編集長日記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての変

【涼州の錦vs魏の文官】果たして勝ったのはどっち?

この記事の所要時間: 233




 

涼州の錦と呼ばれ、魏の諸将から漢の劉邦(りゅうほう)に従って武功を上げた

韓信(かんしん)黥布(げいふ)に匹敵するほどの

強さを持っている武将と呼ばれていた馬超(ばちょう)

彼は父・馬騰(ばとう)が亡くなった後、関中の諸豪族を取りまとめて曹操軍と対決しますが、

敗北して逃走することになります。

その後彼は異民族と協力して再度挙兵すると

隴上にある城のほとんどが馬超の味方についてしまいます。

そんな中、ある城だけは馬超の味方に付くことなく、

魏の援軍を待ち続けて戦いを行うことを表明。

その城に篭っていた魏の文官・楊阜も馬超軍迎撃のために籠城戦に参加。

さて涼州の錦・馬超vs魏の文官である楊阜(ようふ)。

一体どちらが勝利を手にしたのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】




曹操へ帰還しないように説得するも・・・・

 

曹操は馬超率いる関中の諸豪族連合軍を撃破。

馬超は曹操軍の追撃を逃れて逃亡してしまいます。

曹操は軍勢を引き連れて馬超追撃を行いますが、

河北で反乱が勃発したため馬超の追撃を諦めて河北へ帰還することにします。

楊阜は曹操軍が河北に帰還することを聞いてすぐに曹操の下へおもむきます。

そして彼は曹操へ「馬超は劉邦の武将として活躍した韓信や鯨布に匹敵するほどの

強さを持っており、今曹操軍が河北へ帰還すれば必ず彼は反乱を起こすでしょう。」と

曹操軍の帰還を中止するように説得。

しかし曹操は楊阜の進言に納得しながらも

本拠地である河北の反乱を野放しにすることができないため、

軍勢を率いて河北へ帰還することに決めます。




楊阜の予見通り馬超反乱

 

馬超は曹操軍の追撃を逃れることに成功。

そして羌族(きょうぞく)らの異民族と協力して隴上の諸県を攻撃し始めます。

隴上近辺の諸県は馬超が再び大軍を率いて来ると馬超軍の味方になってしまいます。

その結果、馬超の反乱はかなり大規模は勢力となってしまうのでした。

さらに漢中の張魯(ちょうろ)も馬超へ援軍を送っていた為、

彼の勢力は強力な物になってしまいます。

 

関連記事:三国志に出てくる羌族ってどんな民族?

関連記事:曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?

 

冀城へ馬超軍襲来

 

楊阜の生まれ故郷で彼が役人として働いていた冀城へ馬超軍が大軍を率いて襲来。

冀城は馬超の味方をすることを拒否して戦う決意を表明します。

楊阜は一族を率いて籠城戦に参加。

彼は従兄弟・楊岳(ようがく)と一緒に馬超軍と戦闘を行います。

こうして彼らは馬超軍襲来から8ヶ月もの間、孤立無援で籠城戦を展開することになります。

 

馬超に降伏することを拒否するも・・・・

 

冀城の城主は部下を派遣して曹操軍へ援軍要請を行いますが、

曹操軍は動くことはありませんでした。

さらに城内の兵糧も少なくなり、馬超軍の攻撃は激しいものになっていきます。

冀城の城主は援軍も来ない状況でこれ以上民衆に辛い思いをさせたくないと考え、

馬超へ降伏することを決めます。

楊阜は城主へ「私たちは一族を率いて馬超軍の攻撃を拒否している状況であり、

城内から内応する者は一切いません。

この状況は古の武将である田単(でんたん)の籠城戦をはるかに超えると言えるでしょう。

馬超へ降伏することはここまで魏のために忠義を尽くして頑張ってきたことが、

全て水泡に帰することになってしまいますぞ」と涙を流して降伏しないように説得します。

しかし冀州の太守は馬超へ降伏することを決めてしまいます。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

楊阜は冀城の主が馬超へ降伏すると彼も一緒に降伏します。

しかし彼は心から馬超へ降伏したわけではなく、馬超へ復讐チャンスを伺っておりました。

その後彼は親族の葬儀を理由に冀城を抜け出すとある人物の下へ向かって、

馬超に復讐したい旨を伝えます。

果たして楊阜の復讐は成功するのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三國志魏書4 今鷹真・井波律子著など

 

関連記事:晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明

関連記事:まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!

 



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 髀肉の嘆(ひにくのたん)って何?劉備が嘆いた言葉とは?
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【5/22〜5/2…
  3. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  4. 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し
  5. 貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和V…
  6. マンガ『キングダム』に学ぶ、本心を隠し部下の本音を探れ
  7. 夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇…
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【1/16〜1/2…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力
  2. 【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法
  3. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?
  4. 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの?
  5. 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  6. 于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの? 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐統の容貌 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす 意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介 曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!? 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦った魏の猛将 51話:武将を惹きつける人間磁石 劉備玄徳 鉄壁の合肥城を作り上げた劉馥の一族にとんでもない奴がいた!?

おすすめ記事

  1. よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く
  2. 【書評】キングダム 最強のチームと自分をつくる【伊藤羊一】
  3. 丁奉(ていほう)ってどんな人?呉の混乱期において、呉を支えた重臣
  4. 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  5. 三国志では何故、最初に蜀が滅びたの?
  6. 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな人?
  7. 趙の名将・李牧の孫が国士無双で知られるあの人と関係があった!
  8. 武田信玄のおびき寄せに乗った哀れな徳川家康

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP