韓嵩(かんすう)が気の毒すぎる!劉表に命じられて曹操の元へ偵察に行って帰ってきたら殺されそうになる


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

荊州の主として君臨していた劉表(りゅうひょう)。袁紹と曹操の対立が決定的になると彼はどちらに味方すればいいのか判断に迷ってしまいます。そこで彼は曹操を偵察してからどちらの味方に付くのが一番いいのか考え、配下の韓嵩(かんすう)に曹操を偵察してくるように命令を出します。韓嵩は劉表に命じられて曹操の元へ赴きしっかりと彼を観察した後に帰還すると劉表から殺されそうになってしまいます。韓嵩はどうして劉表に殺されそうになってしまうのでしょうか。

官渡の戦い勃発その時劉表は・・・・

 

袁紹と曹操は官渡城を巡って攻防戦を開始します。この時に袁紹は劉表へ「今官渡城を巡って曹操軍と攻防戦をしている。我が軍の勝利は揺るぎないが南から劉表殿が曹操の領土へ攻撃を仕掛けてくれれば、勝利は間違えないでしょう。」と曹操軍攻撃を行ってくれるように要請します。しかし劉表は袁紹の要請に応えることをせず官渡城攻防戦の経緯を見守ることにします。


韓嵩の進言

官渡の戦い 騎馬兵

 

劉表の配下である韓嵩は彼に進言を行います。韓嵩は「現在官渡で曹操軍と袁紹軍が天下の覇権をかけて戦をしております。両者は共に疲弊しており今ここで曹操へ攻撃を仕掛ければ殿の勝利は間違えなく、袁紹と天下を分ける事も天下を巡って争うことも出来るでしょう。しかし殿は大軍を要していながらどちらに味方しようとすることもなさいません。私が考えるに中立でいることは不可能に近くどちらかに必ず味方しなければ、勝った方から殿は恨まれることになります。また袁紹は優柔不断であり配下の優秀な人材を使いこなしていない状態ですが、曹操は優秀な人材をフルに使って袁紹と戦っており、この戦いは曹操の勝利で終わることになると私は考えております。そこで劉表殿には荊州を上げて曹操殿に味方することをおすすめします。曹操に今味方すれば彼が官渡で勝利を収めた後、荊州へ向けて攻撃を仕掛けることはなく、彼が天下統一を果たしたならば殿は名君として歴史に名を留めることになるのではないのでしょうか。」と進言。

 

蒯越(カイ越)

 

韓嵩の進言に劉表の古参の武将である蒯越(かいえつ)も賛成するのですが、劉表は決断することができませんでした。そして劉表は韓嵩を曹操の元へ派遣することにして、よく観察するように命じることにします。


曹操を観察してベタ褒めした結果・・・・

 

韓嵩は劉表に命じられて曹操の元へ行き彼の人物や領内をしっかりと観察して、劉表の元へ帰還します。そして韓嵩は劉表へ「曹操は優れた人物であり、乱世において人傑と言える人物です。官渡の戦いも袁紹軍に勝つことは間違えないでしょう。そこで殿には曹操の信用を得るために人質を差し出して、彼に味方するべきであると考えます。」と曹操をベタ褒めします。すると劉表は曹操に寝返ったのではないのかと疑い激怒して、彼を殺してしまおうとしてしまいます。しかし韓嵩が曹操に寝返ったわけではないと蒯越らの説得によって、韓嵩殺害を思いとどまることにします。


  

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

劉表は漢の八俊と言われる程の優秀で名家出身の人物でしたが、正史三国志を書いた陳寿の評価によると「猜疑心が強く、謀略を好みながら決断力がない人物である」と下しており、袁紹と似たような人物であることがわかります。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書1 今鷹真・井波律子著など

 

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

関連記事:千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

 

関連記事

  1. 後漢書(書類)
  2. 曹操様お守りします
  3. 周瑜逝く

    デザイン担当:よりぶりん

    82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る

    曹操(そうそう)は、赤壁の戦いに敗れたもの…

  4. 陳宮
  5. 鄧禹

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP