はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?

この記事の所要時間: 247




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・国勢調査」のコーナーです。

 

 

現在のアメリカでは白人の人口が停滞しているのに対して、

マイノリティの人口は増加の一途となって問題になっています。

マイノリティ人口は2004年にはアメリカ住民の32.9%でしたが、

2014年には37.9%にも増加しているのです。

このまま進むと白人の人口をマイノリティの人口が追い抜く日も来るとか!?信じがたい話ですね。

アメリカの国全体の人口増加の95%がマイノリティによるものであるのに対し、

死亡者の80%は白人なのだそうです。白人は減る一方です。

2040年にはマイノリティがアメリカの多数派になります。

もはや別の国といっても過言ではないでしょう。

白人たちがマイノリティ増加の脅威に怯え、

自分たちの将来に絶望してトランプ大統領を頼ったのも仕方ない状況なのかもしれません。

まさか三国志の時代にそんな事件があったとは思えませんが、人種と人口について調べてみましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ




三国志時代に異民族問題

 

漢民族の脅威になったのは主に北の異民族である「匈奴」でした。

しかし三国志の時代になる前、前後漢の時代にその勢力は大きく削がれます。

代わって台頭してきたのがチベット系民族の「氐族」や「羌族」です。

 

 

さらにモンゴル系民族の「烏丸」、「鮮卑」などになります。

董卓韓遂、そして馬超などは氐族や羌族と団結して力を高めていきます。

異民族は漢族の同胞となり、時に敵となってきた歴史があるのです。

この時点では、まだ国を揺るがす人口問題は発生していません。




曹操の同化推進政策

 

中原に覇を唱え、河北を制した曹操はどのような対応を異民族に対して施したのでしょうか。

まずは匈奴の於夫羅単于を討ち果たします。烏丸も討伐し平定しました。

鮮卑の首長・軻比能を曹彰の兵で打ち破りました。

積極的に強硬策を用いながら曹操は融和政策も推し進めており、

異民族の内地への移住を積極的に進めていくのです。

このとき、戦乱によって内地は人口減少に悩まされていたのです。

曹操は懐柔した異民族の一部を義従、勇力と称して魏軍に編入し、

異民族の指導者たちに高い教育を施し漢民族との同化を目指します。

魏の辺境は安定していき、内地の人口不足も補完することができました。

さすがは曹操、見事な政治手腕ですね。

 

曹操の政策の弊害

 

しかし世の中に完璧な政策などありませんよね。

誰かが得をすれば誰かが損をする。それがバランスというものです。

異民族の同化が進み過ぎた結果、魏は現在のアメリカと同じ問題を抱えることになります。

場所によっては漢民族と異民族の人口割合が同じになったり、異民族が多数派になったりしたのです。

国政の主導権が変わっていきます。

あたかもトランプ大統領のように、魏の鄧艾はこの人口問題を重要視し、

異民族を国外に追い出すことを主張しました。

しかし、そこまで危機感を持っていたひとは少なかったようで、

異民族の流入はとどまることはありません。

やがてそれが原因のひとつとなり三国志を統一した晋は滅びます。

異民族が北方を占拠し、五胡十六国の激動の時代を迎えることになります。

時代が進むごとに契丹、女真、蒙古、満州といった異民族もまた北方に侵入と定住を繰り返し、

それが現在の中国を形成していくことになるのです。

 

関連記事:中原での戦いは苦手だけど異民族討伐戦なら強い董卓

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

人種のバランスというものはコントロールが難しいのですね。

日本で住んでいるとなかなか理解できない話です。

アメリカは中華の歴史のようにこの人種問題によって内側から滅んでいくのかもしれません。

ロシアや中国はじっくりとそれを待っているのかもしれませんね。

果報は寝て待て作戦でしょうか。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:楊奉が袁術から離反しなければ官渡の戦いは袁術vs袁紹になっていた!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征
  2. 関羽と法正、正反対のイメージの二人の意外な共通点
  3. 曹彰(そうしょう)が曹操の後継者に選ばれる確率を求めてみた
  4. 曹嵩(そうすう)はどこの誰なのか?徐州大虐殺の切っ掛けにもなった…
  5. 『三国志』人気を数字から考えてみる
  6. 媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な…
  7. 三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙…
  8. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 勝負下着の参考に!三国時代の下着ってどんなのだったの?
  2. 吉田松陰の「草莽崛起論」とはどんなもの?分かりやすく解説
  3. 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術
  4. 119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦
  5. キングダムに乗り遅れた人必見!!戦国時代をざっくりと紹介しちゃいます!
  6. 何で武田晴信は長尾景虎との対決を避け続けたの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

四川の孔明史跡(成都武侯祠・剣門蜀道・明月峡・都江堰)を調査してみた【三国夢幻紀行 諸葛孔明篇1】 90話:張任によって龐統討たれる 【センゴク】戦国時代を揺るがす本能寺の変。秀吉はこの事件のせいでショックを受けて腑抜けになった!? 趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才占い師 曹嵩(そうすう)はどこの誰なのか?徐州大虐殺の切っ掛けにもなった曹操の父親 【孔門十哲】宰我(さいが)とはどんな人?孔子に一番叱られた弟子 kawauso編集長のぼやきVol.7「記事では書けないネタ」 四川の名物料理「張飛牛肉(チャンフェイニウロウ)」の謎に迫る

おすすめ記事

  1. 【感謝】シミルボンにて総合ランキング1位を「はじめての三国志」が獲得しました!
  2. 劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?
  3. 【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる!
  4. 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語
  5. 江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは?
  6. 魏延と趙雲を正史で比較すると魏延が優秀だと判明!?
  7. 【はじ三お悩み相談回答編】呂布のような無双ボディになりたい
  8. 小野小町(おののこまち)はどんな人?世界三代美女は謎だらけ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP