【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

諸葛孔明が描いた天下三分の計(てんかさんぶんのけい)。

実はこの戦略は孫呉の二代目大都督に就任した魯粛(ろしゅく)のおかげで、

成立した計略であったことをご存知でしたか。

彼がいなければ天下三分の計はならなかった可能性が高かったかもしれません。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?


周喩の構想

 

孫呉は赤壁の戦いの後、周瑜が考えていた方針に従って行動を開始。

周瑜が考えていた方針とは孫呉と曹魏による天下二分の計からの天下統一構想でした。

彼は自ら軍勢を率いて益州の劉璋政権を打倒して益州を占領。

その後漢中を攻略して涼州の馬超(ばちょう)軍ら関中十部軍と手を組んで、

魏の長安めがけて攻撃を開始します。

長安攻略軍が長安へ攻撃を仕掛けている間に江南の孫呉本隊は、

揚州(ようしゅう)・荊州(けいしゅう)から軍勢を北上させて魏軍を攻撃する構想を持っておりました。

この周喩の構想には劉玄徳(りゅうげんとく)は一切参加していません。

しかし周喩が亡くなったことで天下二分の計からの天下統一構想は一時的に頓挫してしまいます。


魯粛が周喩の跡を継ぐ

 

周喩が亡くなると魯粛(ろしゅく)が孫呉の二代目大都督として君臨。

彼は周喩が構想していた天下二分の計をやめるべきであると判断し、

自らが考えていた構想を披露します。

魯粛が考えていた構想とは・・・・天下三分の計です。

彼は一勢力が中華統一して維持していくのは難しいと考えており、

孫呉が江東で皇帝を名乗って一地方を維持していくのが一番いいと考えておりました。

しかし孫呉軍単体で広大な土地と大きな兵力を持っている曹魏と戦うのは難しいと考えます。

そこで彼はある人物に目をつけます。

その人物こそ劉玄徳です。

魯粛は孫呉の同盟者である劉備軍に一時的に荊州を貸し与えて援助し、

他の土地を劉備軍が得ることができた時に荊州を返してもらうようにすればいいと孫権を説得。

孫権も魯粛の進言を聞いて納得。

魯粛はまた孫呉の重臣達や軍部の説得を行いなんとか説得に成功します。


孔明の天下三分の計と魯粛が考えた天下三分の計の違いはどこなの

 

孔明は劉備軍の配下になる前、

劉備に天下を三分してその一方を領有することを目標とするべきであると今後の方針を

アドバイスしております。

しかし孔明の天下三分の計はあくまでも目標であり成功するかはわかりません。

だが魯粛が考えた天下三分の計は孫呉勢力が、

曹魏に対してどのように接していけばいいのかを目的としている計略であり、

必ずしも劉備軍を助けるため考えた計略ではありません。

では魯粛は何を目的として天下三分の計を考えたのでしょうか。

それは孫呉が曹魏から受ける圧力を減らすためです。

劉備軍を成長させて曹操軍に対抗する勢力になり、

曹操軍の圧力が劉備軍へ向けば孫呉が曹魏から受ける圧力を減らすことができるからです。

孔明が考えた天下三分の計=劉備軍の今後の目標であり、

魯粛が考えた天下三分の計=孫呉の目的だったことが大きな違いです。


  

 

魯粛のおかげで天下三分の計が成功する

 

魯粛の外交努力によって孫呉は劉備に荊州を貸し与えることにし、

益州攻略を諦めることにします。

そして劉備軍は孫呉が益州から手を引いたことで益州攻略に乗り出すことができるのです。

劉備軍は益州攻略後、孫呉から荊州返還を催促されることになるのですが、

一時荊州問題がこじれながらも孫呉の言い分を聞いて荊州の半分を割譲することになります。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

魯粛は周喩が目指した天下二分の計からの天下統一構想路線を取り続けることも可能で、

もしこの周喩からの計略を引き継いでいれば劉備が出る幕はなかったでしょう。

しかし魯粛は周瑜の計略を破棄して自らが思い描いていた天下三分の計を実行に移したことで、

劉備軍が三国志に名を留めることができます。

魯粛のおかげで三国志が出来たといっても過言ではないでしょう。

また曹操は魯粛が構想した天下三分の計を聞いて驚き、

書いていた書類の上に筆を落としてしまうほど秀逸な計略でした。

 

参考文献 SB新書 三国志「その後」の真実 渡邉義浩・仙石知子著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?

関連記事:ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

関連記事

  1. 李傕、李カク、孫堅
  2. 桓公(かんこう)
  3. 荀彧に手紙を送る衛覬(えいき)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP