広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

前漢

郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人

この記事の所要時間: 251




 

前漢時代や後漢・三国志やその後の中国にも遊侠と言われる人がたくさん出てきております。

今回は前漢時代に出現した郭解(かくかい)をご紹介します。

かれは司馬遷(しばせん)が生きていてた武帝の時代の人物で、

若い頃から乱暴者であったそうで、悪いことはあらかたやり尽くしていたそうです。

その乱暴の者がなぜ遊侠の人と呼ばれることになったのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念




手の付けられない暴れん坊

 

郭解は楚漢戦争時代に占いでその名を轟かせた許負(きょふ)のお孫さんであったそうです。

ついでにこの許負は宮城谷昌光氏が書かれている香乱記(こうらんき)小説にも登場しております。

また彼は三国志に登場してくる英雄・曹操のように小柄な人物であったそうです。

血を遡れば占い師の家系にも関わらず郭解は暴れ者として非常に有名でした。

彼は一体何をしでかしていたのでしょうか。




偽金・人殺し等の犯罪を行っていた

 

郭解は小柄ですが精気が体中からほとばしっていたようで、

近くへ寄ってくる人が一歩引いてしまう鋭さがあったようです。

そんな彼は若い頃ブチギレるとすぐに人を刺し殺してしまうほどの狂気を持っていた人物で、

殺人は数え切れないほど行っております。

他にも偽金の製造や強盗・墓荒らしなど悪いことは一通りやっており、尋常ではない悪者でした。

これほどの悪人であったため当然役人に捕まった回数は数え切れないほどありましたが、

不思議に処刑されることな牢獄へぶち込まれるだけで、すぐに外の世界へ帰ってきてしまいます。

そんな極悪人・郭解ですが、ひとついいところがあります。

それは自分を頼ってきた人物には何があっても守り通す人物であり、

頼ってきた人物が犯罪者であろうと関係ありません。

約束を必ず守っていた郭解はいつしか仲間から慕われるような人物へなっていきます。

 

若い頃は手の付けられない暴れん坊だったが・・・・

 

郭解は上記のような極悪人でしたが、歳を年々重ねていくことによってだんだん性格の鋭さが

無くなっていき丸みを帯びてきます。

そして彼は老人になると若い頃のような精気ほとばしる人物ではなくなり、

やんわりとしたお爺さんに変身。

若い頃はやられたら必ず何倍かにしてやり返す人物でしたが、

老人になるとやられても仕返しすることなく許してしまう器の大きさを身につけます。

性格が丸くなったおかげで優しい老人へと生まれ変わることになった彼ですが、

ひとつだけ変わらないものがありました。

それは自分が気に食わないと思った人物が出てきた時です。

この時は昔のように鋭い目つきをして相手を睨みつけ人相も昔の郭解に戻ってしまう為、

彼の取り巻きの仲間達は郭解の目つきが変わったなと感じたら、

仲間が郭解の気に食わない人物を彼に知られないように始末していたそうです。

 

罪を認めて相手を逃がす

 

そんな郭解が有名になったエピソードが残されております。

ある日郭解の姉が殺害されてしまう事件が起きます。

郭解の姉は激怒して彼へ「お前の甥が殺されたんだ。早く犯人を見つけて殺しておくれ」と依頼。

郭解は姉の依頼を受けて甥を殺害した人物を仲間に命じて探させます。

仲間達が必死に探した結果、甥を殺害した犯人を発見することに成功。

郭解は甥を殺害した人物へ「なんで甥を殺した」とドスの聞いた声で質問します。

犯人は郭解へ「はい。彼は私へ無理やり酒を飲ませて来たから殺しました。」と打ち明けます。

この話を聞いた郭解は「そうか。それは甥が悪い。すまなかった」と頭を下げて謝り、

姉に見つからないように彼を逃がしてしまいます。

この話を聞いた民衆は郭解が物事の筋を通して生きている人物だと知り、

大いに彼を褒めたそうです。

 

前漢時代ライター黒田廉の独り言

 

郭解は乱暴者でしたが遊侠の人といっていいでしょう。

一体どこが遊侠の人??

って思う読者がいると思います。

かれが遊侠の人たる所以は、若い頃から頼ってきた人物には犯罪者であっても必ずその約束を

守り通している点が遊侠人と言えるでしょう。

季布(きふ)を守り抜いた朱家(しゅけ)と郭解は同じ気概を持った人物と言えると思います。

また現代でも筋を通している人物は前漢や戦国時代と比較したらあまりいないですが、

郭解は筋を通して自分が悪いと思ったらあっさり素直に謝る所も遊侠人の特徴と言えるのでは

ないのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?

関連記事:蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?

 



黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎ…
  2. 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?
  3. 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは…
  4. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている…
  5. 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟…
  6. 呂不韋の出世のきっかけはここから始まる!
  7. 徳川家康との対決と信長包囲網構築へ
  8. 1万7000人、秀吉軍のフルマラソン(中国大返し)街道でお茶とお…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使えない?
  2. 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【前半】
  3. もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの?
  4. 鍋島直茂(なべしま なおしげ)がスゴイ!主家乗っ取りに成功!時勢を見る目と優秀な智謀を持った肥前の名将
  5. 【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに?
  6. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

蜀漢が滅びたのは張飛達を祀らなかったから? 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん) 131話:新宰相・蔣琬(しょうえん)により変貌する蜀 みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった! 三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった! 【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為すは、仁者の兵にあらざるなり」 徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人?

おすすめ記事

  1. どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?
  2. 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  3. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2
  4. 羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で蜀の意地を見せる
  5. 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術
  6. 何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか?
  7. 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為すは、仁者の兵にあらざるなり」
  8. 項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察】

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP