朝まで三国志悪
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

はじめての漢

韓嵩(かんすう)が気の毒すぎる!劉表に命じられて曹操の元へ偵察に行って帰ってきたら殺されそうになる

この記事の所要時間: 211




 

荊州の主として君臨していた劉表(りゅうひょう)

袁紹と曹操の対立が決定的になると彼はどちらに味方すればいいのか判断に迷ってしまいます。

そこで彼は曹操を偵察してからどちらの味方に付くのが一番いいのか考え、

配下の韓嵩(かんすう)に曹操を偵察してくるように命令を出します。

韓嵩は劉表に命じられて曹操の元へ赴きしっかりと彼を観察した後に帰還すると

劉表から殺されそうになってしまいます。

韓嵩はどうして劉表に殺されそうになってしまうのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる




官渡の戦い勃発その時劉表は・・・・

 

袁紹と曹操は官渡城を巡って攻防戦を開始します。

この時に袁紹は劉表へ「今官渡城を巡って曹操軍と攻防戦をしている。

我が軍の勝利は揺るぎないが南から劉表殿が曹操の領土へ攻撃を仕掛けてくれれば、

勝利は間違えないでしょう。」と曹操軍攻撃を行ってくれるように要請します。

しかし劉表は袁紹の要請に応えることをせず官渡城攻防戦の経緯を見守ることにします。




韓嵩の進言

 

劉表の配下である韓嵩は彼に進言を行います。

韓嵩は「現在官渡で曹操軍と袁紹軍が天下の覇権をかけて戦をしております。

両者は共に疲弊しており今ここで曹操へ攻撃を仕掛ければ殿の勝利は間違えなく、

袁紹と天下を分ける事も天下を巡って争うことも出来るでしょう。

しかし殿は大軍を要していながらどちらに味方しようとすることもなさいません。

私が考えるに中立でいることは不可能に近くどちらかに必ず味方しなければ、

勝った方から殿は恨まれることになります。

また袁紹は優柔不断であり配下の優秀な人材を使いこなしていない状態ですが、

曹操は優秀な人材をフルに使って袁紹と戦っており、

この戦いは曹操の勝利で終わることになると私は考えております。

そこで劉表殿には荊州を上げて曹操殿に味方することをおすすめします。

曹操に今味方すれば彼が官渡で勝利を収めた後、荊州へ向けて攻撃を仕掛けることはなく、

彼が天下統一を果たしたならば殿は名君として歴史に名を留めることになるのでは

ないのでしょうか。」と進言。

韓嵩の進言に劉表の古参の武将である蒯越(かいえつ)も賛成するのですが、

劉表は決断することができませんでした。

そして劉表は韓嵩を曹操の元へ派遣することにして、

よく観察するように命じることにします。

 

曹操を観察してベタ褒めした結果・・・・

 

韓嵩は劉表に命じられて曹操の元へ行き彼の人物や領内をしっかりと観察して、

劉表の元へ帰還します。

そして韓嵩は劉表へ「曹操は優れた人物であり、乱世において人傑と言える人物です。

官渡の戦いも袁紹軍に勝つことは間違えないでしょう。

そこで殿には曹操の信用を得るために人質を差し出して、

彼に味方するべきであると考えます。」と曹操をベタ褒めします。

すると劉表は曹操に寝返ったのではないのかと疑い激怒して、

彼を殺してしまおうとしてしまいます。

しかし韓嵩が曹操に寝返ったわけではないと蒯越らの説得によって、

韓嵩殺害を思いとどまることにします。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

劉表は漢の八俊と言われる程の優秀で名家出身の人物でしたが、

正史三国志を書いた陳寿の評価によると

「猜疑心が強く、謀略を好みながら決断力がない人物である」と下しており、

袁紹と似たような人物であることがわかります。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書1 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

関連記事:千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 78話:龐統初登場、連環の計発動!
  2. 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将
  3. 長宗我部元親「四国の蝙蝠(こうもり)」の四国統一戦を分かりやすく…
  4. 暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた!
  5. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見…
  6. 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【後…
  7. 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行もので…
  8. 真紅の衝撃!山県、馬場、内藤、武田騎馬軍団、長篠に散る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操の偏頭痛は歯ぎしりが原因だった?歯ぎしりが引き起こす英雄の悲劇
  2. 衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?
  3. 竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの?
  4. 郤正(げきせい)とはどんな人?蜀のポンコツ皇帝を支えた文学者
  5. 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/24〜7/31】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【8/8〜8/14】 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【6/26〜7/2】 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から漢中までの鉄軌道 70話:孫権、父(孫堅)の弔い合戦を始めるよ。黄祖討伐編 【キングダム】河了貂(かりょうてん)は本当にポンコツなのか?検証してみる 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!? 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国志もよく分かる!

おすすめ記事

  1. 法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師
  2. 被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?
  3. 【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違うのだよザクとは…
  4. 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家
  5. 【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!
  6. 【蜀漢の年表】劉備と孔明が支えた季漢の歴史を超分かりやすく解説
  7. 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生
  8. 【囚われた二人の友情】匈奴に囚われた李陵と蘇武の熱き友情

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP