/17】
  2. 于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人生
  3. キングダム 512話 ネタバレ予想:列尾危うし!王翦の次の秘策を徹底予想
  4. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7
  5. 【2016年】年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】
  6. あっちもこっちも将軍、将軍、将軍だらけ!三国志の将軍の位がわかると上下関係がわかる!
  7. 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】
  8. 曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政治にも優れた功労者

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP