キングダム
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

【涼州の錦vs魏の文官】果たして勝ったのはどっち?

この記事の所要時間: 233




 

涼州の錦と呼ばれ、魏の諸将から漢の劉邦(りゅうほう)に従って武功を上げた

韓信(かんしん)黥布(げいふ)に匹敵するほどの

強さを持っている武将と呼ばれていた馬超(ばちょう)

彼は父・馬騰(ばとう)が亡くなった後、関中の諸豪族を取りまとめて曹操軍と対決しますが、

敗北して逃走することになります。

その後彼は異民族と協力して再度挙兵すると

隴上にある城のほとんどが馬超の味方についてしまいます。

そんな中、ある城だけは馬超の味方に付くことなく、

魏の援軍を待ち続けて戦いを行うことを表明。

その城に篭っていた魏の文官・楊阜馬超軍迎撃のために籠城戦に参加。

さて涼州の錦・馬超vs魏の文官である楊阜(ようふ)。

一体どちらが勝利を手にしたのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】




曹操へ帰還しないように説得するも・・・・

 

曹操は馬超率いる関中の諸豪族連合軍を撃破。

馬超は曹操軍の追撃を逃れて逃亡してしまいます。

曹操は軍勢を引き連れて馬超追撃を行いますが、

河北で反乱が勃発したため馬超の追撃を諦めて河北へ帰還することにします。

楊阜は曹操軍が河北に帰還することを聞いてすぐに曹操の下へおもむきます。

そして彼は曹操へ「馬超は劉邦の武将として活躍した韓信や鯨布に匹敵するほどの

強さを持っており、今曹操軍が河北へ帰還すれば必ず彼は反乱を起こすでしょう。」と

曹操軍の帰還を中止するように説得。

しかし曹操は楊阜の進言に納得しながらも

本拠地である河北の反乱を野放しにすることができないため、

軍勢を率いて河北へ帰還することに決めます。




楊阜の予見通り馬超反乱

 

馬超は曹操軍の追撃を逃れることに成功。

そして羌族(きょうぞく)らの異民族と協力して隴上の諸県を攻撃し始めます。

隴上近辺の諸県は馬超が再び大軍を率いて来ると馬超軍の味方になってしまいます。

その結果、馬超の反乱はかなり大規模は勢力となってしまうのでした。

さらに漢中の張魯(ちょうろ)も馬超へ援軍を送っていた為、

彼の勢力は強力な物になってしまいます。

 

関連記事:三国志に出てくる羌族ってどんな民族?

関連記事:曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?

 

冀城へ馬超軍襲来

 

楊阜の生まれ故郷で彼が役人として働いていた冀城へ馬超軍が大軍を率いて襲来。

冀城は馬超の味方をすることを拒否して戦う決意を表明します。

楊阜は一族を率いて籠城戦に参加。

彼は従兄弟・楊岳(ようがく)と一緒に馬超軍と戦闘を行います。

こうして彼らは馬超軍襲来から8ヶ月もの間、孤立無援で籠城戦を展開することになります。

 

馬超に降伏することを拒否するも・・・・

 

冀城の城主は部下を派遣して曹操軍へ援軍要請を行いますが、

曹操軍は動くことはありませんでした。

さらに城内の兵糧も少なくなり、馬超軍の攻撃は激しいものになっていきます。

冀城の城主は援軍も来ない状況でこれ以上民衆に辛い思いをさせたくないと考え、

馬超へ降伏することを決めます。

楊阜は城主へ「私たちは一族を率いて馬超軍の攻撃を拒否している状況であり、

城内から内応する者は一切いません。

この状況は古の武将である田単(でんたん)の籠城戦をはるかに超えると言えるでしょう。

馬超へ降伏することはここまで魏のために忠義を尽くして頑張ってきたことが、

全て水泡に帰することになってしまいますぞ」と涙を流して降伏しないように説得します。

しかし冀州の太守は馬超へ降伏することを決めてしまいます。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

楊阜は冀城の主が馬超へ降伏すると彼も一緒に降伏します。

しかし彼は心から馬超へ降伏したわけではなく、馬超へ復讐チャンスを伺っておりました。

その後彼は親族の葬儀を理由に冀城を抜け出すとある人物の下へ向かって、

馬超に復讐したい旨を伝えます。

果たして楊阜の復讐は成功するのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三國志魏書4 今鷹真・井波律子著など

 

関連記事:晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明

関連記事:まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!

 



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【マイナー武将列伝】賈詡は有名だけどご主人の張繍って誰?
  2. 趙雲ってどんな人?|投票ランキング1位の理由
  3. 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇っ…
  4. 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてし…
  5. 呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない
  6. 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る
  7. 対蜀戦を任される前の曹真はどんな活躍していたの?
  8. 西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?
  2. 衝撃の真実!なんと韓遂は、劉備に降ろうとしていた
  3. 関羽と法正、正反対のイメージの二人の意外な共通点
  4. 泣いていると鬼ではなく、張遼がやってくる!?
  5. 『真・三國無双8』プロデューサー鈴木亮浩が絶賛する三国志×学園ラブコメ『劉備徳子は静かに暮らしたい(仲野えみこ/白泉社)』第2巻を販売開始。
  6. 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い? 【李傕・郭汜祭り 4日目】献帝帰還の功労者の惨めな最期 張済(ちょうさい) 【映画関ヶ原を100倍楽しむ】関ヶ原の戦い…実は寧々と淀の争いが原因だった!? 韓浩(かんこう)とはどんな人?曹操が常に手元に置きたがった男 【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった? 島津斉彬は日本最初のカメラ小僧だった!幕末カメラ事情 【新企画】本格三国志小説『三国志夢幻演義 龍の少年』5/19(土)配信決定! 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ!

おすすめ記事

  1. 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう)
  2. あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選
  3. 【孫家一筋】陳武(ちんぶ)、陳修(ちんしゅう)、陳表(ちんひょう)呉の忠将・陳一族の名将ぶりを徹底解説!
  4. 趙雲が最強イケメンだった3つの理由
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十八話 「あるいは裏切りという名の鶴」の見どころ紹介
  6. 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世術
  7. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭
  8. キングダム563話「族王カタリ死す」ネタバレ&レビュー

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP