袁煕とはどんな人?後継者争いには無関心だったのに袁尚を庇ったのはなぜ?

2022年8月13日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

袁煕(袁紹次男)

 

袁煕(えんき)袁紹(えんしょう)の次男で、北方四州の中の幽州を任されました。

 

袁紹の死後に起きた長子袁譚(えんたん)と末弟袁尚(えんしょう)の抗争では積極的に関与する事なく中立を貫きましたが袁譚に敗れた袁尚が幽州に来るとこれを庇い、そのために幽州の豪族に背かれ烏桓族(うかんぞく)を頼って落ちる事になります。今回は袁家の地味な次兄、袁煕を紹介します。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



袁紹の次男として誕生し袁煕は幽州刺史へ

袁紹

 

袁煕は字を顕奕(けんえき)、または顕雍(けんよう)と言い豫州汝南郡汝陽県(よしゅう・じょなんぐん・じょなんけん)に誕生します。父は袁紹ですが生母は不明で兄は袁譚、弟は袁尚、従兄弟に高幹(こうかん)がいました。

 

易京城に籠城する公孫瓚

 

幼い頃の逸話は不明ですが、父の袁紹が黒山賊や公孫瓚を滅ぼすのに付き従い、公孫瓚(こうそんさん)を易京に滅ぼした建安4年(199年)に幽州刺史に任命されます。

 

公孫瓚の強さの秘密は?

公孫サン(公孫瓚)
公孫瓚の武力の強さは独自の戦闘組織にあった

続きを見る

 

 

公孫瓚特集

 

 

妻は甄氏だが鄴に残して単身赴任する袁煕

甄氏(しんし)

 

しかし、袁煕には奇妙な点があります。妻の甄氏(しんし)(ぎょう)甄氏に残して幽州には単身赴任していたのです。正史三国志によると甄氏が袁紹の妻の世話をしていたからと書かれていましたが、どうして甄氏が袁煕の実母でもない袁紹の妻の面倒を見ていたでしょうか?

 

力をつけ始めた曹操をぶっ潰そうと考えた袁紹

 

これは推測ですが、袁紹は次男の袁煕をあまり信用してあらず、冀州の名家の出身である甄氏を幽州に移さないで冀州に置くことで袁家の求心力を担保しようとしたのではないでしょうか?

 

しかし、これは袁煕にとっては悲劇になります。建安9年(204年)袁尚が鄴を放棄して落ち延びると甄氏は曹丕(そうひ)に捕らえられ、その妃になってしまうのです。

 

曹操と曹丕が妃を奪い合った?

甄氏(しんし)
【世説新語】人妻ハンター曹操が息子に先を越されてトホホ

続きを見る

 

官渡の戦い特集

 

 

後継者争いに加わらない袁煕

袁尚と対立する袁譚

 

建安7年(202年)袁紹が後継者を定めないまま病没。兄の袁譚と末弟の袁尚は家臣団の支持が喰い違い袁家勢力は分断しました。

 

しかし袁譚は実子であるにもかかわらず、後継者争いに加わりませんでした。これはどうしてなのでしょうか?袁譚が控え目な性格であった可能性ありますが、甄氏の件もあわせて考えると、どうも袁煕の生母の出自は高くなく、袁紹は袁煕を後継者から除外していたのかも知れません。

 

袁紹、袁尚、袁譚

 

袁紹がそれを明言したのではなくても袁煕はそれを感じ取り、出過ぎた真似はしないと自重して動かなかったという可能性もあります。

 

袁尚とはどんな人?

袁尚と対立する袁譚
袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてしまった漢

続きを見る

 

呂布

 

 

袁家滅亡の危機に立ち上がる袁煕

曹操と袁譚

 

しかし、建安9年(204年)弟袁尚が曹操と手を組んだ袁譚に敗れると、袁煕は沈黙を破り、あえて弟を管轄地の故安(こあん)に迎え入れて助けました。

 

血を分けた弟だから助けて当然と考えるかも知れませんが、袁煕の行動は非常にリスキーなものでした。幽州にはすでに曹操のシンパが多く、結果的に焦触(しょうてい)張南(ちょうなん)ら多くの離反を招き、幽州を追われる事になったのです。

 

内容に納得がいかないkawauso様

 

こうなる事は分かっていた袁煕ですが、それでも母(ちが)いの弟袁尚を助けました。どうしてなのか?これは名門袁家を残すために袁煕が見せた最後の意地かも知れません。

 

袁譚とはどんな人?

袁紹、袁尚、袁譚
袁譚(えんたん)ってどんな人?めちゃくちゃ三男と仲が悪かった袁家の長男

続きを見る

 

馬超特集

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-はじめての漢
-