帝政ローマ

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」の見どころ紹介

この記事の所要時間: 340




 

おんな城主・井伊直虎(いいなおとら)。

今回は冒頭からかなりやばいです。

今までの危機が些細に見える位にやばいです!!

ヤバイやばいしか言っていませんが本当にヤバイのです。

そんなやば井伊直虎(いいなおとら)第12話の見所をご紹介していきたいと思います。

 

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介




第12話おんな城主直虎の見どころその1:直親が・・・・

 

さておんな城主井伊直虎は開始からとにかく危険に満ち溢れておりました。

前回今川氏真(いまがわうじざね)から呼び出しをくらった井伊直親(いいなおちか)は、

駿河(するが)へ向かている途中でした。

しかし遠江(とおとうみ)の掛川城(かけがわじょう)付近で今川の武士達に

包囲されてしまいます。

次郎法師(じろうほうし)は直親一行が無事に井伊谷(いいのや)へ帰還できるよう、

祈りを捧げておりました。

だが次郎法師の願いは無残にも打ち砕かれてしまうのです。

直親一行は今川家の武士達と激闘を開始。

一緒についてきた直親の部下である孫一郎は今川家の武士によって殺害され、

直親の子供時からの家臣も殺害されてしまいます。

直親は二人を失ったことに激怒して今川の武士達へ刀を振り回して斬りつけますが、

彼も今川の武士達に斬り殺されてしまいます。

井伊家の当主を失った井伊家はこれからどうなるのでしょうか。




第12話おんな城主直虎の見どころその2:狂犬シノ激怒

 

井伊直虎の狂犬といえば直親の奥さんシノちゃんでしょう。

井伊直親の奥さんでありながら旦那にも噛み付き、

旦那と仲良くしている次郎法師にも噛み付く井伊谷の狂犬とレンが勝手に名付けます。

井伊谷に遺体で戻ってきた井伊直親とその家臣。

次郎法師は直親の遺体を見つけると彼に触れようとします。

すると狂犬しのがやってきて次郎法師へ「私の旦那にさわるんじゃあないよ。」と激怒。

挙句の果てに「あんたのせいで直親様は亡くなったんだ」と言う始末です。

とんでもない狂犬嫁ですが、

シノの妹が頭を下げて「姉は旦那を亡くしてしまい正気ではないのです。

申し訳ございません次郎法師様」と次郎法師に謝っておりました

なんて優しい妹なのでしょうか。

それにしても旦那がなくなって辛いのは分かりますが、

なんの罪もない次郎法師に八つ当たりするのはいかがなものなんでしょう。

 

第12話おんな城主直虎の見どころその3:今川家の要求にあの人が立つ

 

井伊谷の井伊家は直親の供養を行っておりました。

次郎法師は三人で幼少期にすごした井戸でひとり泣きながら、

直親の供養を行っておりました。

井伊谷の井伊家の元へ一人の部下が「今川家から手紙が来ました」と

言って駆け込んできます。

井伊谷のご隠居・井伊直平(いいなおひら)は今川からの手紙を見るとそこには、

驚くべきことが書かれておりました。

今川からの手紙には「虎松を殺せ」と書かれておりました。

虎松は直親とシノとの間に生まれたたった一人の嫡男です。

直平はシノへ「虎松(とらまつ)はどこにいる」と質問。

しのは直平へ「虎松が何かやらかしましたか」と訪ねます。

すると直平は「今川家が虎松を殺すように手紙を送ってきたのだ。」と述べます。

しのは大声で直平達へ

「虎松はまだ二歳です。どうか命を奪うようなことをしないでください」と大声で叫びます。

そんなやりとりを聞いていた井伊家のヒーロー新野さんが

「わしが駿府へ行って助命嘆願を行ってこよう。

だからしのさん。虎松をわしにあずけてくれんか」と優しく述べます。

しのは直平の言葉を受け入れて静かに頷くのでした。

さて虎松は一体どうなるのでしょうか。

 

大河ウォッチャー黒田レンの独り言

 

さてついに直親が亡くなってしまい、井伊家の当主は居なくなってしまいます。

さらに虎松の命を救うことに成功した新野さんですが、

代わりに直平達に今川の戦へ参加するように要請されます。

そして今川の戦に参加した直平達は亡くなってしまうのです。

その代わりに小野正次が帰ってきて、

「虎松の後見役として私が井伊家を取り仕切るようにと氏真公から言われておりまする。」と

述べるのでした。

今川家に内政干渉されるようになりボロボロになった井伊家ですが、

ひとりの女性が立ち上がることによって救われることになるのです。

その女性こそ井伊谷の竜宮小僧・井伊直虎である!!

次回も井伊直虎をお楽しみに・・・・。

 

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最…
  2. 【赤壁の戦いの裏側】劉備軍は周瑜に深く関わろうとしなかった!
  3. 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外…
  4. 軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できた…
  5. 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史…
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の…
  7. 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達
  8. 暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介
  2. コーエー三國志の李儒は何であんなにパラメーターが高いの?
  3. 廬毓(ろいく)とはどんな人?曹氏三代に仕えた公平な人物
  4. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1
  5. 朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍
  6. 【キングダム】楊端和(ようたんわ)は実在した女将軍?史実を元に徹底解剖

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何? 【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほんと!? 来敏(らいびん)とはどんな人?孔明が魏延よりも苦手だった学者 鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじん) 気が抜けない!三国志時代の旅行は命がけだった! 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布とまともに戦った燕 まだまだあるよ!諸子百家シリーズ 陰陽家・農家・小説家 【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【4/24〜4/30】
  2. 曹純(そうじゅん)ってどんな人?曹操軍の騎馬隊長として戦場を駆け巡る
  3. 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活
  4. え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!
  5. 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/19〜6/26】
  7. 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 
  8. 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP