呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

はじめての漢

韓嵩(かんすう)が気の毒すぎる!劉表に命じられて曹操の元へ偵察に行って帰ってきたら殺されそうになる

劉表に反旗を翻する張羨




 

荊州の主として君臨していた劉表(りゅうひょう)

袁紹曹操の対立が決定的になると彼はどちらに味方すればいいのか判断に迷ってしまいます。

そこで彼は曹操を偵察してからどちらの味方に付くのが一番いいのか考え、

配下の韓嵩(かんすう)に曹操を偵察してくるように命令を出します。

韓嵩劉表に命じられて曹操の元へ赴きしっかりと彼を観察した後に帰還すると

劉表から殺されそうになってしまいます。

韓嵩はどうして劉表に殺されそうになってしまうのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる




官渡の戦い勃発その時劉表は・・・・

 

袁紹と曹操は官渡城を巡って攻防戦を開始します。

この時に袁紹は劉表へ「今官渡城を巡って曹操軍と攻防戦をしている。

我が軍の勝利は揺るぎないが南から劉表殿が曹操の領土へ攻撃を仕掛けてくれれば、

勝利は間違えないでしょう。」と曹操軍攻撃を行ってくれるように要請します。

しかし劉表は袁紹の要請に応えることをせず官渡城攻防戦の経緯を見守ることにします。




韓嵩の進言

 

劉表の配下である韓嵩は彼に進言を行います。

韓嵩は「現在官渡で曹操軍と袁紹軍が天下の覇権をかけて戦をしております。

両者は共に疲弊しており今ここで曹操へ攻撃を仕掛ければ殿の勝利は間違えなく、

袁紹と天下を分ける事も天下を巡って争うことも出来るでしょう。

しかし殿は大軍を要していながらどちらに味方しようとすることもなさいません。

私が考えるに中立でいることは不可能に近くどちらかに必ず味方しなければ、

勝った方から殿は恨まれることになります。

また袁紹は優柔不断であり配下の優秀な人材を使いこなしていない状態ですが、

曹操は優秀な人材をフルに使って袁紹と戦っており、

この戦いは曹操の勝利で終わることになると私は考えております。

そこで劉表殿には荊州を上げて曹操殿に味方することをおすすめします。

曹操に今味方すれば彼が官渡で勝利を収めた後、荊州へ向けて攻撃を仕掛けることはなく、

彼が天下統一を果たしたならば殿は名君として歴史に名を留めることになるのでは

ないのでしょうか。」と進言。

韓嵩の進言に劉表の古参の武将である蒯越(かいえつ)も賛成するのですが、

劉表は決断することができませんでした。

そして劉表は韓嵩を曹操の元へ派遣することにして、

よく観察するように命じることにします。

 

曹操を観察してベタ褒めした結果・・・・

 

韓嵩は劉表に命じられて曹操の元へ行き彼の人物や領内をしっかりと観察して、

劉表の元へ帰還します。

そして韓嵩は劉表へ「曹操は優れた人物であり、乱世において人傑と言える人物です。

官渡の戦いも袁紹軍に勝つことは間違えないでしょう。

そこで殿には曹操の信用を得るために人質を差し出して、

彼に味方するべきであると考えます。」と曹操をベタ褒めします。

すると劉表は曹操に寝返ったのではないのかと疑い激怒して、

彼を殺してしまおうとしてしまいます。

しかし韓嵩が曹操に寝返ったわけではないと蒯越らの説得によって、

韓嵩殺害を思いとどまることにします。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

劉表は漢の八俊と言われる程の優秀で名家出身の人物でしたが、

正史三国志を書いた陳寿の評価によると

「猜疑心が強く、謀略を好みながら決断力がない人物である」と下しており、

袁紹と似たような人物であることがわかります。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書1 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

関連記事:千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹仁 三国志 ゆるキャラ 61話:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備…
  2. 真田丸 武田信玄 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信…
  3. 曹真が明帝時代の名将である確固たる理由
  4. 袁家をイジメる董卓 董卓の墓は存在するの?三国志観光旅行
  5. 呉の孫権 【大胆仮説】孫登と孫慮が生きていれば呉が天下を統一した!?
  6. 劉邦と項羽 項羽に勝ったのはこれだ!項羽に勝つことができた劉邦自らの自己評価…
  7. 江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは?
  8. 蔣琬(しょうえん) 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図っ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明 vs 司馬懿
  2. 姜維
  3. 孫権と三国アヒル
  4. 一条美賀子
  5. 桓公(かんこう)
  6. 反対する賈充
  7. 孔明君のジャングル探検

おすすめ記事

  1. 「壬申の乱」が古代日本のフェミニズム時代をもたらした?持統帝の存在感と影響力 コーノヒロ(はじめての三国志ライター)
  2. 【第5回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】総括します!愛着の湧く三国志ゲームでした
  3. 2話:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王 騎馬兵 騎馬軍団
  4. 実はガラクタ疑惑も諸葛亮が発明した木牛流馬とは? 木牛流馬
  5. キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密 函谷関
  6. 于禁と共に関羽に降伏した浩周と東里袞のその後とは? 于禁を虐める曹丕

三國志雑学

  1. 連幹の計 呂布 貂蝉
  2. 蒼天航路
  3. 孫策に攻撃される黄祖
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 篤姫
  2. 呂蒙
  3. 幕末 大砲発射
  4. 戦死 霊柩車 槥
  5. 藏覇(臧覇)と曹丕
  6. 2つの持論を展開する費禕

おすすめ記事

海賊時代の孫堅 孫堅は三国志の○○だったのか? これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!? 袁胤(えんいん) 袁胤とはどんな人?袁術を守った忠義の人だけど報われない人生を送った人物 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実では秦の天下統一に貢献した人物 レッドクリフ レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介! 袁術と周瑜と孫策 孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!? 黒田官兵衛は牢屋に閉じ込められた時に何で自殺しなかったの? 【西楚覇王項羽】彼の性格は○○で、○○の高さは誰にも負けない人物だった

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP